ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれ、無くなっている。 2011年10月24日

消えた生コン工場1

消えた生コン工場2


おや、と思った。
あれ、無くなってる。ついこないだまであったと思ったがな~。空き地になり駐車場になってる。いつの間にか。
新宿4丁目。Y字交差点(地図では「新宿四丁目南」のところ)の鋭角角地。右側が明治通りで伊勢丹の交差点へ。左側は高島屋タイムズスクエアに面して新宿駅南口の陸橋へ突き抜ける。まあほとんどの人が記憶にない場所だろう。
私は現在の新宿四丁目、旧旭町木造旅館街(つまりドヤ街)に関心があったので、何度もこのあたりを徘徊した。その時、よくもまあ、こんな街の真ん中にこんなものが、と思っていたのだが……。
先日、桂屋旅館の跡地を確認がてら明治通りまで出てみたら、ふいとここにあった建造物が無くなっていたので驚いた。
その物件を撮影していたのかどうか記憶が無い。撮影していなかったとしたら路上観察者として大失態である。
ともかく検索してみたら、さすが先達たちは違う。ちゃんと撮影していたかたがいた。
出典をここに記して写真を引用させてもらおう。

『東京DEEP案内』
新宿四丁目「旭町」に残るドヤ街と私娼街の痕跡 (1)

http://tokyodeep.info/2010/02/23/024953.html

消えた生コン工場3

消えた生コン工場4






そうなのだ、ここにはかつて生コン工場があったのだ。
新宿駅南口徒歩3分、高島屋タイムズスクエア正面真向かい、明治通りに面して、ガラゴロゴーと騒音を発しながらセメントと砂利と砂を混ぜ合わせた混合機が唸りをあげて回転し、生コン車がひっきりなしに出入りしていたのである。
まあ、生コンは出来るだけ新鮮?な状態で工事現場まで届けるのが理想だから、都心の工事現場に送るには最適の場所だったろうが、しかしそれにしたって、いくらなんでも、こんな場所で……。
陋屋のように、時代の記憶をとどめた、残して欲しいような物件ではまったくなかったし、「まあ、そのうち無くなるだろうな」とは思っていて、予想どおり無くなっていたことは、それは問題が無いのだが、出来ればこの目で消えるところを見たかった。
記事によれば2009年には取り壊されたとあるが、私の記憶では1年前には存在していたような気がするんだがなあ……。

参考サイト
http://kenkai-oldman.txt-nifty.com/the_quiet_days/2009/10/20022008-dd75.html

http://kenkai-oldman.txt-nifty.com/the_quiet_days/2009/11/post-e07b.html

最初の写真の左側の、かつて桂屋旅館や千花旅館があった街路は、今はファッショナブルな小路になっているが、拡幅される予定なので、この角地は道路に呑み込まれることになるようだ。
狷介老人日記に書いたように、高島屋タイムズスクエアが出来てからも数年、この通りは人通りも稀なさびれた小路であった。この生コン工場の消滅によって、決定的に昔の面影は一掃されることになる。

消えた生コン工場5

↑1996年、タイムズスクエア開業当時の閑寂な旅館街小路。この道の先、左側に生コン工場があった。

イイネ!(2) 若にーる 麻屋 寿@ロープ沖縄
==============================
コメント

ぐらんぴ 2011年10月24日 05:00
http://news.urashinjuku.com/archives/51542671.html

↑こちらには、2010年3月に、更地工事をしている写真が。その頃撤去されたことが分かった。やはり興味をもってこの生コン工場をウォッチしていた人がいたのだ。

ぐらんぴ 2011年10月24日 05:11
なんと日経新聞にも記事が出ていた。みんなこの生コン工場に関心を抱いていたんだなあ。
http://www.nikkei.com/biz/product/article/g=96958A9C93819698E2E1E2E2998DE2E1E2EAE0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;p=9694E2E7E2E3E0E2E3E2E1E3EBE1

ぐらんぴ 2011年10月24日 10:00
高島屋タイムズスクエアが出来る前、消火栓の表示柱の線のところは高い塀で、右側は新宿駅貨物ヤードだった。当時は夜など真っ暗で歩くことも怖いぐらいの昭和の闇が立ちこめていた通り。

日立ってゆうか 現代2011年10月24日 10:40
生コン工場懐かしい。
あの埃っぽい空気が「最後の成長期」臭を漂わせていました。

ぐらんぴ 2011年10月24日 13:05
しかし新宿四丁目というのは、興味を示す人が少ない土地だ。『ブラタモリ』が渋谷側の源流を探った時、たしか大宗寺を訪ねた。マスコミに出たのはそれぐらいかな。新宿ガイドでも四丁目は無人地帯かのように無視される。
かつて木賃宿がひしめき私娼窟もあったけれど、被差別部落があったわけではない。まあ何も無いところなのは確かだ。(笑)

のぶ翁。2011年10月24日 16:07
その南の、御苑の西側の千駄ヶ谷五丁目も不思議なエリアです。

最近歩いていませんが、まだ道路の拡張中かなにかのはずです。

代々木駅の東側の明治通りから歩いていくと、このエリアにはいるのですが、
ものすごくすさんだ感じがします。
ビル全部が、ブラック企業らしき建物もありました。
まだあるのだろうか?


ぐらんぴ 2011年10月24日 18:48
>のぶ翁さん そういえば常人がめったに足を踏み入れない地区ですね。
どういう地帯なのか、のぶ( nob)さんならご存知かな。確かにまとまりのない雑然とした印象を受けた記憶があります。再開発の話でもあるのかしら(そうするとヤクザが乗り込んできます)

のぶ翁。2011年10月24日 21:56
千駄ヶ谷五丁目の謎)

北朝鮮系金融機関のハナ信用金庫のとなりあたり、
渋谷区千駄ヶ谷5-29-11 に ナカニシビル というのがあるのですが、

この検索にひっかかるテナントはどれもなんだか正体不明です。

もうひとつ「御苑チャペル」というのもあります。
これも、ここで結婚式をあげる人がいるんだろうか?というくらい面妖な建物です。

ぐらんぴ 2011年10月24日 22:00
それに比べたら新宿四丁目は長閑なところですよ。(笑)足の便は最高なのに家賃は安くて、買ったり借りたりするなら今だ、みたいなことが言われてますね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/1898-2379a5a6

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。