ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早朝覚醒の対処策

早朝覚醒は6時。……って10時すぎには寝てたから早朝覚醒もなにもない。(笑)
昨日、引っ越しで体を酷使したわりにはあまり足腰が痛くない。しかし手がザラザラだ。段ボールを扱うせい。
今日は雨もよいでもあることだし、家で溜まった仕事を片付ける。事務所はまだ段ボールの山だろうから。

早朝覚醒は加齢現象のひとつだ。年齢をとればとるほど短い睡眠時間で目が覚める。それに気がついたのはやはり30過ぎてからだ。

眠るのにも体力が必要

なんである。
若い子はぐっすり寝てるとゆり起こしても目覚めない。年寄りはすぐ目が覚める。眠るための体力が衰えてるんである。
アフカン世代の友人たちにきくと、みな早朝覚醒に悩んでる。ぼくは不思議とまだなのであるが、たいていは前立腺肥大になってるから夜間に尿意を覚えて目が覚める。ふつう一回か二回は起きるのではないだろうか。そうすると、それから眠れなくなるのである。
ぼくはトイレに行きたくて目が覚めるということは少ないのだが、何かのおりにふッと目が覚めてしまう。
最近はこの「ふッ」と目が覚めたところで「すぐに目をしっかり閉じる」というのが有効な対策だと気がついた。「いま何時だろう」などと枕元の時計など見てしまうといけないんである。眠ってから2時間しかたってないとなると悲惨だ。それから寝付けない。

友人のひとりの早朝覚醒対策はこうだ。
必ず、夜の間に一度、トイレに行きたくなって起きるのだけど、その時はしっかりと目を閉じたままで起きあがるのだそうだ。そのままの状態で手探りでそろそろとトイレに行き、おしっこをすませ、また手探りで戻ってくる。この行程は家のなかのことだから慣れればたいしたことはない。とにかく絶対に目を開けないこと。
「一度カミサンがおれのその姿を見て、『あんた目がつぶれたの!?』と仰天していたけど、ともかく絶対に目を開けなければ再びベッドに入るとすぐまた眠れるものだ」
ぼくもその言葉を信じて、うっすら目が開いて「いま何時かな」と思っても、「何時だってかまわん」と自分に言い聞かせ、しっかり目を閉じている。するとまたうとうと~としてきて再び眠りに落ちることが出来る。
トイレはね、まだ試してみたことはないが。(笑)

早朝覚醒でお悩みの諸兄諸嬢はお試しのほどを。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/353-07338c86

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。