ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

新聞は2011年で終わるか。

ウェブサイト言論プラットフォーム『アゴラ』より。

物議を醸した鳩山論文-堕ちたNYタイムスの倫理 - 北村隆司
から抜粋。全文は↓

http://agora-web.jp/archives/741256.html

鳩山氏は、ニューヨークタイムスに寄稿した事実を否定し、同紙から掲載許可依頼を受けた事も無いと弁明された。若し、此れが事実であるとすればニューヨークタイムスの犯した倫理違反は深刻である。犯罪と言っても言いすぎではあるまい。

実際はどうか? ニューヨーク・タイムスを読むと「By YUKIO HATOYAMA」とあり、クルーグマンの寄稿でも有名な「Op-Ed 」欄に鳩山氏自身がVOICEの論題を自ら「A New Path for Japan 日本の新しい道」と改題,縮刷して署名した寄稿文となっている。

昨今、米国のジャーナリズムの質の低下が話題となっている。今回の論文事件は、この批判を裏つける犯罪に近い倫理違反である。論文の内容を論ずる前に、新聞その物の品格が問われる倫理違反を犯して何の反省も無いニューヨークタイムスは糾弾されるべきである。

米国の倫理感の欠如を嘆く鳩山氏も、ご自身が被害を受けたこの非倫理的な行動に対しニューヨークタイムスに強力な抗議を突きつけるべきではなかろうか?

ニューヨークにて 北村隆司



NYタイムズによる「鳩山論文批判」問題は日本の新聞ジャーナリズム特にアンチ民主サイドは鬼の首でもとったかのように「鳩山は世界政治オンチ」とはやしていたが、やがて雲行きが一転するととたんに口を噤んだ。
真相は、どこぞの日本人がオリジナルを勝手に都合良く抜粋していい加減に英訳したのが「寄稿」としてNYタイムズに送られたのを、向こうが「鳩山はこんなことを言ってるのか」と驚いて批判したものだ。
原文を読めばかなりのアンチ鳩山でも「なんてことはない論文だ」と評さざるをえないものらしい。(ぼくは読んでない。詳しく知りたい人は「きっこの日記」が一番わかりやすいだろう)
これはインターネットで調べればどういう経緯なのかよく分かる。新聞ジャーナリズムがインターネットに弱い部分がこういうところで露呈した――とみるネット系(ネットで評論活動をしている)ジャーナリスト、評論家が少なくない。検証機能を失った日本の新聞はほんとに2011年で終わるかも。

NYタイムズに籍を置いたと自慢している上杉隆氏は何と言ってるだろうか。

タイトルに2011年とあるのは、↓の書からの影響である。

http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784166607082

これを読むと、テレビも新聞も当事者が理解してないうちに「自民党」になってるというのがよく分かる。「おれたちがいなきゃ世の中どうなる」という答は、「いなくてもかまわん」なのだ。

個人的には東京スポーツとサンケイスポーツだけには生き延びてほしい。(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/382-d92ac244

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん