ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シークレットサービスの護衛範囲

マイミク氷さんの日記で、麻生さんちを護衛していた警官が、朝にはいたのに夜にはもういなかったという話でふと思った。
「じゃあSPはどうなったんだろう?」
要人警護の警察官。警視庁警備部警護課。ここが日本版シークレットサービス。
基本的には内閣総理大臣、衆参議長、国賓。
これだけにしか常時SPはつかない。まあ必要に応じて大臣や与党の幹事長など三役クラスにはつくようだ。
麻生さんも「前の内閣総理大臣」として要請すればSPをつけるらしい。本人が望むかどうかということだ。まあふつうは望まないだろうね。

ではアメリカの場合はどうか。調べてみて驚いた。
VIP警護のシークレーットサービスは2003年までは財務省の管轄なのだね。ぼくはてっきりFBIあたりかと思っていた。これはそもそもが「偽造貨幣のおとり捜査」が目的で誕生したからなのだそうだ。なるほどシークレットサービス(秘密任務)なわけだ。
これが今のように、堂々と目につくように要人の身辺を警護する任務につくようになったのは1901年のマッキンレー大統領暗殺事件からで、議会が政府要人の警護をシークレットサービスに命じたから。
9.11事件を機に発足した国土安全保障省が2004年からシークレットサービスを管轄している。
今では彼らの警護範囲はこうなっている。

・大統領、副大統領とその近親者。
・次期大統領、副大統領とその近親者。
・元大統領とその配偶者(再婚の場合は除く)
・元大統領の子息(16歳まで)
・来米中の海外政府首脳陣とその配偶者。
・政府首脳に担当する国賓
・大統領、副大統領の候補者とその配偶者(選挙前の約120日間)


大統領だった人は生きているかぎり、夫人や子供(16歳まで)にシークレットサービスがつくのだ。そういえば元大統領夫人の警護を命じられて腐るシークレットサービスの映画があったなあ。恋に陥るかなんかするんだっけ。今生きてる元大統領といえば、ブッシュジュニア、クリントン、ブッシュパパ、カーター、フォード、レーガンあたりまでかな。奥さんまで警護しなきゃいかんのだからシークレットサービスも大変だ。
アメリカだったら麻生も福田も安倍も小泉も森も……みんな警護対象になってるわけだな。そうなったら、もう税金のムダづかいとしか言いようがないね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/368-01f5e3d8

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。