ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞と週刊誌

たとえば朝日新聞と文芸春秋。これはハブとマングースの天敵みたいなもので、論調は正反対なものになる。それが小沢たたきに限っては歩調が一致してる。不思議な現象だなあと思っていた。
それぐらい昨今は大手新聞社と週刊誌がスクラム組んで政権倒しに励んで「検察リーク」に躍っているのだが、妙なことが起きた。
小沢の事情聴取で耳目を集めた先週に出た『週刊朝日』がほとんど売り切れになるほど売れまくったのだ。
この号で目をひいたタイトルは『検察の狂気』。他の各誌があいかわらず小沢叩き小沢つぶしに邁進しているなかで、しかも親新聞の論調に背いての検察批判である。
本来なら編集長更迭ではないかとハラハラしてしまうが、それで週刊朝日が売れまくっては新聞の側も動揺するのではないだろうか。社説の一部に検察批判のような言葉も少しばかり書かれるようになった。
今週号の『週刊朝日』は『検察の卑劣』。いまのところ一番とんがってるジャーナリスト上杉隆の記事では、検察が子育てちゅうの女性秘書を事情聴取するぞと脅かすシーンが登場。これには多くの女性が(いくら小沢嫌いでも)怒り狂ったのではないだろうか。で、今週号も売れまくってるらしい。

そうなると他のマスメディアも動揺せざるをえない。今週はいち早く『週刊ポスト』『サンデー毎日』が検察批判の記事を載せてきた。小沢叩き一辺倒だったマスメディアに、ようやく「検察離れ」の機運が生じてきたのだろうか。

もちろん検察は、そうはさせじとばかりいろんなことをリークしているが、いまだ決定的な証拠が得られたという話をきかない。「リークしているのは被疑者側を焦らせボロを出させる作戦。捜査が順調ならそういうことはしない」と言うのが事情通の見方だから、検察(地検特捜部)には決定的な証拠が無いのは明らかなようだ。
いずれにしても、状況証拠だけでもクロと判断し、石川議員の共犯として小沢を起訴(最悪は逮捕のうえでの起訴)することは出来る。起訴されてしまえば小沢も幹事長辞任はやむをえまい。それで鳩山政権の威勢をかなり削ぐことは出来るだろうか。小沢はまだ切り札を抜いていないか。まさかの指揮権発動ではあるまいな(私はそれには反対だ)。

あるいはもう新聞側に「これ以上やるなら、押し紙で揉んでやろうか」という脅しが政権側からなされているのかもしれない。新聞の論調も妙に検察批判が伺えるようになってきているのだ。
マスコミは権力の監視というが、検察権力の監視はしなくてもいいのか――みんなそこらへんに気づいてきたようだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/221-b6390076

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。