ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小妻容子秘帖 2011年10月08日

小妻秘画1

小妻秘画2

小妻秘画3


ボイスで書きました『小妻容子秘画帖』です。
在庫切れでしたが「探してみます」という版元の厚意で、ようやく昨日届きました。

『豊艶の濫り』(大洋図書)

「濫り」は「みだり」と読むのでしょうね。別字では「妄り」。とにかく過剰なことを言います。溢れるように多い。豊熟妖艶な美が溢れているわけです。

これを眺めてしばし、故・小妻要画伯を偲ぼうとするのですが、
改めて、小妻さんの鬼気迫る筆致には圧倒されてしまいます。

発表するつもりのない絵ですからね、見る人を気にしてない。自分の妄想が溢れ暴走するに任せて描いている。
この絵から得られるイメージを文章に出来ないか、と考えたんですが、最初のうちはただただ気迫に押されてばかり。改めて小妻さん、凄いな、巨人だと思う。

モノクロの鉛筆デッサンを見ると、明らかにモデルさんを凝視している。
どんな熟女モデルさんだったんでしょうかね。
生前に訊いておきたかった。
巨根の美少年、若衆、女装子、シーメールが登場するのがなんともたまりません。
実は、以前『風俗資料館』で原画展をやった時、これに収録されていない肉筆原画がまだいくらもありました。もちろん局部は無修正。
それも刊行して欲しいものですが、散逸しちゃうのかなあ。

(参考日記)
http://jun1tate.blog25.fc2.com/blog-entry-282.html

イイネ!(13) ワグマ しのざき 麻屋 寿@ロープ沖縄 冴月さくら 水星騎士(゚-゚)牙魅! のぶ翁。 きた Mio Commander-紫弩 むー
==============================
コメント

呂◆gQikaJHtf2 2011年10月08日 10:52
価格が31500円という少部数稀覯本ならではのお値段ですね。

ほ・・欲しいけどプライオリティの高い本(CD付き)7万5千円で、しかも今年度個人研究費は残り一万円(^_^;)

ぐらんぴさんの日記の画像を見て満足するしかないなあ



『新青年』 黒田 2011年10月08日 10:54
 小妻画伯の女性画は肉感的で迫力がありますね。臀部の膨らみは美しいの一言に尽きます。

 しかし……小妻画伯は亡くなっていたのですか。知りませんでした。
 先日は堂昌一画伯が亡くなり、また一人、昭和の逸材が逝きました。

 こうした肉筆原画の散逸も防ぎたいですね。
 風俗資料館所蔵の物は大丈夫ですが、それ以外の場所でバラバラに保管されている肉筆原画については、将来的に散逸しない事を願うばかりです(私は中島喜美画伯の雑誌挿絵用原画を集めており、こちらは稀に古書展に出ます。肉筆原画の出品は……画家に関わらず見た事がありません)。

日立ってゆうか現代 2011年10月08日 11:04
3枚目の女装子(?)にそそられました。

ぐらんぴ 2011年10月08日 11:12
>呂◆gQikaJHtf2さん
もうご覧になってるかもしれませんが、
http://sniper.jp/008sniper/0084review/post_1563.php
こちらでかなりの収録作品が見られます。
迫力は画集に及びませんが。

>『新青年』 黒田さん
9月の末にお亡くなりになられました。私は仕事などで葬儀には行けませんでした。

風俗資料館で私が見た肉筆原画は、展示終了後、小妻さんのもとに返還されたと思います。問題はその後ですね。遺族がどのような処置をされるか。


ぐらんぴ 2011年10月08日 11:49
非常にリアルなCG作画で責め絵を描く鏡堂みやび氏の描く女性と違って、小妻さんの描く被虐女性は、悲愴な顔、堪え難い苦痛をこらえるような苦悶の顔をしていないんですね。そのように見えても、内心で、内なる被虐の快感を愉しんでいるように見える。陶酔の顔。そこが責めに対する考えかたの違いでしょう。小妻さんは絵のなかの責められ辱められる熟女になりきって快楽を味わっているんですねえ。
しかし画集を見て分かるんですが、秘毛の一本一本を極細の面相筆で丁寧に描いているんですよ。この秘毛がいいんですねえ。うーん、見てて飽きない。この悦楽は、画集を買ったものの特権だ。(^_^;)

ぐらんぴ 2011年10月08日 17:28
葬儀に行けなかったので、何か供養になること、小妻さんが喜んでくれるようなことは無いかな、と思ったのが画集購入の動機。お供物代と思えば、私に返ってくるんだし安いもの。(笑)しかし、私が買った本のなかで最高に高いクラス。(笑)

わらねこ@笑夢猫 2011年10月08日 18:01
肉筆を数点お持ちの方を存じ上げております。
画集とは全く違った趣。

やっぱり、生が一番!

でも、個人的には、彼の描く獅子だとか、虎だとかも好きです。


ぐらんぴ 2011年10月09日 18:43
『風俗資料館』での肉筆原画展を観たあと、2010年1月に新宿で催された『SM World in night』というイベントに、小妻さんは肌絵をその場で描いてみせるパフォーマンスをやった。
その時、私は小妻さんに『豊艶の濫り』にいたく感動したことを伝えたのだが、彼はなにか非常に照れた様子で、「いや、まあ、その」という感じであまり反応してくれなかった。私は褒めまくって肉筆原画の一枚ぐらいもらえないかという下心があった……わけではないが。(^_^;)
その時の小妻さんの照れた苦笑いのような意味が、いま画集を見て分かった。
ここに描かれているすべては、発表を前提としていない、自分一人のために描いたものだったから、他者の目をまったく意識していない。まったく妄想の暴走、つまり自分が他者から隠していた、見られないようにしていた世界の顕現だったわけ。いわば自分の秘部、恥部を露出してしまうような作品群が、どういうわけか公の目に触れてしまった。それはやはり照れると思う。
だから今、画集をつくづく眺めていると、天上の小妻さんが「館さん、そんなにジロジロ見ないでよ」と苦笑いしながら照れて言ってるんじゃないか、って気がする。

ぐらんぴ 2011年10月11日 07:55
シーメールファンのためにペア責めの一枚をアップ。やはり男性局部はボカシになってるのが残念。

わらねこ@笑夢猫 2011年10月11日 14:29
くそっ!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/1892-8c483b43

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (64)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (11)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (6)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (5)
雑学(モノコト) (8)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (10)
SM (2)
路上観察 (13)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (6)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (3)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (1)
映画 映像 (2)
料理 酒 (3)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。