ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「落合」の謎と真実


先日、所用があって下落合にあるさる施設を訪ねました。
その時、同行の人物が「落合って地名は、誰かが誰かと落ちあったからかな」という疑問を呈してくれました。
待ってました。(笑)
ということで、今日は東京都新宿区にある「落合」(おちあい)という地名について説明しましょう。多くはかつて「雑学BBS」に書いたものに拠っています。

新宿区の落合といえば、今は上落合、中落合、下落合、西落合の四町に分かれていますが、そもそもの地名発祥の地は現在の西武新宿線下落合駅あたりでしょう。
「落合」とは「川と川の合流するところ」を意味します。
下落合のあたりで妙正寺川(みょうしょうじがわ)が神田川に合流していたことから、一帯が「落合」と呼ばれるようになりました。これは地名関係の資料にはどれにでも書かれていることです。

ところが、地図を見れば分かるのですが、妙正寺川と神田川は下落合駅の東できわめて接近していますが、合流はしていません。二つの川の最短距離はほぼ60メートル。それだけ離れています。

写真

2本の青い川筋の、上(北)が妙正寺川です。途中で切れているのは、東西に走る大きな道路――新目白通りの下に潜りこんで暗渠と化しているからです。この「隠された妙正寺川」は東へ流れて山手線を越え、明治通りを突っ切る高田橋、高戸橋のあたりで、下(南)を流れる神田川と合流しています。

つまり、落合では合流していないんですね。
ですから事務所に近い関係で何度かこのあたりを散策した私は、「おかしいじゃないか」と思っていたんです。地名はウソをついている。

で、調べてみると、この部分、もとは合流していたんです。確かに。その証拠写真がこれ。1974年の航空写真。

写真

ごらんのように左から流れてきた妙正寺川は中野区を北上してきた神田川が東に流れを変える地点で合流しています。その地点は西武新宿線下落合駅の東よりになります。
現在の地図を拡大してみると、そこはこうなっています。

写真

上の地図、最短距離の部分をじっと眺めていると、「X」の図形が見えてきませんか。
左上から右下へ、建物の線をなぞれば、かつての妙正寺川の合流地点が推測できますね。
今度は、左下から右上へ、斜めの線が西武線へと向かっています。これは何かというと、高田馬場分水路というものです。分水路の入り口(呑口)が、少し凹んでいるところです。
右に下がる川を消し、右に上がる地下の川を設けた。地上の痕跡がX字形を造ったのです。

昭和50年代、妙正寺川の合流地点をもっと下流とする大がかりな改修工事がなされたのです。その時、合流点から二つの川をむりやり引き離しました。
この時、分水路というのを少し上流地点に設けました。妙正寺川と分水路は暗渠化され、その上を新目白通りが走るようになりました。つまり2本の川が並行して新目白通りの下を走っているのです。

なぜ、そんな大工事をして、合流地点を東へ1.2キロも移動させたのでしょうか。

実は、高田馬場峡谷のせいなんです。

「高田馬場峡谷ぅ? そんなの聞いたことないぞ」
と思われるでしょうね。ぼくも最近初めて聞きました。(笑)
高田馬場渓谷というのは、神田川の上をJR山手線が走っているところです。
西武新宿線もそうだけど、高田馬場駅を目白なり下落合方向へ向かってすぐの鉄橋。山手線に乗ってると気がつかないけれど、西武新宿線の下りなら左側の窓を見下ろすとよく「峡谷」がみえます。
山手線の古いレンガ造りの橋脚がかかっている崖面。
これ、一枚岩の岩盤なんですね。それが両面から神田川の川幅を狭めています。
写真をあげておきましょう。雨のあとなので大量の雨水が流れています。恐ろしいぐらいの早さで、落ちたらたぶん助からないでしょうね。

写真

この峡谷のおかげで、ただでさえ雨が降ると増水する神田川は流れを遮られるので、この手前の高田馬場三丁目あたりはひっきりなしに氾濫する、悲惨な土地でした。

都は、そのための手段として、

(1)まず、落合橋のところで合流していた妙正寺川の合流ポイントを塞ぎ、高戸橋まで延長させる。
という工事を行なったのです。
これで増水した妙正寺川の流れが高田馬場峡谷に入るのを防ぎました。
(2)今度は逆に神田川の流れをここで分水して、妙正寺川に沿った暗渠によって、高戸橋までもってゆきました。
つまり増水したぶんをバイパスさせることにしたのです。

この二重の工事によって、高田馬場峡谷を流れる水量をギリギリ氾濫しない程度に押さえこむことに成功しました。
この(2)の工事の起点がここです。

写真

奥に見えるのが、高田馬場分水路の呑口です。この分水路へはふだんの水量では流れこまないよう堰が設けられています。
増水して水かさが増えると閘門を開けて分水路へバイパスさせます。分水路は斜め上に走って西武線線路沿いに暗渠となり、同様に暗渠となった妙正寺川つけ替え延長部と共に並行して高戸橋まで流れます。
明治通りと神田川がクロスする橋が高戸橋ですが、その部分には三つの川の合流点が見られます。

写真

左から神田川本流、高田馬場分水路放流口、妙正寺川放流口です。まん中の分水路はふだん水を流していないので流量はほんのわずかです(落合水再生センター=汚水処理施設)から再生水の余剰分が流されているようです)。
この写真は下の地図の赤丸地点から西を向いて撮ったものです。

写真


かつての妙正寺川合流ポイントは、今は、建物が建ったり土地が占有されて入れなくなったりで、分かりにくくなっています(埋め立てたわけですから建物が建つんです)。
それでも滝沢橋とその下流の落合橋の中間地点に、明らかに合流点だったと分かる工事の跡が堤防に残っていますので、確認することができます。堰堤の向こう右手ですね。

写真

一番上の拡大地図を参照してもらえれば、右岸、「康洋ビル」の真向かい、斜めの点線が川岸をよぎる部分です。参考までに工事前の同じ地点の写真もあげておきましょう。妙正寺川が盛大に流れこんでいますね。

写真


――というわけで、いまの「落合」は「旧落合」、明治通りと新目白通りの交差点あたりを「新落合」と呼ぶべきなのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/201-73962329

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。