ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

嵐山光三郎のこと

嵐山光三郎『「下り坂」繁盛記』(新講社)を読む。
ぼくは彼の一個下で(この言い方、身についちゃったな)ほとんど同時代として出版業界にいた(こっちは底辺ばっかりだったけどね)。
嵐山氏は平凡社にいて『太陽』編集長をつとめた後、38歳で退社独立した。
多彩な人脈を形成し花形編集者として注目を浴びていた人物。平凡社には友人知己もいて本人とは直接会ったことはないがその奇才ぶりについて話はよく聞いていた。
この書に平凡社を辞める時の経緯が書いてあって、経営に行き詰まった『平凡社』経営陣が打ち出した希望退職に応じたとある。この時に友人たちも多く平凡社を去った。
ぼくは嵐山氏が会社に見切りをつけて後ろ足で砂をかけるがごとく意気ようよう颯爽と去ったものとばかり思っていたが、あにはからんや送別会の席で万感胸にこみあげるものがあってボロボロと泣いたと告白している。ちょっと意外であったが、人間まあそういうものなんだろう。とはいえ意外だ。うーん意外だった。なんで泣きはる泣いてはる。

彼もまた還暦をすぎて桜の季節が鬱陶しくなったと記している。浮かれ騒ぐ人間どもを忌避したくなること、ぼくと同じで、ははあ中高年になると男は誰も同じなんだなあと安心した。確かに花見で浮かれ騒いでいるアラカンはいないよな。いないはずだ。絶対いない。浮かれている中高年がいたらそいつはバカだ。アラカンは花見をこそ憎め。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/380-88533598

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん