ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウラシマ感覚



それを知らされたのは、著者校の「中」だった。
今度幻冬舎で、拙著『美雪・魔性の遍歴』を復刻することになって、原本から打ち直したテキストのゲラ刷りが送られてきた。
まあ、ゲラはそうイソイソととりかかるような仕事ではないので放置していたのだけれど、ついに期限がきたので今朝からとりかかったのであるが……。
文中、主人公が表参道へ赴くところがある。女性編集者が「森英恵ビルのところです」と運転手に指示する。「森英恵ビル」の部分に校閲者の手で「ハナエモリビル」と訂正が指示され、さらに「ハナエモリは2009年に銀座に移転しました。現在ありません」とある。
「ウソだろ~、こないだ歩いた時もあった……ような気が」

ハナエモリビルはもちろん森英恵が自分のショップとして建てたビルで旗艦店である。丹下健三デザインのビルは表参道のランドマークになっていた。だから私もそう書いたのだが。(初期は「森英恵ビル」のような気がしたが)

急いでぐぐってみたら、確かにショップのハナエモリは移転し、建物自体はまだ存在しているが、解体工事は始まっているようだ。
「うっそ~、こないだ建てられたばかりじゃん」
私の記憶では、本当にそうなのだ。散歩していて「おー、すごいのが出来たな」と驚いた日のことをありありと覚えている。そんなに遠い昔じゃない。それこそつい昨日のように――はオーバーだけど数年前のことのように。

さらに調べてみたら、また驚いた。85年定礎とある。25年前のことである。『美雪・魔性の遍歴』は88年にフランス書院から出した。
そんなに昔だったのかよ~

私は82年まで青山に住んでいた。ハナエモリビルは歩いて5分のところ。私が西麻布に移ってからでももう30年近い時が流れている。「つい昨日のような」と思っていたことが、実は20年、30年も前のことなのだ。はあー。浦島太郎的な感覚である。ウラシマ感覚とでも名付けようか。10年が1年ぐらいに縮められた錯覚。

うーん、仕方ないなあ、当時としては間違えてないし、今だってまだビルはそこにあるんだけどね、やはり何かに変えないとダメかなあ。そうするとどこになるだろうか。表参道ヒルズじゃ新しすぎるし。うーん……。

と、最近はウラシマ感覚を味わうことが多いというお話。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/99-f48623b7

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (64)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (11)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (6)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (5)
雑学(モノコト) (8)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (10)
SM (2)
路上観察 (13)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (6)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (3)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (1)
映画 映像 (2)
料理 酒 (3)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。