ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転倒恐怖 2011年05月09日

昨日はマイミク邪太郎さんに誘われて、元住吉まで。乙女文楽という珍しい文楽を拝見。
終わったのはまだ日が高い頃だったけれど駅前の居酒屋でビールを一杯……というのが、談論風発するにつれいろんなお酒を摂取。
お店を出て東横線に乗るまではなんともない、と思っていた。
邪太郎さんとどこかで別れて(自由が丘?)たどりついたら目黒。
へえー、私、生まれてこのかた東横線というのは渋谷と桜木町を結んでる線だとばかり思っていた。何かの間違いで恵比寿をとおることがあっても、それなら六本木通過だから大丈夫。
しかし目黒とは……。
ちょっと驚いて立ち上がったら何か足がもつれる。
や、や、やばい。
なにか電車のなかで思ったより酔いを発している。
思い起こすのは十数年前、ゴールデン街でウォッカを飲んで急激に酔いを発し、タクシーから降りるときに足をもつれさせて路上に転倒、アゴを強打して歯を数本ダメにした酔余の事故。
その時は乗る前まで正常な外見だったらしい。私もそんなに酔ってるとは思っていなかった。
妙なもので酔っ払いというのはしたたか酔っていても「酔ってない」と思うものである。体は意のままに動くと思って、その結果、転倒する。
以後、酔余の転倒は何回かあって、私も学習効果が出てきた。
「これは……思ったよりも酔ってるな」
「ということは、うっかり動くとひっくり返るな」
そういう時は目黒からタクシーに乗ってしまえばいいのだが、不思議にそういう智慧が湧いてこない。ひたすら「ええと、ここからどういうルートで帰ればいいのだ」と路線図を思い描く。
目黒の隣が恵比寿。恵比寿から日比谷線で六本木、そこから徒歩十分。
まずは目黒線から山手線への乗り換え。そろそろと注意深く歩き、特に階段は手すりをしっかり掴み、足元に気をつけて乗り換え、次は恵比寿で降りて地下鉄へ乗り換えしながら六本木。また階段をそろそろ上がり、「急ぐな、あわてるな」と自分に言い聞かせて帰宅。
ふだん私は足早に歩く癖があるので、どうしてもスピードが出てしまうんである。すると足がもつれる。
ようやく帰り着いてホッとしたら、急速に世界がぐるぐる回りだして……。
今まで寝てた。
記憶を巻き戻して、ところどころ欠落がある。ブラックアウト寸前だったのだなあ。いやあ久しぶりに二日酔い。(;_;)
しかしそんなに量、呑んでないけどなあ、と思ったが、どうやら風邪薬との併用が効いたようだ。出がけに風邪薬を飲んでたのが相乗効果を発揮したのかも。

悪いことに、寝てるうちに腰の蝶番が外れかけてる。
半分ぎっくり腰。トイレに行くのが辛い。
おまけに誰かがバズーカ砲で2発ばかり穴を開けてくれてる。出刃包丁で用がすむのに、なんでバズーカ砲まで持ち出すかなあ。
うーん頭が痛い。とりあえず二度寝だ。

あ、邪太郎さん、昨日はありがとうございました。m(__)m

==============================
コメント

わらねこ@笑夢猫2011年05月09日 11:09
乙女文楽…羨ましい…

貧乏は嫌だ!で田舎に引きこもってから、古典芸能に触れる機会が皆無になり。

乙女だった頃、あんなに暇を見つけては文楽だ、歌舞伎だ、寄席だと出かけてたのに(T_T)。


大事にならなくてよかったですね。
慌てないのが一番ですね。
今日も無理しやんと、ユルユルしといてください。

ぐらんぴ2011年05月09日 11:58
>天音@わらねこさん
乙女文楽といっても、必ずしもうら若き乙女が出演するわけではないんですけどね。娘義太夫がそうでもないのと同様で。
ふつうの文楽は三人がかりで人形を操作するんですが、乙女文楽は女性が一人で同じ作りの人形を操ります。そこが異色です。

しかし艱難辛苦を乗り越えて無事帰還しても、褒めてもらえるわけもなく、浴びせられるの叱声ばかり。どうも不本意ですねえ。ああ頭が痛い。それでも何を動かせ何を運べと言われて寝てられん……。(;_;)

わらねこ@笑夢猫2011年05月09日 12:23
> ぐらんぴさん
はい。
乙女文楽が、どんなものか存じ上げておりますので、大丈夫ですよ。

具合悪いのに…可愛そうに…
きっと、具合悪いことがあまりないに違いない。

うちのダーも優しくないから。

邪太郎2011年05月09日 18:49
 ひゃぁ。大丈夫でしたか?すいません。
 私と別れたのは大岡山でした。
 田園調布で、乗り換えですよと、一応は言いましたが。
 「うん。目黒に行くので。」とのお返事でした。
 まずい。

 また、体調の宜しい時にでもリターンマッチをば。今度はのどかに(笑)。

ぐらんぴ2011年05月09日 19:59
>邪太郎さん
じゃあ目黒に行くのは分かってたんだ。(*_*;)
ますます悪い。(^_^;)
しかし、どうして東横線元住吉駅で乗った列車が目黒に行くのだ。(*_*;) どうも分からない。

邪太郎2011年05月09日 20:36
あ。今、目黒線は目黒から日吉まで(あれ?菊名までかな。)通じています。なので、元住吉では、東横線にも目黒線にも乗れます。

ぐらんぴ2011年05月09日 23:02
>邪太郎さん
そ、そういうことですか。うーん、時代は変わる。

爪あと2011年05月10日 08:42
麻布十番の駅からはかなり遠いんでしたっけ?!
目黒で乗換え、恵比寿で乗換えとかするくらいなら、目黒で降りずにまっすぐ乗っていって十番から歩いちまったほうがいいような気もしますけど。
まあこの日の場合は「気付いた」のが目黒で、すでに降りちゃってたんだからいたしかたないですけれども^^

ぐらんぴ2011年05月10日 09:19
えー、目黒からまだ続いていたの?(*_*;)
それは知らなかった。(;_;)
南北線ってやつね。麻布十番……。
酔って足元が確かならそれでもいいけど、南北線麻布十番駅から自分ちまでだと六本木駅から2倍近く。しかも途中にけやき坂という急坂をのぼらなきゃならないから、酔った身には辛い。ここは日比谷線のほうが順当だったかな。

爪あと2011年05月10日 10:51
確かに帰りは登りですね^^

ぐらんぴ2011年05月10日 19:17
醒めた冷静な知性?で考えれば、大岡山で邪太郎さんが降りたときに一緒に降りて、中目黒、恵比寿経由の日比谷線に乗り換えれば、そこで一気に六本木まで出られたので、一番の正解だったということね。なーんも考えなかった。(往路は西麻布~渋谷までバス。渋谷から東横線各駅停車)

爪あと2011年05月10日 21:21
つい一緒に引っ張っていて申し訳ないですが(笑)、大岡山では駄目です。あそこは目黒線と大井町線の乗換駅。
はなから元住吉で東横線に乗るべきでした。そもそも、そこからならちょこっと待てばまたは運がよければすぐに、(東横線からの)日比谷線直通列車も来た筈。これで一気に六本木が正解かも。ま、中目黒で乗り換えてもなんてことありませんがね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/1826-97eeddbb

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (64)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (11)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (6)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (5)
雑学(モノコト) (8)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (10)
SM (2)
路上観察 (13)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (6)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (3)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (1)
映画 映像 (2)
料理 酒 (3)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。