ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風紋五十年 2012年06月10日

1851219475_120風紋五十年

1851219475_180林静一

1851219475_25康氏


6月6日、『風紋五十年』発刊記念パーティで林聖子ママとツーショット。
撮影してくれたのはイラストレーター林静一氏。(写真中央、スピーチしてる)
「ぼくらは常連歴何年かな」と訊いたら林氏「娘がもう四十だから、それ以上ってことだね」。林氏夫人節子さんは、当時『風紋』でチイママ格。新宿界隈で呑む人で「風紋のセッチャン」を知らない人はいなかった。
セッチャンが風紋から独立して歌舞伎町に『柚子の木』という店を開いて林静一氏が常連となりセッチャンを射止めた。
この頃『風紋』のカウンターの中にいたイナバちゃんは外交官の令夫人となり、ヤマちゃんはH出版編集者だったM氏夫人。ミズちゃん(またはオミズ)はS社の編集者だったOという男のヨメになった。……、私である。

セッチャンは当時、康芳夫氏の内妻(康氏は中国籍なので入籍に問題があった)だったが、その愛妻を林静一氏がさらったということで『風紋』界隈では緊張感が走った。
林静一氏とセッチャンの結婚式にはなんと前夫、康芳夫氏が出席し、最前列に陣取った。列席者一同、青くなったのは言うまでもない。しかし康氏は莞爾として両者を祝福して去っていった。(今でもセッチャンは康さんのことを「お父さん」と呼んで相談相手にしている。静一氏との関係も良好である)

つい最近、聖子ママから聞いたのだが、「あの結婚式の前にね、康さんが電話してきて、セッチャンの結婚式に一緒に連れてってくれというのよ。どうして一人で行かないのと訊いたら『おれ、どういう顔して行ったらいいか分からないんだ』とオドオドしてるの。かわいかったわねえ」

去年の九月、日比谷松本楼で開かれた『風紋五十年記念』のパーティで康さんとセッチャンが歓談している写真を右に掲げておく。セッチャンの顔はプライバシー情報ゆえ、さすがに出せない。その時の日記は↓

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1780955551&owner_id=170858

『風紋五十年』(パブリック・ブレイン)は Amazon で発売されている。

http://goo.gl/HaIZL

風紋五十年表紙


============================
イイネ!(15) 竹丸。 退会したユーザー みかん姫 Y嬢 わち きた 猫神博士 ひな_shella のぶ翁。 もとみ(こもも)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/1992-6c8809df

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。