ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

大河内常平という作家




ぼくはまったく知らなかったが、昭和30~40年代にかけて活躍した推理作家(当時はまだ探偵作家)・風俗作家がいた。

きっかけはマイミクさんが某所で『九十九本目の生娘』という邦画を紹介していたことから。
1959年(昭和34年)の新東宝映画。主演は菅原文太、三原葉子。信じられん。(*_*;) 三原葉子はグラマー女優として知られた。
しかしタイトルの意味がよく分からない。それで調べたら、原作は『九十九本目の妖刀』。これなら分かる。その原作者がつまり大河内常平だった。

http://tanteisakka.at.infoseek.co.jp/o.html

http://masmas.lovely.to/mystery/olist.htm

日大芸術学部卒ってなんだよ。戦前ならまだ芸術学部で独立してなくて日大芸術科だったんじゃないかね。
しかし興味深い人だったようだ。憲兵伍長。体がでかい。(笑)直参旗本の家系、刀剣、軍装の収集研究。そして「奇行で知られた」(*_*;)
どういう人なんだ。
マイミク黒田さんならこの人知ってるかな。

『九十九本目の生娘』については、こんなエピソードがある。

http://peesan.blog.ocn.ne.jp/pee/2009/08/post_e5c9.html


写真はある作家さんのホームページで見つけた(推測できるだろうか)。大河内常平氏は右から二人めで、確かに堂々とした体躯の持ち主である。

彼が創立メンバーだった『軍装研究会』の内部対立(着装派と研究派)というのが Wikipedia でみると面白い。

最後に三原葉子の話題が出たので、ネット上で見つけた、この作品での緊縛シーンのスチールをあげておきます。

写真
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/224-7bebfd21

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん