ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪の履歴

日記がデジタルデータでありがたいのは検索がきくからだ。
手書きでは「あれ、あの事件はいつだっけ」と思ったら、かなりページをめくらないといけない(索引を常に更新していないかぎり。まず自分の日記に索引をつけている人は少ないと思うが)。このmixiの日記のような場合、「タイトル&本文」で検索できるから、何か過去に書いたことを調べる場合は非常に便利だ。
で、コンコンと咳をしながら自分の風邪の履歴を調べてみたら次のことが分かった。

(1)21世紀になってから初めてかかった風邪らしい風邪は、2005年の4月だということ。
(2)以後、2007年2月、2007年6~7月、2008年11月と3回ひいている。
(3)いずれも熱があまり出なくて(ほとんど平熱)、本格化してから特に咳がひどくなる傾向がある。
(4)いずれも発症の数日前に聖路加病医院で診察か人間ドックを受診している。
(5)後先は別として、夫婦どちらも罹患している。

で、2005年の罹患は聖路加の人間ドックを夫婦で受診し、その時に明らかに激しく咳き込んでいる受診者(男性老人)がいたことを二人で記憶している。どうもそいつがそれまでは健康だったぼくに病菌(病ウイルス)を植えつけた張本人のような気がする。

以来、発症するたびに「熱が出ない、咳が激しい」風邪症状に平均して二週間ちかく悩まされている。
そのことから結論されるのは、

(1)聖路加に行くたびに同じ病原菌かウイルスに罹患する。
(2)聖路加に行くたびに何かが作用して体内に巣食っている病原菌かウイルスを目覚めさせ、風邪症状を発症させる。

今回のゲホゲホ風邪も「おかしいな」と思い出した3日前にぼくが聖路加を受診している。
まあ、その他にも聖路加を受診しているのは夫婦ともども何回もあって、必ず発症しているわけでもないから「聖路加犯人説」は必ずしもあたらないのだが、病院に行く、ということは風邪にかかる危険を倍増させるということは間違いないと思われる――――のだが、どうだろうか。

いまぼくは徐々に回復ちゅう。カミサンは昨日までは耳鼻咽喉がめちゃくちゃだったのがピークをこえたというところか。夫婦そろって熱があまり出ないというのはこれまでの風邪と共通している。なんなのだこれは。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/373-afc5daef

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。