ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不完全な三権分立

いま、鳩山首相の献金問題、小沢一郎の政治資金問題で東京地検特捜部が動いているが、実際にどうだったのか、犯罪なのかどうかをここでは論じない。論じるのは制度と組織についてである。

これからも時の政権与党の権力者を巡る犯罪が起きるだろう。
その時、捜査摘発にあたり公訴するのは司法警察ならびに検察部局である。
問題は、これらの部局が行政府に属するということである。
三権分立というが、司法といっても裁判所までで、それ以前と以降(刑務所や矯正施設)は行政府である司法省や国家公安委員会の所管だ。
時の首相、大臣、政権与党の幹部の犯罪を追究する部局が、行政府にあるというのは、いささか問題があるのではないか。つまり行政府の長は総理大臣。法務大臣も政権与党から出ている。彼らが法務官僚、警察官僚を監督指導する。つまり与党政治家の場合、上司の犯罪を官僚の部下が捜査するということになるわけだ。
そんなところから指揮権発動といった問題が起きる。造船疑獄のとき、佐藤栄作の捜査をやめるよう時の法相、犬養健が検事総長に命令した指揮権発動の時は、ぼくはまだ小学生だったが「おとなもバカなことをする」と子供心に思ったことである。上役を部下が調べるのはうまくゆかないではないか。へたなことをしたら首にされる。弱い立場のものが強い立場を指弾できっこない。

ということを考える時、政治家の関与する犯罪については、捜査段階から立法府と分離した独立部局としての「特別検察部」のようなものを設置したほうがいいのではないだろうか。行政府からの干渉が及ばないところに部局をおかなければ「司法の独立」は絵に書いた餅だ。

ただし、その「特別検察部」を司法権(裁判所)のもとにおくかどうか悩むところである(おれが悩んでも仕方ないが)。

現今の小沢問題、鳩山問題はおいて考えているわけだが、権力者の犯罪を追究する部局は政治権力とは無縁の場においておかないと公正は期せないだろうということ。森◯朗のバカ息子をいつまでたっても逮捕できないのは、警察官僚が政治家の顔色をみなければならない、そういう矛盾した事情があるからだ。
三権分立は語呂がよくて覚えやすいけれど、それに「特別検察部」をおいて「四権分立」にしたらどうか、というのがぼくの意見だ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/345-95a52601

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。