ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来を視る 2012年06月28日

マインドリーチ表紙

前の日記で紹介したけれど、人間は時として未来を視てしまう。
その例をあげるとしたら、この書だろう。

『マインド・リーチ~あなたにも超能力がある』(1985年、集英社)

http://www.amazon.co.jp/マインド・リーチ―あなたにも超能力がある-1978年-ハロルド・パソフ/dp/B000J8R4LG

実質、私が翻訳、リライトした書なのだが、Amazon のマーケットプレイスに出品されている。1960年代末から研究が行われていたリモート・ビューイング「遠隔視」(日本語にすれば千里眼)という超能力に関する実験とその検証を記した書。

スタンフォード研究所の研究員、ハロルド・パソフとラッセル・ターグが「人間には離れたところを視る能力がある」と仮定し、最初は名の知られた超能力者を使って実験を行っていた。あらゆる阻害要因を排除し電波も入り込めない密室のなかで二重盲検法を使って実験は進められた。驚いたことに彼らは、ビーコン(緯度経度など)の断片的な情報を与えられただけで,そこに何があるのかを「視て」しまう。
ある時、まったくの素人にやらせたら、これが成功してしまった。他のアマチュアも同様だった。遠隔視能力はふつうの人間にも付与されているらしい。

さらに、実験を始める前に、被験者がこれからやる実験の、その結果を見てしまう「未来視」まで確認される。

最後は高温高圧のガスの底にある木星の核の状況まで透視してしまう、その過程は実にスリリング。
パソフらのこの研究はアメリカ軍部の注目するところとなり、研究者は国防省とアメリカ陸軍にスカウトされ、公の研究は封印されてしまった。米軍はこの研究をもとに「遠隔視部隊」を編成、敵の奥地や脳に潜入する作戦を実行してゆく。この作戦は『スターゲイト作戦』として、後世一部が明らかにされている。
この書は軍によって封印される前の、唯一の公開された遠隔視能力実験の成果である。

私は翻訳リライト料として集英社から30万円をもらってそれだけ。どこにも名前はクレジットされていないので、復刻されても一円にもならないのだが、この幻の書を復刻してもらいたいものだ。
復刊ドットコムにも登録されている。

http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=27890
============================
イイネ!(4) ひな_shella あやのすけ 若にーる 退会したユーザー
ぐらんぴ2012年06月28日 11:35 削除
装丁は田名網敬一さんですね。視ただけで分かる。(^_^;)
ぐらんぴ2012年06月28日 11:40 削除
実は、私の作品の一つは、この『マインド・リーチ』で明らかにされた遠隔視能力を持つ女性がヒロインになっています。さてそれはどういうタイトルでしょうか。
のぶ(nob)2012年06月28日 12:04 削除
Japan Skeptics会員(元理事)としては読むべきかな。ところで上のAmazonへのリンクに見えるのをクリックすると復刊ドットコムに飛んでしまいます。提携してたのかと思った。
ぐらんぴ2012年06月28日 14:49 削除
>のぶ(nob)さん や、リンクミスでした。貼り直しました。ご指摘ありがとうございました。m(__)m

ぐらんぴ2012年06月28日 16:59 削除
パソフらがスタンフォードでやった実験は、基本的にこういうものでした。
(1)被験者とビーコン(標識者)と問題提出者の3者がいる。
(2)問題提出者はビーコンの行く先を地図上から10カ所選び、それを10枚の封筒に入れて密封しておく。
(3)問題提出者は実験の数時間前、ビーコンに「実験開始は●●時。実験1時間前にこの封筒をランダムに選んで開け、記されている目的地へ行く。そこに30分とどまり周囲の状況を写真などで記録せよ」と命じる。もちろんビーコンは単独で行動し誰とも連絡をとらない。
(4)問題提出者は被験者に「実験開始時間は●●時。実験開始時間に実験室に入り、遠隔視の瞑想を開始せよ。脳に浮かぶ映像を記録せよ」と言う。
(5)実験が終わったあと、問題提出者はビーコンがどの目的地を選ばされたかを聞き、●●時からの、そこでの行動の記録を受け取る。
(6)問題提出者は被験者から●●時から始めた遠隔視の脳内映像の記録を受け取る。
(7)問題提出者は両者のデータを比較し、どれほど一致していたかを検討する。
……実験室は外部から電磁的にも物理的にも遮断された密室であり、実験時間ちゅうは外部と連絡がとれない。
また、目的地はビーコンが封筒からアトランダムに選ぶため、問題提出者でさえ●●時にビーコンがどこに行くか予想できない。
もちろん被験者とビーコンの間は連絡をとる手段がないのだから、ここに二重盲検法が成立する。
その結果、驚くほどの確率で超能力の実績のある者、ない者が同じような遠隔視能力を示すことが分かった。つまり人間は本能として遠隔視能力を付与されている。

アメリカ国防省がこれを知って驚愕したのは分かりますね。敵地に潜入したスパイ、テロリスト、あるいは墜落したパイロットなどがビーコンとなり得るなら、通信手段の無い状況でも目標の状況が察知できるわけです。パソフらは拉致されるようにして軍部に囲いこまれ、遠隔透視部隊の編成と訓練と作戦の実施に関与することになります。これがスターゲイト作戦。

しかし「軍用遠隔視兵士」は、当局が期待したほどの成果をあげられず、湾岸戦争前には解散させられていたと思われます(極秘裏に今も部隊が活動しているかもしれませんが)。どうも「占い」や他の超能力同様、遠隔視も「利害」「報酬」がからむと好成績をあげられないのではないか、という気がします。未来視も確認されているのですから、明日の株価市況、競馬の結果が今日分る。遠隔視と未来視が出来る人間は富豪になり得る理屈ですが、そういう事業を実際にやろうとした研究者たちは成功していません。遠隔視の最大の弱点はそこにあるわけですが、それが悪用を妨げているとも言えます。うまく働かないことでこの世の秩序が保たれている。
ぐらんぴ
ぐらんぴ2012年06月28日 17:05 削除
最近の日本の研究でも「離れたところで身内の死を知った人の半数以上が何らかの「お告げ」を受けた体験をしている」と発表されました。死につつある身内をビーコンとして、その人に死の情報が伝わったとすれば、これも遠隔視同様の現象だと思われます。
ぐらんぴ2012年06月29日 13:44 削除
パソフらの実験における未来視は、次のようなものであった。
定められた実験開始時刻より前に密室入りした被験者が瞑想を始めたところ、ある光景が浮かんだので、それを記録した。
この時点ではビーコン(標識者)さえ目的地を選んでおらず、自分がこれからどこに行くかを知らない。三重盲検法になってるわけだ。しかしアトランダムに選んだ目的地へ行き周囲の映像を記録し、帰ってみたら、被験者の「見た」映像と一致していた。被験者は30分から一時間後に起きるはずの未来を視ていたわけだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/2003-bf724ad1

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。