ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

嘘みたいな本当の話――眠りのなかで聞いた声 2011年08月10日

この前のサンスポ講座で講師の高橋源一郎氏が言及していたけれど、
『嘘みたいな本当の話』(内田樹・高橋源一郎編 イーストプレス)に応募しようかな、という気になった体験。つい昨日のこと。

昨日、私は定期の視野検査のため、聖路加病院に早く行かなければならなかった。
そこで目覚まし時計を7時にセットしておいた。たいていの人には「起きるのにふつうの時間」だけど、私にとっては異例に早い時間である。
前夜はなんだかんだと未明3時すぎまで仕事していたので、睡眠時間は3時間ぐらい。ともかく軽くウイスキーを飲んで就眠。
さて、寝ているうち、私はしょっちゅう夢を見ているのだが、その朝はどんな夢を見たか忘れてしまった。というのは、妙な出来事が起きたからだ。
眠っている私の耳に誰かが言うのが聞こえたのだ。

「あと5分で7時ですよ」

男か女かと言われれば7対3で女性の、大人の声だったと思う。
こちらは「7時に起きなければならない」と思っていたから「ああ、そうか、もう起きなきゃ」と(眠ったまま)思い、ふーッと目を覚まして枕元の時計を見たら、ちゃんと6時55分。ちなみにこの時計は電波時計で毎日較正して、アラームはセット時間ぴったりに鳴ってくれるすぐれモノ(東急ハンズ価格990円)。ふつーの目覚まし時計はセット時間ピッタリに鳴ってくれるものは少なく、だいたいプラスマイナス5分ぐらいの誤差がある。

「おお、なるほどあと5分で7時だ」

そう思って起き上がろうとして横を見たら家人がぐーぐー眠っている。彼女は夜遅く眠る人で、7時ぐらいは白河夜船がふつーだ、

えッ!?

私はこの時まで、「あと5分で7時ですよ」と言ったのは家人だとばかり思っていた。

だ、誰だよ!?

家のなかには私と家人の二人しかいないのである。
声は確かに私の外、寝室ではなく居間のほうから聞こえてきた、ような気がする。起きてから確かめてみたが、もちろん誰がいるわけではない。テレビやラジオが点けっ放しということでもない。

夢かよ。

夢のなかで、誰かが私に「あと5分で7時ですよ」と告げたのだろう。
いや、そうに違いないけどね(だって他に誰もいないんだし)、
私は検査に遅れたくないし睡眠時間が足りてないのに無理やり起きなければならないことで「7時に起きられるかなあ」と気にしていた。
だから私の潜在意識が、そう呼びかけて起こしてくれた。

それにしても。
何で5分前?

アラームがセットされてるんだから、安心していいんだ。起こすなら。

「7時ですよ」

と言ってくれればいいのに。


「6時59分50秒です。あと10秒で目覚ましが鳴ります」

ぐらいでもいいのに。
どうして「5分前」に起こすんだ。
よけいなお世話ではないか。

しかし、夢なら私は寝ている(当たり前だ)。時計を見ることは出来ない。(時計の表示は私が起きあがらないと見えない。寝たままでは目に入らない)

どうして「今が5分前」と分かったのだ?

何か別な理由があったのかな。夢ではなくて何か別の……。

いや、やめよう。(*_*;)

……しかし『嘘みたいな本当の話』に採取されるだろうか。
自分は不思議だけど他人はちっとも不思議じゃない話だ。
『母親とセックスしたら処女だった』にかなうものではない。

そんだけ。

イイネ!(3) ゆずきいくと Commander-紫弩 水星騎士(゚-゚)牙魅!
==============================
コメント

ゆうき 2011年08月10日 07:23
親切ですね(笑)その人??ちょっぴり二度寝が出来て、羨ましいです。

長田一美 2011年08月10日 08:15
おかげで起きられてよかったです。
きっと、
小人さんです

天命卿貴 2011年08月10日 11:37
頭の中の意識が一刻一刻を数えていたので無いでしょうか。声は心に残った人の声では。
俺にも、空耳というのがあります。誰も居ないのに声が聞こえてくる。
その時、その声を無視せずに行動するとスムーズに物事を行えたと言う経験もあります。なにかをしなくてはいけないその気持ちが耳をくすぐったのではないでしょうか。

ぐらんぴ 2011年08月10日 11:40
体内時計とよく言いますが、体内時計が告知してくれたんですかね。
自分に暗示かけてピッタリに起きる人もいますから。
だけど、5分前というのがね……。
余裕をみてるというのが何とも。(笑)

ぐらんぴ 2011年08月10日 17:03
『嘘みたいな本当の話』の応募要項では、一話1000文字以内という縛りがある。

http://www.eastpress.co.jp/toukou/

これは「予知した話」のジャンルになるだろうか。応募するとなると、こういう形になるだろう。

朝の7時にアラームをセットして寝た。
「あと5分で7時ですよ」という声を聞いて目が醒めた。
確かに6時55分だった。
家人は横で眠りこけていて、家には他に誰もいない。
誰が私に……? どうして5分前に……?

おねえちゃま 2011年08月11日 00:01
その前に見ていた(忘れてしまった)夢の中で出逢った美女だと、素敵だったりします。

ぐらんぴ 2011年08月12日 07:00
>おねえちゃま
そうか。その前の夢で、女性とナニやらカニやらあって、私が彼女に「明日は早起きしなきゃ」と言ったら「大丈夫、私が起こしてあげますから、安心して寝なさい」というようなやりとりがあったかもしれないですねえ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/1857-580ba893

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん