ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスコミはなぜ政権を脅かす?

「きっこの日記」のきっこ女史は、一介のメイクアップアーチストだから大学は出ていないと思う。高卒だろう。
しかして朝毎読産経の記者はほとんどがそうそうたる大学卒だろう。政治学科とかね。
しかし、妙なことに大卒の記者が書く記事論説よりも、高卒のきっこの主張のほうが腑に落ちる。まあサポーターがいるから情報の集まりもあるんだろうけど、「おかしいよ」と指摘する部分は「なるほど」と、このおじさんが頷いてしまうことばかりだ。以下は「きっこの日記」より。さわりだけ。

ようするに、ニポンで下野した自民党が、アメリカで下野した共和党の関係者たちと連携して、「アメリカが怒ってる!」「アメリカが怒ってる!」って騒いでるってワケで、それを何倍にもして垂れ流してるのが、自民党と一緒に下野した「三流軽薄新聞」、略して「サンケイ新聞」を始めとしたニポンのバカマスコミってワケだ。だいたいからして、自民党政権時代に、13年間もかけて何ひとつ進まなかった計画なのに、政権交代が実現したトタンに、「早くしろ!」「年内に決めろ!」って、あまりにもおかしな話だと思わない?

まあ、きちんとしたマスコミジャーナリストも、それなりに論陣を張ってはいるんですがね。

 そんな恫喝にいちいち反応していたら何も問題は解決しない。ところがこの国のメディアは過剰に反応する。そして情けないのはその報道を鵜呑みにする政治家がいる。
(中略)
 利権まみれの政治のせいで13年間何も進まなかった普天間問題をじっと見てきたアメリカが移設を急ぐ理由は何もない。民主党政権が誕生すれば自民党と政策が異なるのもアメリカは先刻承知である。しかしそれをただで認めてしまったらアメリカは何の利益も得られない。恫喝に怯む日本のDNAを百年以上も見続けてきたアメリカだから今回のような動きは当然である。試されているのは新政権の外交力だ。決着のさせ方でアメリカの日本を見る目が決まる。

ブログ「田中良紹の国会探検」より。

なぜ日本の大マスコミは、「アメリカが怒ってる」(旧共和党政権の過去の人なんだけど)と騒いで民主党政権に「アメリカに屈服せよ」と迫るんだろうか。もちろん、自民党政権時代、それをネタに金を動かしていた連中が回収できなくなるので騒いでそのかしているにしても。マスコミも利権に噛んでたのかよ。
村西とおるカントクも政治評論なんて素人なのに、その説明力、説得力は新聞を上回ると思う。分かりやすい。

「普天間」に駐留する海兵隊のあらかたは2014年までに
グァム島に移転することが決まっております。
日本政府の要望によって、ではございません。
アメリカさまの世界に配置している軍の再編成の戦略方針の事情から
でございます。

あと5年も経てばいなくなってしまうアメリカさまの軍隊のために
辺野古に新しい「基地」を作る必要などどこにございましょう。
地元建築業界への配慮への、悪しき自民党利権政治への回帰のごとき策動は
厳に戒しめられるべきでございます。

なにかというとアメリカさまに嫌われる、アメリカさまが怒った、
とすぐ騒ぎ立てる輩がおります。

明日は我が身といえども、
アメリカが攻撃されて起こしたイラク、アフガンでの戦争に
これまで我が国はどれほどの貢献をしてきたでありましょうか。
消火活動に労を厭わず協力してきた事実は
もっと評価されてしかるべき
でございます。

インド洋での給油活動は終わったにせよ、
我が国は今後五年間で4000億以上の巨額な金額の
アフガン支援を表明しております。
その金額はインド洋での給油活動で使われていた金額の
実に10倍をはるかに超える巨額なものでございます。
またアメリカの戦時国債ともいうべき国債を
70兆円近くを我が国は引き受けてございます。

アメリカの大使さまが「普天間」の移転問題について
「顔を赤くして怒鳴った」との報道がされておりましたが、
そんな無礼な振る舞いをされる筋合いはどこにもない筈
でございます。

戦後60数年余、いまだに我が国はアメリカさまのご意向のままに、
日本全国に80ヶ所近い米軍基地の使用を許しているのでございます。
このたびは普天間の使用を禁止した訳ではございません。

国内事情でモめているワケでございます。
アメリカさまには何も迷惑をおかけしているわけではないのでございます。
一部の売国的国防族のシリ馬に乗っての「勧進帳」は
ほどほどにしていただきたいのでございます。

「普天間」の問題で「日米関係が悪くなる」などとは
到底考えられるものではございません。
ホンネでは「普天間」の問題など、
アメリカさまにとってみればどうでもいいことでございます。
いま「普天間」が動かなくても、アメリカさまには何も損はないから
でございます。

新しい政権になれば方針が変わるのはあたり前でございます。
オバマ政権だって新しく政権が変わり
前のブッシュ政権時代とは違った外交政策をいくらでもやっている
じゃありませんか。

(中略)

国内事情から「普天間」の移転問題は
2014年までに終了するグァム島への海兵隊の移転をまって
それまで凍結する。
断固アメリカさまに黒鳩ポッポ総理には
通知していただきたいのでございます。


ブログ「村西とおるの日記」
村西カントクよりは成績優秀だったはずの一流大学卒記者は、どう答えるんだろうか。彼らの言ってることはどうにも分からないよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/265-d2f3ba8c

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。