ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

窓の外をよぎる人影 2012年04月02日

一応、しめくくっておきましょう。
何のことか分からない人、忘れた人は、

http://jun1tate.blog25.fc2.com/blog-entry-1968.html

の最初のコメントを読んでください。

悲劇は、Тくんが二度目のおふざけを実行した時に起きました。
週刊明星テレビ班が入稿している会議室に、前回同様、窓から入ろうとしたТくんは、その途中で外壁についた30センチの張り出しから足を踏み外し、4階から地上へ墜落してしまったのです。真下は社員通用口で、その庇がクッションのようになって、モロに地上への激突は免れたのですが、やはり即死状態でした。(私はその日、集英社には顔を出していなかったので、すべて翌日に聞いた話です)

まだ若い妻と生まれたばかりの子供を残して死んだТくんの葬儀には私も参列しましたが、それは悲しいものでした。死因が死因ですからね。「酔って悪ふざけしたあげくの墜落死」

それから半年ぐらいのことだったと思うのですよ。記憶は確かではないけれど、まだТ君の思い出がなまなましい時期でしたから、一年以内ではないかと。
その時は私も週プレの編集部にいて、4階の、事故が起きたのとは別の会議室でアンカーの仕事をしていました。その合間、夜の10時ぐらいかな、息抜きにふらりと3階の編集部に降りると、初めて見る人物が編集部の一画に設けられた応接コーナーに寛いでいました。その号の特集企画にネタを持ち込んだルポライターさんでした。週プレの編集部どころか集英社の一つ橋ビルに来るのも初めて。
彼は、その日、例の事件が起きた会議室をあてがわれて仕事をしていました。
午後から詰めていたので、原稿はその時点でもう上がっていて、彼は仕事から解放されてホッとひと息ついていたところ。その応接コーナーは夜ともなればみんなが適当に買ってきた酒を飲んでダベる場所です(深夜になればソファで仮眠するものも)。
「まあ、ビールをどうぞ」みたいな形で、編集者が一応は客であるライターさんにすすめて、和やかな雰囲気で小規模な宴がもたれていました。私はその時点、まだ仕事が完了していないので、飲めません。近くでボーとしていた。
その時、初めて来たというライターさんが妙なことを口にしたのです。

「この会社、夜に窓拭きをやるんですか?」

(この話続きます)

イイネ!(11) ゆめち わらねこ@笑夢猫 ゆうき かおる姫 ひな_shella 鈴木輝一郎 Mio Sheena みゆき(M1号) アシシ。
============================
コメント

鈴木輝一郎2012年04月02日 18:04
「夜に窓拭き」がオチですがな(^_^;)

ぼく自身は、うんざりするほど葬式にかかわってきましたが、この手の霊感はまるっきり、ですねえ。

一度、さるシティホテルで中庭を挟んだ向かい側から全裸の男がじっとこちらを覗いていて、翌日フロントに確かめたらその部屋は空室だった、ってことがありましたが、これは「幽霊じゃないほうが怖い」ってたぐいの話で。

鈴木輝一郎 by desktop
コメント

ぐらんぴ2012年04月02日 18:44
ありゃ、噺家がお客さんにオチつけられちゃった。(*_*;)

ぐらんぴ2012年04月02日 18:46
もう少し引っ張るつもりだったけど、オチがついたのでこれまで。

ぐらんぴ2012年04月03日 18:53
そうか。「妙なことを口にしたのです」で、「続く」にしておけばよかったのだな。
そうすれば、オチをつけられることはなかった。誤算であった。(;_;)くよくよ。

鈴木輝一郎2012年04月03日 22:32
いや、このオチのほうが怖いっすね(^.^) どういうふうに見えていたかよくわかるし、目撃者が何も知らないのが一層(^_^)

心霊動画とか写真とかよく見かけますし、まあ、そういうのは見たことないけどいるんだろ、とは思いますが、ものの見事に怖くない(^_^;
心霊スポットにわざわざ出かけて安眠してる死者の霊をおもしろ半分に叩き起こすのは死者に失礼、とは思うんですが。

ちなみにぼくの怖いのは、欲がなくて尻が軽くて口の固い美女です。だれか怖がらせてください(^.^)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/1972-1a938569

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (64)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (11)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (6)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (5)
雑学(モノコト) (8)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (10)
SM (2)
路上観察 (13)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (6)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (3)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (1)
映画 映像 (2)
料理 酒 (3)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。