ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

路傍の花(サザンカと寒椿) 2012年01月05日 08:00

サザンカ


ウォーキングの途中、寒風吹きすさぶ皇居前の歩道の植込で見た赤い花。
つい「寒椿かな」と思ってしまったけれど、親切に植物名が記された札がついていて、サザンカだと分かった。
サザンカも寒椿(カンツバキ)も晩秋から冬にかけて咲き続ける花の代表だ。
どちらも赤い色のものが多く(サザンカは白やピンクもあるが)、形がきわめて似ているので、区別をつけるのが難しい。

どちらもツバキ科でツバキ属。サザンカが野生種を原種としているのに対しカンツバキはサザンカとツバキの交配種とされる園芸品種。似ているのも無理はない。
この両者は交雑を繰り返しているので、今では「これがサザンカ、これがカンツバキ」とズバリ言い当てるのが、専門家でも非常に難しくなっているという。例外種がいっぱいあるからだ。
それでも一応の区別はある。

(1)サザンカのほうが平開する。花びらが広がるのだ。カンツバキは根元が筒状にすぼまり、ラッパ状を保つ。
(2)サザンカの花びらは一枚一枚バラバラに落ちる。カンツバキは花が付け根からボトリと落ちる(首を斬られるイメージから武家の家では縁起が悪いとして避けられたという)。つまり地面を見れば判別がつく。
(3)サザンカの雌しべは花びらにしたがって逆円錐形に散開する。カンツバキの雌しべは筒状になって、散開しない。
(4)どちらも生け垣などに用いられるけれど、サザンカのほうが背丈が高くなる傾向がある。

――こういう特徴を覚えておくと、冬に目に飛び込む赤い花が「サザンカか、寒椿か」と見わけられて、散策の楽しみもまた一つ増えるのではないだろうか。
↓こちらが寒椿。

カンツバキ


ところで不思議だと思いませんか。常緑の葉にひときわ鮮やかな色の花が咲く。
花が目立つというのは、ふつう虫媒花である。昆虫を呼びよせて受粉するためのシグナルとして鮮やかな色を呈する。
だから多くの花は春または秋に咲く。
しかし冬に昆虫は激減する。冬に飛び交う蝶を見ることがないだろう。それなのにサザンカも寒椿も寒風を厭わず咲きほこる。
どうしてかなあ、と思うでしょ。
調べてみたら簡単なことであった。
風媒花でなければ虫媒花、と思っていたからいけない。花粉を媒介する生き物が別にいた。
鳥である。
ツバキ科の冬に咲く花はヒヨドリなど鳥が蜜を吸いに来て受粉させる。つまり「鳥媒花」なのだ。
サザンカや寒椿の花のまわりを鳥が舞っているのを見掛けたら、それは吸蜜しているのである。
というわけで、また散策の楽しみが増えた。

ヒヨドリ

↑この寒椿の蜜を吸いにやってきたのはメジロである。

そうそう黒澤映画『椿三十郎』で、城代家老の奥方(入江たか子)が寒椿の花を流水に流して、隣家に乗り込んだ三十郎に襲撃のタイミングを合図するシーンがあった。あれは花が簡単にもげる寒椿だから可能なのである。「はて、武家の家では寒椿は嫌われたのでは」と思うが、調べてみると落花の潔さを愛でてかえって武士に愛好された――という説もある。武家屋敷に寒椿があってもおかしくはないようだ。

ところでサザンカの学名はカメリア・ササンカ。寒椿の学名はカメリア・ジャポニカ。カメリア(Camellia )とは、フィリピンで椿を発見したイエズス会の宣教師で植物学に造詣の深かったゲオルク・ジョセフ・カメルに由来するという。
なぜサザンカを「山茶花」と書くのか、という問題は、あまりにも頻繁に説かれているので、ここでは扱わない。
コメント
イイネ!(8) 霞 くまくま('(ェ)') 白馬 冴月さくら 退会したユーザー Mio 小夏マーマレード ゆずきいくと
==============================
コメント

霞 2012年01月05日 12:35
白玉椿は、もっともポピュラーに茶花に使われますけれど、やはり鳥媒花なんですね?
「梅にうぐいす」という言葉がいきわたって、うぐいす色の鳥がきていると、うぐいすだと思ってしまいますけど、あれは、めじろなんですよね~。
うぐいすは、もっと地味な鳥。すがたは地味で鳴き声だけが、華やか。しまいにはけたたましいほど。血が出そうになきますね。よっぽどメスを求めている…?(笑)
コメント

ぐらんぴ 2012年01月05日 14:01
白玉椿も花期は11月頃から冬の間ですから、鳥が吸蜜して受粉するのだと思います。昆虫が飛び交う時期に咲く椿は、双方が蜜を吸いにくるのでしょうね。考えようによっては冬の花は小鳥たちのために咲くのかもしれません。
メジロは見ててきれいですね。

退会したユーザー 2012年01月05日 17:03
メジロですが望遠で撮ったのですよね

素晴らしいショット♪

カメラにレンズが気になるところです
コメント

ぐらんぴ 2012年01月05日 17:12
>Monkoさん。す、すみません。これネットで拾ったもので……。(^_^;)
望遠でしょうね。野鳥はなかなか難しいです。私が撮ったヒヨドリなんてボケボケ。http://twitpic.com/4gfxva 見られますでしょうか。

退会したユーザー 2012年01月05日 18:38
拾い画像でしたかぁ^^;

鳥は動きが素早いので苦労すると思います

ワタクシも雀を狙った経験がありますがブレブレでした

ヒヨドリちゃんイイ感じかと♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/1934-a1731761

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。