ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありそうで無い



以前、「豚の天ぷらを食べさせてくれるところがなかなか無い」と書いた。そうやって探して見つけたのが築地の「たけのや」だったりしたわけだが、そういうふうに「案外、無い」という食い物がけっこうある。
もっと身近なところでは「鯵(アジ)フライ定食」。定食屋王国の高田馬場でもメニューに記しているのは一軒しか存在しない(ぼくが探した範囲では)ぐらいレアな定食メニューである。
鯵フライそのものはどこのお総菜屋にもスーパーにも売ってるのに、なぜ定食メニューにないのか不思議である。いや、単体メニューでも案外無いんだね、これが。

鯵の天ぷらというのも、案外、無い。天ぷらというのは、どうも固定観念があって、魚だと「穴子、キス」に限定されてしまうようだ。天ぷら屋ももっと自由な発想が出来ないものかねえ。

今日、買ってきた小泉武夫氏(ぼくと同年生まれだ)の『ぶっかけ飯の快感』(新潮文庫)には、イワシの天ぷら丼が紹介されていた。
お店ではない。自作料理だ。
もともとイワシの天ぷらもなかなか無いんである。絶無と言っていい。探しまわって見つからなかった小泉先生が頭にきて、自分で天ぷらにした。その残りを天丼にしたら、これがうまいのなんの、という話。うーむ、確かに旨そうだ。しかし天丼屋ではこんなメニュー、金にならないのかしらね。
ぼくは天ぷらを自分で揚げるのは苦手なのでやらない主義なんだけど、ちょっと手を出したくなる料理だ。

この本は「自作できる簡単手抜き料理」を紹介しているので、「C級簡単料理」大好き人間のぼくのために書かれたような本なんだけど、あっと驚いた「あるようで、無い」メニューというのが、
餃子丼

なんてことはない、ご飯の上に餃子を並べてラー油をかけ酢醤油をかけただけのものだけど、確かに外食で餃子定食はあっても餃子丼はないやね。

丼にして食うと単品で食う何倍も旨いんだそうだ。確かに旨そうだ。

その他、ユニークな丼ものや簡単手抜き旨い旨いC級料理のメニューたくさんあって、読んでるだけで胃袋が蠕動する。
ダイエットしてる身には困った書である。

しかし小泉武夫氏、あれだけ食って呑んでよくも糖尿にも痛風にも動脈硬化にもならないで生きてるもんだ。どうも毎日三個は食ってる納豆のおかげだろうとぼくは考えている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/506-fb0306be

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。