ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最悪の夢のパターン

仮眠前に眠くなるような話題を。(笑)
夢のパターンというのはだいたい決まっているようで、一番多いのは「トイレを探してウロウロする」というもの。膀胱が満タンになってる時はいやおうなしに見る。これはパターンのうちに入らないね。
「何かの期限に間に合わないと知って焦る」
今日が試験だというのを忘れて、学校に行って初めて知った。その試験を落とすととんでもないことになる。焦りに焦る。他にいろんな局面があるが。
この夢の意味はある時、突然分かった。「あるべき自分」が「いまだあらざる自分」にぶつけている問いかけなんだね。「あるべき自分」が「いまだあらざる自分」に失望した時、その夢は見なくなる。理想の自分が現実の自分に失望して諦めた時、もう見なくなるから、諸氏は安心してよろしい。(笑)

それとは違って、ぼくがよく見るパターンは、「自分が一番イヤで苦手な仕事について働かなければいけない」という夢。その職場というのは、それがイヤで逃げ出した職場。
一番分かりやすいのは、そこから逃げ出した週刊誌の現場に戻って締め切りに追われている夢とかね。インタビューしなければならない相手がどうにもつまらないことしか言わなくて「これでは記事にならない」と焦っている夢。
だいたいがぼくは人間相手の折衝とか営業トークが苦手なのだ。それなのに営業マンになってる夢とかね。かつて務めた不動産開発会社の営業部に舞いもどって、社長に「一日七匹の猫を売れ」と言われても茫然自失している。しかもその猫が七万円なのだ。どういう意味じゃ。
なにか「ノルマ」を与えられて、それが不可能だと分かって焦る夢。これもあるべき自分からの問いかけなんだろうと思う。出来ないよ、そんなこと出来ないと言ってるのに、なぜ執拗にイヤな夢を見せられるんだ。
目が覚めて夢だと分かった時の安堵感。
その安堵感を味わわせるために深層自我がたくらんでいるのかね。どっきりカメラかよ。

そして最悪なのは、自分が殺人を犯して、捜査の手がひしひしと伸びてくるのを感じている夢。「もうダメだ、逃げられない」「いや、うまくごまかせば、まだ逃げられる」。人を殺したことは確かなのだが、誰をどういう理由で殺したのかは覚えていない。ただ、刑事や警察官の尋問に怯えている。
これぐらい目が覚めた時にホッとする夢はないねえ。

諸氏の最悪の夢はどんなものだろうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/269-739f590c

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。