ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうだアナベルに逢おう



昨日は、夕方、陽が傾いてから買い物に出かけた。
一応は誕生日だからシャンパンを抜くぐらいの食事にしたいので、前菜にパテが欲しいとカミサンがいう。
外食なら面倒がないのだが、この暑さでカミサンは出かけたがらない。いやそもそも暑くなくても出かけたらがらないけど。
「どうしてこんな暑い時に生まれたのよ」
いや、そ、そう言われても。
北海道の最北で生まれたから、そんなに暑くはなかったと思うけれどね。
母はぼやいていた。
「ほんとにおまえは"八月生まれの怠け者"だね」
その性分は死ぬまで治らないだろうね。母上すみません。

地下鉄で銀座に出て三越地下で探したけどいいのがない。
こうなりゃ高島屋。銀座線で二駅。『フォーション』でフォアグラパテ。
1000円ちょっと。晩餐の前菜にしては安い。一度で食べきれない量だし。

高島屋を出て目の前の丸善本店(なんだろうな、今も)で、手持ちがなかった自著を贈呈する必要があったので買おうと思ったら、な、な、なんと某社の文庫は置いてない。(;_;)
G社のはかなり並んでいたんだがなあ。
自分の本を探すのに正直、困る時がある。本屋では本当に「売れ線」しか置いてないところが多いからね。恐竜のシッポ作家のはすぐ消えてしまうのだ。
別な自分の本を買って少し落ち込みながら外へ出ると、陽はようやくビル群の彼方に隠れ、街路は少し涼しい。ちょうどよい散歩だと日本橋駅から銀座四丁目駅までトコトコ歩くことにした。まあ汗びっしょりにはなってしまったのだけれど。
そうしたらふと目についたのが『ブリジストン美術館』。もちろん時刻が時刻でお盆だから開いていないが、
「ああ、そういえば」
ここにはビュッフェの『アナベル夫人の肖像』がある。
しばらく見てないなあ。
田舎から上京して、大学に入ってほとんど最初に入った美術館が八重洲のブリジストン美術館だった。友人の父がブリジストンに勤めているので、ただで入れたかどうかしたのだ。
そこで出会ったのがアナベルで、ぼくはびっくりしてすぐに彼女に惚れてしまった。人妻であるが。(笑)
見れば見るほどビュッフェはアナベルが好きだったんだなあ、愛してたんだなあと分かる絵である。いい女だなあ。こういう女性と出会いたいものだなあ、と思うのは、肖像画を見てめったにないことだ。
あちこちに「アナベル」はある。三島のビュッフェ美術館にも大原美術館にも。ぼくはブリジストンのアナベルが最初の出会いのせいか、一番好きだ。
ビュッフェをもし、三島で見るのが最初だったら、ぼくはビュッフェを嫌いになったかもしれない。彼の絵の陰鬱さはひりひりと神経にさわるところがある。ブリジストンでアナベルを最初に見たのが彼との幸福な出会いだったろう。
1960年の作。ビュッフェは若く、ぼくはもっと若かった。(笑)
そういえばずいぶん長いことご無沙汰している。近いうちに逢いにゆこう。

ビュッフェは若いうちに大家として名声を確立してしまった故に、後年、さまざまな批判にさらされた。マンネリだと言われてもねえ、そう描くしかなかったんだろう。自分は職人だとアナベルには言っていたようだが。

隠者のように世間を避けた暮しののち、1999年、72歳で自殺した。パーキンソン病に苦しんだあげくのことだった。アナベルは彼の死後、終生添い遂げた夫と自分のことを本にした。『ビュッフェとアナベル』
読んでないけど読まなくてはね。図書館で読もう。そういう本は図書館で読むのがいいのだ。
あと6年か。


アナベルはファッションモデルだった。ビュッフェと結婚することで週刊誌『ジュール・ドゥ・フランス』の表紙になった。


写真

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/415-3573b2cf

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。