ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人だけの読者 2011年05月30日

母娘にお仕置き表紙


一番最後に二見文庫から出した『母娘におしおき』という長篇は、淫乱な娘に目覚めさせられた母親というのが本筋になっている。

http://tate.32ch.jp/list_html/list1_html/168oshioki.html

ポーカーの一種に負けたほうが服を脱いでゆくというゲームがあり(本来の「ストリップポーカー」は服を脱ぐものではない)、今回の長篇では男たちがそれで勝敗を争うのだが、自分が脱ぐわけではなく、連れてきた女(ポディウム・ガールと呼ぶ)を脱がせるのが趣向だ。
最後は娘と母親が二人の男のポディウムガールになって対面しながら一枚づつ着衣を脱いでゆく、というのが最大の見せ場だと自分では思っていたが、はて、これが読者の感興を深めるか削ぐか、自信が無かった。
発売されてからさっぱり何も反響がなかったので(それは毎度のことなのでどうということはないが)誰もあの部分に反応するものはなかったのかなと少しは凹んでいたら、昨日、未知の読者から直接メールがきて、あの母娘対決の部分にいたく興奮させられたと感想があった。
そればかりではなく、私が書き終えた部分から先のことを自分で想像して、その熱中度が半端ではなく「母親をこうして娘をこうして」と、自分だけのオリジナルストーリーを書き込んでくれていた。嬉しくなった。
私も自分で書く前は鬼六、千草、蘭光生らの師の作品を読んで「書き終えたあとの部分」「書き込まれていなかった部分」を想像して夜を忘れ、それが結局、自分で書く道を選ばせることになった。同じことをその読者氏は熱烈にやってくれている。まあ、それぞれの人の性的欲望の反応部分、精神的Gスポットはそれぞれなのだが、この人にはうまく当たってくれたようだ。最低でも一人は反応してくれた人がいてよかった。少しは元気づけられたような気がする。さて仕事を片づけよう。

==============================
コメント
イイネ!(18) くまくま('(ェ)') おねえちゃま チョビ ワグマ 冴月さくら きた のぶ翁。 黒木仙伍 小夏マーマレード あやのすけ


ぐらんぴ2011年05月30日 17:10
ゴキブリは「一匹見つかれば百匹隠れている」という。読者諸氏をゴキブリに喩えては失礼だが、このかたの陰には百人は同類の反応読者がいたということになろうか。うむ、そう思うことにしよう。(^_^;)

りあるつ2011年05月30日 18:42
熱烈な読者はいると思いますよー沢山( ゚ー゚)
私も館さんの作品以外SM作品見向きもしないっす。

黒木仙伍2011年05月30日 22:06
ゴキブリ以上に沢山のジュンイチストがいますよ。
私も館さんの作品を読んだ後は「その後」をいろいろと考えます。特に寸止め作品では、「え~ッ!ここで終わり?!」と欲求不満が昂じて妄想の嵐です。『母娘におしおき』でも、ポーカーの後にそろって二階に揚った母娘を大伍がどうするかとか、「ラ・コスト」のその後の業務形態とか妄想しました。その読者さんのように書けないのは文才がないから全作品とは言いませんが、アフターストーリーは沢山考えました。果ては複数の作品をつなぎ合わせた物まであります。

ぐらんぴ2011年05月31日 03:59
>りあるつさん
>黒木仙伍さん
どうもありがとうです。300人ということですかね。(笑)
あの母娘対決、鬼六、千草師らからの伝統的な流れに添えば、安全な興奮域へもってゆけるんですが、ここではわざと母と娘が「ご主人さまをめぐっての女の争い」を展開して、互いを罵倒しながら服を脱いでゆく。(笑)挑発合戦。恥じらいながら脱ぐというSMマニア大好きという伝統的なパターンが毛ほどもない進行ですので、そこが「これは嫌われるかなあ」と危惧していたところ。
「うるさい、おまえたち黙れ」と男が怒るほど騒がしく罵り合う、あんなマゾ同士の闘いはたぶん今まで書かれてないと思うのですよ。(笑)

爪あと2011年05月31日 07:24
読んでませんでした。どうもこのイラストのは「復刻版」と何故か擦り込まれていてスルーした気がします。
amazonあってよかった。

ぐらんぴ2011年05月31日 07:46
>爪あとさん
復刻版は必ず最後のページにその旨を書いてありますから、それを確かめてくださいね。一番いいのはホームページのリストを読むこと。必ずキチンと表示されています。親切この上なし。(笑)
ま、確かに石井のり子さんの表紙は以前は幻冬舎アウトロー文庫で復刻オンリーでしたが、二見文庫は睦月さんでも誰でもすべて担当しています。私の場合、二見文庫はこれまですべて書き下ろしです。

爪あと2011年05月31日 11:10
はい、気をつけますw
amazonでさきほど購入しました。読んだら感想します^^

ぐらんぴ2011年05月31日 11:15
いや、無理して感想されなくても。そう思って読むと読みにくいもの。読み捨てでOK。(^_^;)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/1835-ce46bb5e

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。