ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栗の花が咲いている


朝、とことこと青山霊園のなかを歩いていると、むうッとする青臭い匂いが頭の上から降ってきた。
見上げると栗の花が咲いている。どの木が栗の木なのかふだんは意識してないし識別も出来ないけれど、梅雨の季節だけはよく分かる。

栗の木の 下で若後家 深呼吸

――なんて川柳があったとかなかったとか。
この独特の匂いを嗅いで何も連想しない女性がいたら、彼女は処女であろう。
この独特の匂いを嗅いで何も連想しない男性がいたら、彼は子供であろう。

人間男子の精液の匂いによく似ているんである。
必ずしもそっくりではないけれど、しかし何も言われずに目を閉じて「これ何だ」と嗅がされたら精液としか答えようがない匂い。

栗は別に精液に似た匂いにしようと考えてこんな匂いを発散させてるわけじゃないけれど、しかし、よりにもよって精液とはね。
ふつう花の匂いというのは「よい香り」であって、悪臭というのはあまり存在しない(まあマレーの密林に生えるラフレシアなんてのもあるが)。栗はどうしてこんな匂いを発散するようにしたんだろうか。
風媒花とは思えないから昆虫を呼びよせる匂いのはずだけれど、これじゃ花蜜を集めて蜂蜜も出来ないだろうね。
いや、「栗の花の蜂蜜」は、何かの役に立ちそうな気もするが。(笑)

諸氏の周辺、栗の木はありますか。

オチはありません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/509-7fa85eac

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。