ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしのアナログ・オーディオ・システム 2012年04月30日

レコードプレーヤー

オーディオシステム


先日、レコードプレーヤーを買ってきました。
オーディオテクニカのAT-PL300USB。
もうCDプレーヤーもめったにかけない聴かない時代になったのに、今さらアナログのレコードプレーヤーを、とお思いでしょうが、300枚ぐらいLPがあるので、内容を確認して、残すべきものはデジタル化してしまおうと思いまして。
この機種はWindowsマシンであればUSB直結でデジタル取り込みができます。
私はMacマシンですが「デジ蔵 for Mac」というコンバーターがあるので、なんとか取りこめるでしょう。販売価格は15,000円ぐらいですが、ポイントが5000円溜まっていたので、実質1万円でした。
当初、電源スイッチだと思っていたのが33←→45の回転数切り替えスイッチだったので、LPレコードがどうやっても45回転再生されるというトラブルがあり、当惑させられました。どういうわけか電源スイッチを廃止しちゃったんですね(電源プラグを入れれば自動的に通電されてしまう)。
むずかしいことを言わなければ、けっこう歯切れのいい音で再生してくれます。メリットはやたら軽いこと。どこでも持ち運べる。まあレコードプレーヤーを持ち運ぶ機会はあまり無いでしょうけど、我が家は三台のアンプが三カ所にあるので、それぞれに接続してレコードを再生することが可能です。ふつうのレコードプレーヤーだと重くてそんなことは出来ません。

写真にあるのは、書斎に組み立てなおしたオーディオセット。
すべて見事なアナログ機器です。(^_^)
CDプレーヤーはありません。
メインアンプは譲渡してもらったヤマハの旧型機で、そもそもCD入力がありません。CDが発売される以前のアナログ専用機。そしてスピーカーは古いSONYのミニコンポのもの。こいつはアンプ内蔵で、ミニコンポの本体部分がイカれたけれどスピーカーは壊れてないので、もったいないので捨てずにおき、これまでパソコンのアクティブスピーカーに使っていたのです。
ただしアンプ内蔵だけにふつうのアンプとは接続できません(分解しないと)。ボリュームもありません。うっかり入力すると最大音量で鳴りだします。
だから、ヤマハのアンプのほうとの接続はとんでもないことになっています。ヘッドフォン用ジャックから出力したのを、このスピーカー内蔵アンプに送り込んでる。だからヘッドフォンジャックからコードが出てるでしょう。
メインアンプのスピーカー出力は切って(繋いでないのだから)、プリアンプ(音量調節、音質調整)だけ使っている。なんという奇妙な使い方。私も感心しています。(笑)
しかもレコードプレイヤーからの出力はPhono端子からではなくLine端子からとりだしてアンプのAUX端子に送り込んでる。そのほうがいい音で鳴るからです。(^_^;)
接続しているカセットプレイヤーは別シリーズのやや新しいものですが、かなりイカれてて巻き戻しが出来ません。いちいち裏返しにして早送りにしてます。
カセットテープも100本ぐらいあるのですが、デジタル化するのもくたびれるので、そのままかけて聴くためのもの。たぶんLPレコードもデジタル化するのが面倒くさくなって、数枚デジタル化するだけでしょうね。

もうアナログ機器は絶滅寸前ですから、老いたマシンを工夫してだましだまし使い続けているのですよ。はは、私と同じですね。(^_^;)

イイネ!(11) 若にーる 黒木仙伍 misaki Commander-紫弩 ひな_shella 神名・Melissa=龍子 Mio 退会したユーザー かおる姫 きた
============================
コメント
ぐらんぴ 2012年04月30日 18:34
こんな苦労なことしなくても、カセットプレーヤー付きのラジカセなりミニコンポなりを買えばそれで済むんだけどねえ。(^_^;)

くまくま('(ェ)') 2012年04月30日 20:31
昔のオーディオ機器には今のものにはない風情があります。そこには作り手の情熱が感じられ、血の通わない機械といえど人が作ったものゆえの何かがありました。我が家にも1セットだけ昭和時代のものがありますが、いまだに現役で、楽しませてくれます。

ぐらんぴ 2012年05月01日 01:56
>くまくま('(ェ)')さん 
本当にそうですね。最近は電器店の陳列商品を見ても全然そそられないデザインと質感のものばかりです。結局、一番立ち止まるのは管球式アンプのところ。(^_^;) 手作り感覚の血が通っているような個性的な機械というのは、ほとんど絶滅しました(超高級機は別ですが)。味気ないデザインと質感のものばかり。パソコンや周辺機器も然りですが。

ぐらんぴ 2012年05月02日 04:06
もう誰も見てないだろうが、ヘッドフォンについて。右側に見える。
これもずいぶん古いもので、もうどれだけ長く持っているか分からないほど。
型番をたよりに検索してみたら、なんと1974年モノ。(*_*;)
http://antiqueheadphones.blog11.fc2.com/?mode=m&no=18
もう38年も使ってる……?
低域は弱いけれど、きれいな音で鳴ってくれるので、ハードロックで聴き疲れすることがない。私としてはずっと気にいって使ってる。
しかし1974年モノとはね……。マイミクさんでも生まれてないひとがほとんどじゃないかな。
うーむ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/1982-4c6be271

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (64)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (11)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (6)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (5)
雑学(モノコト) (8)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (10)
SM (2)
路上観察 (13)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (6)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (3)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (1)
映画 映像 (2)
料理 酒 (3)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。