ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年の差ジョーク


石田純一と東尾理子の22歳の年の差婚が話題になっているが、実は今日、こんな話を聞いた。
某S社のカメラマンでぼくも芸能記者時代からよく知っているI君というのがいる。還暦は過ぎたが童顔で、童顔が白髪になるとなかなか渋いロマンスおやじになった。
彼は結婚して子供を何人かもうけたが離婚している。その後、AV女優と結婚している。仕事でつきあったんだろうか。彼女とはほどなく別れた。
そのI君がなんと、3度目の結婚をしたというのだね。しかも相手は30歳の良家の子女。年齢差なんと30歳近く。石田純一なんてメじゃない。
しかし向こうの両親は驚いた。娘の結婚相手が自分たちと同年配のバツ2とはあんまりである――と怒り狂って猛反対。だからといって娘さんが言うことをきくかというと、かえって反発するわけで、二人は一緒になって愛の巣を営んでいる(愛の巣ね、最近は聞かないな)。
このI君、見かけによらず義理がたい律義な人で、盆暮れになると必ず届け物をする。妻の実家には、許しを願って毎回訪問する。もちろん奥さんも一緒だ。しかし一度として受け取ってもらったことがない。ケンモホロロに突っ返されて追い返される。前回、妻ともども中元を届けに行った時は、虎屋の羊羹をもっていったというが、義母(向こうはそう思ってない)は激高して、その場で羊羹の箱を開けるやいなや、中の羊羹をI君めがけて投げつけたという。頭にボコボコぶつけられて「さすがに痛かった」と嘆いていた。あれはけっこう固いからね、こぶが出来たそうである。
ぼくらはおかしくて(非道)「羊羹など持ってゆくからだ。これからはもっと柔らかいものを持ってゆけ。袋入りのせんべいとか」などと言ってる。
しかしI君に対する義父母の怒りは解けることがあるだろうか。

このI君の例はジョークにならないけれど、こういう年の差婚に関するジョークをご存知ないだろうか。夫が年長でも妻が年長でもかまわないのだが。

30代で女子大生を攫うようにして妻にした別の友人がいたが、彼女は老舗の一人娘で両親は婿をとって後継者にと考えていたので、その友人は父親に猟銃で脅かされたという。銃口を向けられて「結婚やめなきゃ撃ち殺す」と言われたそうで、そん時はさすがにビビったらしい。
アメリカ南部やラテンの血が熱い南米では、男が娘に手を出して結婚しないと親が銃で脅かして強引に結婚させる。ガン・マリッジと言ったかな。
その反対例であるね。

(画像は『昼下がりの情事』のオードリー・ヘプバーンとゲーリー・クーパー。かなりの年の差である)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/289-850b1dd9

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。