ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睦月会箱根旅行 2012年06月23日


むーさんと担当編集者の集まり「睦月会」の箱根一泊旅行に招かれた。
朝10時集合の名所めぐりツアーはさすがに夢のなかなので辞退。午後に起きて新宿発3時10分のロマンスカーで箱根湯本に。これに乗るのは何年ぶりかなあ。
台風4号がどんどん接近してきて、家を出る頃から雨が降り始めた。
ハイボールをチビチビやりながら本を読み、車窓を眺める。

睦月旅行会車窓

多摩川を渡ったあたりから風雨が激しくなる。
前の座席のカップルが男50代、女40代。男は寡黙なおっさん。女は饒舌なバーのママさんみたいで、夫婦ではないことは明らかなのだが関係が分らない。女の口調がなれなれしい様子もあるけど、男を「先生」と呼んで距離もおく。箱根湯本からタクシーで30分ぐらいのホテルに泊まるらしい。不倫カップルなんだろうけど、二人の関係の程度を読み解くのが難しくイライラする。つい「お二人の関係はどのようなものでしょうか」と訊きたくなる。
箱根湯本は4時37分着。かなりの土砂降りだが駅前に待機している旅館ホテル送迎バス(運賃100円)があるので濡れずに宿舎の近江屋旅館へ。
ほかの参加者さんはツアーを終えて戻ってきて打ち合せしているところ。
私たちのあとは作家Fumikaさんがまだ着かないだけ。
ものすごい風雨のなか、近くの共同浴場『箱根の湯』に向かう。坂道が川のようになっている。『箱根の湯』はとしまえんの『庭の湯』みたいなもので、通りすがりの観光客も入れる施設。入湯料は1000円。

http://www.hakonenoyu.co.jp/

露天風呂は気分がよかったけれど、屋根があっても横殴りの雨がかかるというすごい天候。いや、こんな嵐のなかの露天風呂というのは初めてだ。
しかし睦月さんとのつきあいも長いけれど、こうやって裸で体を並べて湯につかるというのは初めてだ。
6時半から宴会開始。Fumikaさんが到着。総員21人が揃った。今回は評論家の永田先生が参加されているので、私は最長老ではない。

睦月旅行会宴会

ゴキゲンな睦月さん

睦月旅行会ゴキゲン睦月さん


宴会のあとはこうなります。

睦月旅行会カラオケ

外はものすごい嵐。縛りは「雨」。私は何にも思いつかなかったけれど、後になって考えれば裕次郎の「嵐を呼ぶ男」というのがあったなあと。(^_^;)

そのあと幹事室で三次会。真夜中には散会。それぞれ自室へ。
四人部屋で私は永田先生、睦月さん、二見の米田氏と同室。
永田先生は先にお休みになられて、私がその横、睦月さん、米田氏の順で寝る。私はひとり眠れず、襖の外の椅子に座ってテーブルに足をのっけただらしない姿で焼酎水割りちびりちびちび飲みながら本を読んで、1時すぎマイスリーを服んで眠る。だから熟睡に近い眠りを眠れたのだけど、夢うつつにむーさんのいびきが凄いなあと感心していた。
台風はこの頃、旅館の横をかすめていったらしい。
6時前、窓外の拡声器が大音響で「町役場です。湯本から上の交通は遮断されています」と叫ぶ。
目が覚めたので前夜の箱根の湯へ行こうということになり四人でブラブラ歩いてゆく。
台風一過、空は晴れ渡りむし暑い。

睦月旅行会朝散歩

私たちは箱根の湯はてっきり朝から営業していると思ったが、なんと10時からだった。朝風呂を楽しみたい観光客も多いだろう。営業してくれればいいのに。ぷんすか。と帰ってきてから旅館の浴場で朝風呂。でもやっぱり露天風呂に入りたかったなあ。
むーさんはまた眠る。私も少し眠ったが昨夜のいびきのものすごさで眠れない米田氏が頭と足を反対に向けて眠っていたことでしばし話題が。確かにむーさんのいびきはものすごい。七色のいびきというか、多彩なのである。たんにガーガーというだけではない。
まあふだんは呼吸器をつけているからもっと安らかに眠っているんだろうけどね。

8時半朝食。バスも大変だろうということで、近江屋旅館から湯本の駅まで温泉街を近道して駅まで。
旅館を出るところ。

睦月旅行会旅館出立

湯の町を流れる川は増水していた。

睦月旅行会川の増水

駅でお土産を買って駅に行ったら米田氏があわてている。本来10時45分湯本発のロマンスカーがその列車だけ小田原始発に変更になっていたのだ。大あわてで散らばっていたメンバーを集めて39分発の各駅停車で小田原へ。ちょっとしたハプニングはやはりあるものだなあ。
睦月さんや東海道線で帰る人たちとここで別れ、残り10人ほどで新宿まで。12時半新宿着。帰宅は13時すぎ。
「やれやれ、今回は土産ものは忘れなかったなあ」と歩きながら自分を褒めていたら、ハッと気がついた。土産ものを忘れないように気を張っていたから、別のものをロマンスカー内に忘れてしまった。ガーン(*_*;)
まあ、それは翌日、無事取り戻せたけれど、結局、なにかアクシデントは私を見舞わずにはおかないのであった。

よい気分転換になった。お招きいただいた睦月さん、いろいろ手配して面倒を見ていただいた幹事のみなさんほか参加者ご一同、ありがとうございました。
(この記事は関係者と親しい人だけに公開しています)
============================
イイネ!(9) 若にーる Fumika Y嬢 みかん姫 おねえちゃま ゆずきいくと みゆき(M1号) むー 森 美貴
むー2012年06月23日 10:16 削除
お疲れ様でした。詳細なレポート有難うございます。いい気分(温泉)
ぐらんぴ2012年06月23日 19:01 削除
>むーさん すみません、いびきのことバラして。しかし編集さんいっぱいいていいなあ。私は葬式の時でも、せいぜい5人ぐらいしか来てくれない(と思う)。いや家人は「あんたの葬式やらない」と宣言してるからいいんだけど。
ぐらんぴ2012年06月24日 08:22 削除
私が読んでた本の題名読めますか。
むー2012年06月24日 08:55 削除
活字博物誌、ですか。
ぐらんぴ2012年06月24日 11:28 削除
ああ、読めますね(わざと見えにくくしたので)。著者はどうでしょう。
むー2012年06月24日 11:44 削除
著者までは読めませんが、この本は知ってますので。この人はあなどれないですねえ。
ぐらんぴ2012年06月24日 12:23 削除
椎名誠は男ばっかりで行動し、女性を入れない、話題にしないんですね。性的なことをイヤがる。エロ本嫌い。それを除けば面白いこと書く人間なんですけど。考えてみればむーさんやぼくらと正反対。(笑)
Fumika2012年06月25日 21:03 削除
天候は心配でしたが良い旅になりました。
当日遅れての参加になり、みなさまにご迷惑をおかけしました(汗)。

ぐらんぴさんがお使いでなかったかもしれませんが、
宿のお風呂はタイル張りで趣きがあり、かけ流しのいい温泉でした。
駅まで一列で歩いたのも修学旅行のようで楽しかったです。
次回参加が許されましたら遅れず朝から合流したいと思います。

「活字博物誌」読んでみたくなりました。
ぐらんぴ2012年06月27日 16:27 削除
>Fumikaさん 本来女性の時間だったのですが、若にーるさんが婦人用と殿方用の札を掛け替えて、私たちが大きいほうを占領して入りました。(^_^;) まあ、あれはあれでよかったですけどね……。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/1998-eb25bf6f

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。