ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超ローカルなエポニム「石田割り」 2011年05月29日

石田割り


「エポニム」というのは「固有名詞が普通名詞として使われるようになった単語あるいは複合語」として定義されます。地名エポニムと人名エポニムがあって、地名エポニムは「デニム」(de Nime >ニーム産の粗い綿織物)、人名エポニムは「バーキン」(Birkin>エルメスが女優ジェーン・バーキンの求めに応じて作ったハンドバッグ。「ケリー(ズ)バッグ」も同類)のような語です。
「エポニム」と呼ばれるには「大多数の人がその語源を知らずとも使っている」というのが最低の基準でしょうね。私たちは「リンチにかける」という言い方をしますが、リンチがアメリカ南部の厳格というか自分勝手に死刑を連発した判事の名だということを知りません。それでもほぼ万国に共通して語の意味は理解されます。
その基準からいえば、これからあげるエポニムは、まだエポニムと呼ばれる資格はないでしょう。東京のごく一部で通用するらしいので「超ローカル・エポニム」として採り上げておきます。

石田割り

居酒屋、酒場などでのアルコールドリンクの名称。
「マッコリのオレンジジュース割り」
これを新宿方面の一部のお店では「石田割り」と称します。
ある酒場で「石田さん」という人が頻繁にこのドリンクを注文することから、この界隈ではごく自然に「石田割り」で通用するようになったとか。
面白いことに、この石田さんはちゃんといま現在、生きていて新宿二丁目、三丁目かいわいを飲み歩いているということですね。お顔は存じ上げませんが、一度お会いしたいものです。(笑)

やがて消えてゆくか、それとももっと広がってゆくか、今後の成り行きを見守りたい生まれたばかりのエポニムです。日本人で近代、食べ物呑み物に人名がついた例は少ないので、「石田割り」は定着したらちょっと希有なエポニムとなるでしょう。
そもそも自分の名を名詞として名を遺すというのは、なかなかの偉業なのです。(医学分野では「川崎病」、スポーツ分野では「山下跳び」などがあります)

ちなみに「石田割り」は甘味もしつこくなく、ベースがマッコリですからきつくはない。呑みやすいので、どんどん呑んでしまいます。女性もOKかな。

==============================
コメント
イイネ!(1) チヒロ(♂)

ぐらんぴ2011年05月29日 18:33
で、私は昨夜、某店で六杯も飲んでしまいました。

わらねこ@笑夢猫2011年05月29日 19:22
ぐらんぴさん、連れてってください。
興味津々

ぐらんぴ2011年05月29日 19:39
えー。私のなじみのところじゃないので、どうかなあ。



KillerLegs_Aki2011年05月30日 00:09

わらねこ>お連れしますよ♪
ぐらんぴさのオフ会をやった荻窪のバーでも
石田割り、で通じます♪

KillerLegs_Aki2011年05月30日 00:19
わらねこさん>あ、ごめんなさい。
呼び捨てにしちゃったm(_ _)m

わらねこ@笑夢猫2011年05月30日 03:05
KillerLeges_Akiさん
ありがとうございます。
呼び捨てなんて…光栄です。

荻窪のバーでもオッケーなんですね。
行ってみたい場所の一つ(笑)。

なにぶん、東京まで740キロの彼方に住んでいるので、なかなか難しい(苦笑)。


ぐらんぴ2011年05月30日 09:37
もう誰も読んでないだろうけど、マッコリは日本酒の元みたいなものだ。日本酒のオレンジジュース割りなんてのはどうだろうか。今は朝だから実験する気はないが、夜になったらやってみよう。うまければ「ぐらんぴ割り」として広めよう。……って、もうすでにみんな呑んでたりして。

ぐらんぴ2011年05月30日 09:39
飲み物類でエポニムというと、カクテルには多い。有名なのは『マルゲリータ』かな。バーテンダーが死んだ恋人の名をつけたという説。食べ物では『サンドイッチ』以後に有名なのは『シーザーズ・サラダ』か。メキシコのレストランオーナーの名前に因むという。

わらねこ@笑夢猫2011年05月30日 11:01
ちゃんと見てます。
確かに、ひな祭りの白酒に似てる。

日本酒のオレンジジュース割りって、どんなだろ。

てか、下戸なオイラですが。

小夏マーマレード2011年05月30日 19:43
えっと
月曜日なので、今夜は休肝日ですから、実験は、明日以降にお願いしますm(__)m

ぐらんぴ2011年05月30日 20:14
>小夏マーマーレードさん
それ、さっきオレンジジュース買ってきてから気づいたところ。(;_;)

のぶ(nob)2011年05月31日 19:59
「山下跳び」に反応しますが、同じ体操の技でも、海外モノは「トカチェフ」とか「シュタウダー」とか、名前だけで「○○跳び」すら付きませんね。その後「ホンマ」とかも出てきたから、むしろ「山下跳び」「塚原跳び」が特殊なのか。というか、跳馬でしか使わないのかな。
混乱させてごめんなさい。


ぐらんぴ2011年05月31日 22:29
>のぶ(nob)さん
いいところに目をつけましたね。
これは、日本の場合、固有名詞がそのまま動詞にならない、という文法上の制約があるというのが多いんでしょうね。英語はdanceというと「踊り」という名詞でもあり、「踊る」という動詞でもあり、どっちにでも使える。リンチといえば「私刑」だし「私刑にかける」でもある。だから「トカチェフ」も名詞であり動詞であることができる。
日本では「山下」「大塚」という名詞を動詞あるいは動詞ふうには使えない。本来は「山下流で飛ぶ」という動詞的な使いかたを「山下」とは言えないんですね。日本語で固有名詞が動詞として使える例はなく、たとえば「江川る」「tsudaる」( twitter で生中継する)というふうにラ行五段活用の語幹として助動詞におくられないとだめなんですね。
というわけで「山下ふうで跳ぶこと」というのは。どうしても「山下+跳び」になるんですね。
証明終わり。(笑)

のぶ(nob)2011年06月01日 11:06
おお、ネタになってよかった。
ギンガーという鉄棒の技があって、これも人名なのですが、時々「ギンガー宙返り」とも言われていました。どうしても、何かくっつけたいのか>日本人。見りゃわかるって、宙返りだということは。

そういえば超マイナーネタですが、山下跳びの山下治広さんは、その後、姓が変わって松田さんになっちゃったけど、山下跳びは旧姓のままでした。


いしだこーへー2011年06月07日 04:53
はじめまして。石田割りのいしだでございます。大変楽しく日記拝見させていただきました。先日荻窪でパーティー中アキさんに聞きましてお邪魔しました。
じつのところ僕自身の命名ではなく、今はもう無いのですが、新宿にあったジンギスカン屋でいつも頼んでいたところネタにしていただいたので、自分でも広めようと思った次第です。
今、都内7ヶ所、全国だと8ヶ所で通用します(笑)。大変ローカルでございます。
札幌ではマスカットジュース割りもあるそうで、それも美味しそうだなぁ。などと思っております。組み合わせも楽しめますし、酒に強くない女子にもコレから入ってマッコリ好きになってもらったらな、とも思ったりしております。
長文失礼いたしました。

ぐらんぴ2011年06月07日 17:02
>いしだこーへーさん
おお、ご来臨いただくとは、望外の喜びです。(^_^)/
ぜひ「石田割り」をひろめて私が作成中の「日本語エポニム辞典」に掲載できるようにしてください。そのうち新宿のどこかでお目にかかりましょう。

ぐらんぴ2011年06月07日 17:08
前ののぶさんの提起した「人名」が動詞になる場合ですが、「山下」と漢字で書いちゃうと日本語ですからそのまま動詞にならない。しかし「yamashita」と英語で書けば動詞になるでしょう。そして「ヤマシタ」となると、これは英語の外来語と考えて、動詞活用形で送らなくてもそのまま動詞として使えるでしょう。「ホンマ」はそうなのではないでしょうか。

のぶ(nob)2011年06月08日 09:17
体操の技に関しては、動詞として使われることはないかもしれません。
It's Honma!
Now he's trying Tsukahara.
とか。

いずれにせよ、日本語だと「○○病」とか「○○跳び」になるところを、英語だと人名だけを使っちゃう場面がありそうですね。もちろん「スズキメソッド」のように、後ろに付く方が多いのでしょうが。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/1834-69a30583

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。