ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ザ・コールデスト・ウィンター』が面白くて面白くて。


前に『墜ちた偶像マッカーサー』で触れたハルバースタムの歴史ノンフィクション『The Coldest Winter 』はすでに訳本が上下巻として上梓されている。文藝春秋刊。
買っても時間がないので毎日少しづつしか読めてないのだけれど、いやあ面白い面白い面白い。
――と言っても誰も朝鮮戦争なんかに興味ないだろうから、レビューするつもりもないけど、朝鮮戦争の問題はどこにあったかというと、ハルバースタムに言わせると「誰も朝鮮に興味がなかった」からなんだ。
韓国朝鮮の人たちには悪いが、西欧諸国は長いこと日本に植民地化され自立できてなかった朝鮮半島のことを、ほとんどどうでもいいと「放置」し「看過」し「忘却」さえしていたのだね。アメリカ大統領トルーマンも政府も軍部も議会も、そして日本を統治していたマッカーサーも「韓国朝鮮などどうでもいい」という気持だった。彼らはアジアのなかでも中国の動向を重視し、民主化された日本にはおおいに期待していた。西欧人アメリカ人はなんだかんだと言いながら「日本」を愛してたんだねえ。だから最悪の事態になった時に「日本が巻き込まれる」と恐れて、それで事態収拾に動いたわけだ。
肝心の朝鮮韓国については「どうでもいい。北と南で分割統治されてりゃ」というわけで。
いやまったく、気の毒なのは朝鮮半島の人々。送りこまれた米軍連合軍も「なんでこんなヘンテコな土地で戦わなきゃいけないのだ」と不満まんまんだった。そして「誰からも愛されない国での誰も乗り気でない戦争のような内戦のような戦争」がえんえんと続くのであった。そこらへんの登場人物全員のやる気のなさというのが当時者には悪いがおかしい。
そして金日成ひとりがスターリンと毛沢東を手玉にとって朝鮮半島全域を制覇しようと画策する。ソ連も中国も「別にやりたくてやってる」わけじゃないんだね。大国がぶつぶつ文句言いながら妙な指導者指揮官が大立ち回りをやってる(マッカーサーがもう一方にいる超変人)へたな歌舞伎のようなものだ。
こうやってハルバースタムが整理してくれると、アメリカでさえ数万人の兵士を喪失させたこの戦争が、なんともしまらないバカバカしい愚劣な戦争だということがよく分かる。つまり悲劇に見える喜劇。戦争が喜劇だというとまた叱られるけど、そうしか言いようのない戦争だったのだね。

(この項つづく)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/324-6ff281b0

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。