ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス料理「龍圡軒」 2012年02月03日

龍圡軒ビル

龍圡軒正面

1月26日、マスコミがいっせいに「石原新党実現か」と書き立てた。
25日夜、石原慎太郎が亀井静香、平沼赳夫と西麻布のフランス料理店で秘密会談をもった――というのだ。
私が関心を惹かれたのは「西麻布のフランス料理店」である。
西麻布にはミシュランの星クラスの店なら『オオハラ』など数店あり、フランス料理というカテゴリーなら、ざっと二、三十軒がひしめいている。
都知事の特権で、高くてうまいものばっかり食ってる観がある石原慎太郎だから、さぞかし名のある一流店で会合したのではないか、と思うのがふつうだが、私はふと、

龍圡軒じゃないか。

って気がした。
秘密会談だから人目についてもいけない。予約がぎっしりの有名店ではまずいだろう。目抜き通りに面した店も避けたい。それでいて料理には定評のある店。
となると龍圡軒は環境としてもぴったりである。
まあ、私の勝手な推測だけれど。
その推測にはさらに理由がある。
今度の石原新党構想に関して、慎太郎は「2.26の下級将校がクーデターを起こすに匹敵する政治運動でなければダメだ」というようなことを、しきりに言っていたからだ。その連想で龍圡軒のことが脳裏をよぎったのだ。

私が30年近く前、西麻布に引っ越してきて近隣をブラブラ散歩していると、墓地を下って、まっすぐ六本木通りに抜ける商店街の一画に、ちっちゃなレストランが目についた。隣が焼き鳥屋。格式も何も感じさせないけれど、落ち着いた雰囲気の外見。
それが龍圡軒だった。

 龍圡軒旧


「おお、これが……」と思った。
店の看板にも「1900年創業」とうたっている。明治33年。当時本格的なフランス料理というと精養軒ぐらいしかない時代だ。フランス料理界でも「生業店としては日本で最古参の老舗」というぐらい、古くて由緒のあるレストランで、私のように名前だけは知ってる人も多い店だ。
たまたまその前を通りかかって気づいたのである。
なぜ名前だけ知っていたかというと……。

以前はこの場所ではなかった。今の六本木七丁目4番地。かつて新龍土町と呼ばれたところにあった。三井ミッドタウンや新国立美術館に行った人は、外苑東通りに面してガソリンスタンドがあるのをご存知だろう。あの北隣あたりにあったらしい。三井ミッドタウンは旧防衛庁で、もとをただせば陸軍歩兵第一連隊の兵舎だった。
フランス外交官の邸でフランス料理を学んだ岡野菊松氏が英国大使館裏に『快楽亭』として創業した同店は、二年後、この地に移転してきて『龍圡軒』をなのった。龍土町にちなんだ名前だが「土」ではなく「圡」とした。すぐには出ない漢字だから、たいていは「龍土軒」ですませている。

ここにやってきたのは、国木田独歩、島崎藤村、徳田秋声ら自然主義の文学者たちだった。やがて『龍土会』というサークルまで作られたというから、一時は文人たちの会合の場だった。それなりの個室も用意されていたのだろう。
しかし、銀座あたりのもっと便利な地にフランス料理店がひしめくようになると、文人たちの足が遠のいた。大正時代あたりから、店の常連は真正面の歩兵一連隊、裏手の歩兵三連隊にいる将校たちになっていったらしい。そうそう明治時代には乃木大将も来ていたという。すぐ近くが乃木邸だからね(今も記念館となって在る)。
あの2.26事件の首謀者である安藤大尉ら下級将校たちは、この店でクーデター計画を練ったとされる。よって龍圡軒は「歴史に残るフランス料理店」になったのである。史書をひもとけば必ず名前が出てくる。

先の大戦、空襲で店は焼かれた。二代目が龍土町を離れて霞町(いまの西麻布一丁目)に移転し、現在のところで名はもとのままの『龍圡軒』を開き、今に至る。
二年ほど前、その小さな店が取り壊されて跡地にマンションが建った。
「おや、どっか行ったのか、閉店したのか」と懸念していたが、老舗龍圡軒はもとの場所に、マンションの一階に新装開店した。店舗としては三代目、シェフとしては四代目になる。ヌーベルキュジーヌなどどこ吹く風というしっかりした伝統的フランス料理を供するという。
何せ古くからあるものだから、今も文化人、政財界の人士が時おり顔をみせる。散歩していてこの店の前に報道陣が群がっているのを見たのは何度かある。
私は未だ一度も入ったことがない。西麻布を去る時はここで食べようと思っていたのだが、以後三十年、居座り続けてしまったからだ。
果たして私は龍圡軒の料理を食べることがあるだろうか。

↓参考サイト『昭和を歩く〜2.26事件 東京紅團』
http://www.tokyo-kurenaidan.com/showa2.htm

イイネ!(3) あられ。 きた かおる姫
==============================
コメント

森 美貴 2012年02月03日 07:57
私も、西麻布に7年ほど住んでいました。ご近所だったんですね。
その店知ってますが、入ったことはありません。
コメント

ぐらんぴ 2012年02月03日 08:16
>森 美貴さん そうです。あなたが住んだところの裏手に私のマンションがあります。H氏が私のところに来て「そこに森美貴さんが住んでるよ」と言ってました。世間は狭い。(笑)

森 美貴 2012年02月03日 08:52
え…。それは…ぜんぜん知りませんでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/1951-3f8c8388

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (64)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (11)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (6)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (5)
雑学(モノコト) (8)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (10)
SM (2)
路上観察 (13)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (6)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (3)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (1)
映画 映像 (2)
料理 酒 (3)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。