ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今はもう言わなくなった 2011年12月02日 18:18


今日お会いしてた編集者さんに「ええと、蒙古症……、今はなんて言ったっけ、……そうそう、ダウン症」と言ったら、「え、蒙古症って言ってたんですか」と驚かれた。
そうか、確かにもうめったに言わないし聞かない。なぜ蒙古症なんて言うのかというと、顔の外側のほうが成長が早いので目がつり上がり、鼻が低く、モンゴリアン系の顔貌に似てるからで、当初は「東アジア人に特有の遺伝病」とされていた。
今はどんなカップルの間でも生まれる可能性が認められれ、発見者の医師の名前をとってダウン症(ダウン症候群)と呼ばれている。まあ、蒙古人にとっては不当差別だから、この言い換えと、蒙古症という名の死語化は適切であったろう。

同じような例としては「トルコ風呂」→「ソープランド」がある。
これは1984年、トルコ人留学生の抗議により「東京特殊浴場協議会」が新しい呼称を公募して、「ソープランド」を選び、普及させたものである。1984年のことである。
ただし、それ以前から、一ツ橋系週刊誌「週刊ポスト」は「ロマン風呂」を用いていた。私がアンカーマンをしていた頃、ソープランドがかなり普及した段階でも、一ツ橋系では「ロマン風呂」を用いていて私もそう書くように強制され、「ばかばかしい」と思ったことを覚えている。トルコ風呂はともかく、今「ロマン風呂」という語を覚えているオヤジは山本晋也監督と私ぐらいなものであろう(山本カントクは『トゥナイト』で「これからはロマン風呂と言いましょう」と提唱した人である)

こういう「不都合だから言い換え語が普及して死語となった」という語は、まだいろいろある。たとえば BG がそうだ。
ビジネス・ガールの略称であるが、それは「セックスをビジネスとしている女性=娼婦」だということで、オフィス・レディを略した OL が採用された。これはどこかが公募したのだろうか。もちろん今 BG などという語を知ってるオヤジは私ぐらいのものである。
そういう「不都合が原因で死語化した言葉」を知ってる人はどうぞあげてください。ただしE電のようなものは違います。「最初から不都合でも何でもないのを言い換えさせようとして失敗したバカ語」ですから。

イイネ!(5) TOMORROW きた ひな_shella むー Commander-紫弩
==============================
コメント

神名・Melissa=龍子 2011年12月02日 18:35
蒙古症って、お尻に青い痣ができる病気ではないんですね(^^;)。

『~』 2011年12月02日 18:49
グランピィを含む「七人の小人」が、ある番組で「七人の妖精」と呼称されていて驚いたことがあります。
これもロマン風呂同様、定着はしなかったようですが……

小夏マーマレード 2011年12月02日 19:44
今、日本の学校では、教頭先生はいません
副校長というそうです

って例は、だめですかね


神名・Melissa=龍子 2011年12月02日 19:57
学校で思い出しましたが「小使いさん」も名前変わりましたね。女中も家政婦に。

ぐらんぴ 2011年12月02日 20:08
>神名・Melissa=龍子さん 蒙古斑は、モンゴロイドの遺伝子をもつ人種特有の皮膚の特徴ですから、別に悪いことではないんでしょうね。言い換えられずにいます。
「小使いさん」は「用務員」ですね。用務主事ともなると、大阪市では一千万円もらえるそうですから、もう気安く小使いさんなんていったら叱られるでしょう。(皮肉やす)。
女中>家政婦、お手伝いさん。これは死語化しちゃいましたね。時代劇のなかの「お女中」という語でしか残っていません。何が悪かったのだろうか。特に差別的な語感でもなかったのに。

>小夏マーマーレードさん 教頭>副校長の流れは完全に普及しましたか。数年前はまだ教頭が残っていたんですが。教頭は何か不具合があったわけではないんでしょうけども死語化していった語ですね。近代的ではない、ということなのかな。

そうそう私の日本語変換ソフトは、「土方」(どかた)は登録されていませんでした。「土木作業員」。そんなに悪い言葉ではないと思うんですけどね。


ぐらんぴ 2011年12月02日 20:11
「重役」というの語が、なんとなく死語化しつつあると思いませんか。
企業内部では「役員」という言い方が一般的ですね。重役会は役員会、重役秘書は役員秘書などと言う。
通常、取締役以上を言う語なんですが、重役という語がどうして使われなくなっていったのか、分かる人は教えてください。法律的に用いない語だからかな。

水星騎士(゚-゚)牙魅 !2011年12月02日 20:32
(´-`)。o0(病名だと「らい」、「精神分裂病」あたり?
コメント

水星騎士(゚-゚)牙魅!2011年12月02日 20:34
あ、言い換えに成功したのは違いますね(;´д`) 失礼しました
コメント

のぶ翁。2011年12月02日 21:50
「被害にあったのは「狂言」だとわかった」という場合の「狂言」は、
滅びたわけではないようですね。

演劇用語だった「自作自演」に、新しい意味がついて、
「狂言」と同じように使われているように思います。

しのざき 2011年12月03日 02:57
「成人病」が不都合で「生活習慣病」という呼び方になってますね

加齢が原因と思われてたのが食生活等に原因があるということで

ぐらんぴ 2011年12月03日 03:55
>がみ(゚-゚)夜行さん らい(癩病)>ハンセン病、精神分裂病>統合失調症は、やはりこれまでの語感が不都合なことから言い換えがなされ、ある程度成功している例ではないでしょうかね。蒙古病のようにまではゆかないですが。

>のぶ翁さん なるほど「狂言自殺」「狂言強盗」のように使いますが、能狂言のほうからは困った用法でしょう。これは狂言の内容に人を騙す、こっけいなものがあったことから用いられるようになったんでしょうね。新聞放送界の用語規制でも採り上げられていないので、特に取り扱い注意とされている語でもなさそうです。まあ「自作自演」のほうが適しているでしょうが。

>しのざきさん 成人病>生活習慣病。なるほど。だんだん「成人病」という語は忘れ去られてゆきますかね。しかし「加齢が原因」という病気はなんというのだろうか。老人病?

ぐらんぴ 2011年12月03日 03:58
>『~』さん うっかり飛ばしてた。(*_*;) 七人のこびとが七人の妖精……。まあ誰かが考えそうな言葉ですね。しかし日本人の考える「妖精フェアリー」と、外国人の考えるのはちょっとギャップがあって、向こうはグランピーみたいな、決してかわいくない、というか醜いものも含むんですね。

小夏マーマレード 2011年12月03日 06:24
先日、高校の同級生と話していて、両想いになりたかった、っていったら、今は死語だ、と言われてしまいました…。今の若い人は、なんて言うのでしょうかね~

神名・Melissa=龍子 2011年12月03日 06:34
「重役出勤」は「役員出勤」といい変えると意味がわかりにくいと思うのですが(^^;)。

小夏マーマレード 2011年12月03日 07:17
子どもの頃、疱瘡の予防注射をしたと母から聴いたような…。今は天然痘っていうらしいですが。もちろん今は天然痘の予防注射はありません。

ぐらんぴ 2011年12月03日 07:33
>小夏マーマーレードさん それは若い人(昔はヤングと言った)の事情にうとい私にも分かるような気が。「ラブラブ」という語が生まれたからです。
疱瘡は天然痘の古語ですね。江戸時代は猛威をふるったので、あちこちに疱瘡神という神社が崇められました。疱瘡は「カサ」と呼ばれましたから「笠」がつく神社はたいてい疱瘡神ですね。イモアライもそうです。漢字変換ソフトによっては「イモアライ」→「一口」と出るでしょう。一口神社というのも疱瘡神ですね。天然痘は死滅しましたが、私の右腕にその予防接種の痕跡が残っています。いまそういうのが残ってるのは私ぐらいなものでしょう。

もうすぐ0.1トン 2011年12月03日 10:47
ちょっと話はズレてるかもしれませんが、
自分の祖母は、正月のマラソン等で黒人の選手が走るたびに
『土人』って言ってましたね。
今考えると、祖母の年代は差別用語をバンバン発してました。
覚えてるだけでも「びっこ」とか「めくら」とかは何の違和感も覚えないレベルでしたね

ぐらんぴ 2011年12月03日 16:28
>もうすぐ0.1トンさん 土人も最近はとんと見掛けませんね。昔、『少年ケニヤ』に夢中になってたころは平気で使われてた語です。土人と聞けば思い出すのは♪私のラバさん、酋長の娘~、色は黒いが、南洋じゃ美人~♪という歌ですね。そういえば「南洋」という語もあまり聞きませんね。いまはもう少し地域が特定された言い方になるのかな。せいぜい南太平洋とか。
土人はいまは「原住民」「土着民」と言われてるんでしょうね。

アシシ。 2011年12月03日 21:47
サッカー用語ですが「自殺点」は使わずに「オウンゴール」になってます。
「サドンデス(突然死)」は「Vゴール」になってますね。

アシシ。 2011年12月03日 21:52
「ロスタイム」も負のイメージがあるので「インジュリータイム」とか「アディショナルタイム」というアナウンサーが増えてますが、まだ「ロスタイム」というほうが多いような気がします。
これからどうなるか、気になってます。

ぐらんぴ 2011年12月04日 12:08
>アシシさん 「自殺点」はさすがに違和感ありますね。サドンデスはゴルフのほうではまだ言うでしょうね。野球では「封殺」「挟殺」「二重殺」なんてのはまだ使うでしょうね(新聞記事が主でしょうが)ロスタイムは完全な和製英語なんでしょうね。国際的な流れに添うとやがては死語になりそうです。
かつては使われていたのに今は死語になった野球用語には「アルファα」がありますね。もう消えてから長いので私もどうやって使っていたか覚えていない。「その試合は2対3アルファで巨人が勝った」というふうに使ったんでしたっけ。今はxになってるのですが、あってもなくてもいいような語なので、xもあんまり見掛けなくなったような……。

水星騎士(゚-゚)牙魅! 2011年12月04日 17:20
自殺点だけじゃなく「自殺」という言葉を「自死」言い換えて欲しいと遺族団体などは言ってますが言い換えも、報道における配慮も遅々として進んでない印象です

希死念慮を抱く抑うつ患者や自死遺族が報道で「首吊り」って言葉を目にするだけでどれだけダメージ受けるのか、当事者になって初めて実感したことではありますが

本気で自死を減らしたいなら景気や雇用以外にも細やかな対策が必要だと思います…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/1919-4d5cc1ce

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。