ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辞書に無い単語 2011年04月27日

prepend.jpg


みなさんが持ってる、あるいはパソコンやスマートフォンに搭載している英和辞書で、

prepend

をひいてみてください。
出てますか?
私は常に座右に置いてあるリーダーズ英和第2版でひいてみたんですが、出てないんです。
メニューバーに常駐させてる【kotobank】の英和でも「見つかりません」と言われちゃいます。
「えーッ、こんな簡単そうな単語が載ってないってどういうことよ!?」と、かなり驚きました。

まあ意味はなんとなく分かるんです。
append が「付け加える、追加する、後ろに添える」……という意味ですから、これはたぶん、

前に付ける、モノの先頭に付け足す

そういう意味でしょう。だけど、なんで最新の辞書(って、リーダーズ2版3刷は1999年モノですが)に載ってないんでしょうね。

==============================
コメント

Fumika2011年04月27日 08:35
PCでも携帯の辞書でも出ませんでした。
うちの古い英和辞典でもなかったです。1995年版ですが…。

ケイ2011年04月27日 08:48
さすがに Google 翻訳だと出てきますね!
新しい単語なんでしょうかね?

霞2011年04月27日 09:59
うちの辞書にも、ありません。

万里2011年04月29日 20:53
Wiktionary英語版にはあるようです(下記URL参照)

http://ejje.weblio.jp/content/prepend

>>語源 1
>>From pre- + (ap)pend, by analogy with append.
>>
>>動詞
>>to prepend (三人称単数 現在形 prepends, 現在分詞 prepending, 過去形および過去分詞形 prepended)
>>
>>(jargon, コンピューター) (他動詞) To prefix an expression with another.

――とあります。
だから、IT業界ないしハッカーさん業界?関係のジャーゴン(隠語)ではないか、と。

採取も、「2010/12/01 18:52 UTC 版」と直近ですしね。
そりゃ、紙媒体でも市販の電子辞書にもないでしょう(^^;)。


万里2011年04月29日 21:04
P.S.
ああ、忘れてた。
prepend の意味は、ぐらんぴ の仰言るように、

凡例に「prefix」とありますから――、
「~の前に付ける」「接頭辞とする」といった語義でしょうね。


ぐらんぴ2011年04月29日 23:29
>ケイさん
>万里さん
ご教示ありがとうございました。
prepend はどうやらUnix/Linuxのコマンドとして採用されているようですね。意味は「文字列の前に置け」。反対語はappend で「文字列の後に置け」。
私はNamechangerというソフトでファイルの名前を変えているのですが、ファイル名の前に一律ある文字列(たとえばjosoko-とか)をつけようとすると「prepend」しろと言われるんですね。最初は分からなかったけれど、後につけようとする「append」しろですから、まあ意味は分かります。それでも確かめてみようとすると辞書に出てない。ありゃありゃと思ったわけですが、このコマンドが採用されたのは2000年代に入ってからのようですね。ではコマンドが先かというと、それはちょっと分からないですね。それ以前にプログラマの間でジャーゴンとして使われていたのが先か。本来はprefix でいいはずなんですが、反対語のappend があるのなら、prependでいいじゃないか、ってことになったんでしょうね。

万里2011年05月02日 00:14
>ぐらんぴ へ

えーっと。事情は大体わかったんですが、ひとつ疑問が(^^;ゞ。

ぐらんぴ は、ファイル名の一括変換などの際、海外のソフトを使ってるのでしょうか?

σ(^^)は、うぃんユーザなので、うぃん用のファイル変換ソフト(くさるほどある中でも、正規表現の使い勝手にクセの強いRenamixなんつーの(笑))を使ってますが。
でも、Mac用で、日本語化されてんのだって、いくらでもあると思うんですが、なんだってまた海外版のを、って、そこが謎(笑)。

Vectorで、ザッと検索しても、下記のよーな具合だし。
http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/mac/util/file/name/

いかにシンプルな機能のフリーウェアでも、表示が海外版のは、あんまり使いたくない>σ(^^);


ぐらんぴ2011年05月02日 00:35
>万里さん
あー、なんでそんなフソフトをってたって。(^_^;)
たまたま探したら最初に見つかったから、ってだけのことで。(^_^;)
ものすごくシンプルなソフトなのでprependさえ気にしなければ使い勝手はすごくよいですしね。

Macユーザーの昔からの人って、英語版はそんなに苦じゃないんですね。それこそOSに日本語版が無かっという時代もあったわけですし。
英語版で英語が分からなくてもなんとなく分かって使いこなせる、というのがMacのソフトのいいところです。辞書をひくのはよっぱどの事態かと。
prepend の場合は「意味は分かるけれど、聞いたことがない単語だなあ」と、ちと好奇心が芽生えただけのことで、ふつうのMacユーザーなら気にもしないところでしょう。

ぐらんぴ2011年05月02日 17:07
特にPhotoshopとか Excel とかの有名ソフトを日本語版で使っていると、ヴァージョンアップは英語版で充分という人が多いです。使い勝手が分かってしまうと何も日本語化のために発表が遅れる日本語版を使わずとも……ということになるんですね。

万里2011年05月03日 00:46
>ぐらんぴ へ

うーん。お言葉ですが、それ、絶対、ムリ(笑)。今はムリです。

特に、Office 2003から、2007への断絶がひどかった。
さらに2010へとレガシーフリーでヴァージョンアップした、MS Office は、日本語版でも、あの機能どこいったの? ここにあったはずのメニューはどこ?ってな感じで、職場では、毎週のように、みな悲鳴を上げています。
2007や2010に、2003時代のメニューなどを付加する3000円ほどのアドインが売られていますが、余計、混乱しそうなので、怖くて職場では導入できないし。
2010の英語版なんて、とても使えません、って(~_~;)。

Photoshop も似たよーなもんで、いろんなヴァージョンが出ているけど、正規のアップグレードでは、毎回、毎回、ツールやメニューで、細かい機能があっち行ったり、こっち行ったりで、迷惑きわまりない(個人で正規ユーザだったのは、4.5から5.5までで、その後は法人、つまり職場での正規ユーザですが、CS1とCS5とでは、まるで違う。InDesign などもインタフェースが違って、ますます判りにくいです)。
写真屋がビジネス的に使いものになったのは、5.5あたりから(事実上、アンドゥが無制限になった)だと思いますが、一番、使い勝手がいいのは、6.0Jかなぁ。今でも、自宅では、それですね(笑)。XPでのCS1は重かったし……。
勤め先の共有PCに入れたCS5は、いまだ、殆ど触ってもいない(~_~;)。

まあ、ひょっとしたら、Windows版とMac版は違うのかも知れないけど、どうかなぁ。

いずれにせよ、MS がXML技術とZIP技術でファイルを構成した時点で、Office(むろん、その中には、Word、Excel、pptなども含む)は、まったく過去と訣別しました。
アプリのインタフェースが、まるっきり違う、といった表面的なこと以外に、作成されるファイルが全く互換性がないものになった。中味は、XMLつまりテキストファイルやPNG画像です(<アーカイバユーティリティで中味を見ると、かなり笑える)。それを圧縮して、拡張子だけ、「docx」とか「xlsx」とか称している(ある意味、一太郎3時代にもどった(笑)?)。まるきり別なアプリです。

ま、過去の論理資産を振り捨てて、新しい境地を目指す企業的な意気込み、ないし志向性は、将来的には、評価されるべきかも知れませんが、それに振り回される、末端ユーザとしては、たまったもんぢゃないのであります(笑)。

単機能のフリーソフトが、英語版でも判る、というところまでは、首肯いたしますが、Office となると、ちょっとなぁ。。。

万里2011年05月03日 00:55
追記:
いま、思い出したけど、もっと前に、多言語版のWindows2000とそのOfficeではヒドイ目に合っているんだった>σ(^^)(笑)。

その当時、勤め先には、Win2kマシンが40台ほどあったんですが、うち半分が、多言語版で、ログインの際に、デフォルトでは、「Japanese」のログイン名、パスワードも同じで起動すんだけど、途中で、留学生などが、たとえば「Arabian」とかでログインし直すと、それはアラビア語版になっちゃう、とゆーマシンがあって、あれは往生した。

朝、掃除と点検で行ってみると、画面が見たこともない言語になっている(笑)。
しかも、多言語版だと、たとえば「シャットダウン」とかのメニューが微妙に違うのですね。同じだったら、言語が判らんでも、上から何番目、って感じで押下できるけど、それも効かない。もとの画面にもどすのに大変でした。

XPからは、多言語版(大体、36だか38だかの言語でのログインが可能で、中国語だけで5カ国語くらい、あった)は、そういう販売方式は採らないで、ウェブ上に言語パックをアーカイヴしておき、任意にユーザがそれをダウンロードして、自分のOSを多言語化する、という風に変わったのですが。それもまたシンドイ。

そういえば、Macの多言語化って、どうなってんのかな?

ぐらんぴ2011年05月03日 01:52
>万里さん
えーそうなんですか。MSOfficeの世界ではそうなってるの?(ま、今は高いソフト使ってないから分からないけど)。自分が知るかぎりMacユーザーのなかでそういう混乱があったって知らなかったですねえ。

万里2011年05月03日 19:11
>ぐらんぴ へ

えーっと、ですね(^^;)。

今、調べてみたら、Windows版の2010が、2010年6月17日にリリースされてます。
で、それに対応するMac版の2011が、これはそれ以前のヴァージョンが2008と古かったので久しぶりですが、2010年10月27日にリリースされています。

Mac版は、見たことも触ったこともないため、判りませんが、今んとこ、Mac版の方が新しい、最新版です(笑)。なぜか、この版からアクティヴェーションが必要となった由ですが、うちの大学で契約しているVL版では、アクティヴェート作業は無用で、媒体を貸し出したら、そのまますんなり通りますけどね(笑)。

で、Win版2010から、拡張子に「x」が付くようになり、ファイル構造が、先述のようにXML技術とZIP圧縮技術の応用となり、下位のOffice製品のファイルと全く互換性がなくなりました。互換パックをWebから落としてくれば読めますが。

Macの方で、そうしたファイル構造の変化があったかどうかまでは判りませんけど、たぶん、XML(HTMLと同様、SGMLのサブセット)技術は、これからのIT産業や、それに対応すべき各種ファイル構造の趨勢ですから、Mac版も同様なのではないか、と思われます。

混乱がなかった、というのは、憶測で云って申しわけないですけど、ビジネスシーンでも、そうそう互換性のないファイルのスイート製品は人気がないため、みんな、2003や2007をいまだに使ってる可能性が高いかなと(笑)。
だったら、混乱は起きようはずもない(^^;)。

特に、Windows版でも、ファイル構造とか関係なく、ただ、インタフェースが激変した2007は非常に不人気でした。「ファイル」というメニューがあるべき位置に、なんだか知らないリボンとかいう球体があって、意味不明な改変でしたねー。
で、これに対応するMac版は、2008ですから、わざわざ画面が激変したり、ファイル構造が下位との互換性がなくなったりするのを買い控えする、という可能性は高いでしょう。

もっとも、MacOSXの中でも、レパードとスノーレパードに対応するOfficeは、それぞれ違う、という話も仄聞しています。どれがどれだったか忘れたけど(つか、実機が手もとにないし、実証や検証のしようがない(笑))、少し古いマシンを持ってるユーザが、2011は入らなかったから、といって、うちのカウンターに、2004だか2008を借りに来たことがありました(うちの大学は、大学単位でMSと契約し、学生、教職員は無料でMSのOfficeとOSを利用できるのであります)。

マシンを新しくしたら、否が応でも、新しいXML対応ファイルのOfficeを買うハメになるかも、ですね(~_~;)。困ったもんだ。


σ(^^)は、この春先から、Win7マシンを宛がわれたので、仕方なく、2010を使っていますが、まぁ、2007よりはマシ、というぐらいで、画面の変化への戸惑いは、相変わらずです。
Excelとか弄ってると、本当に、もうこの開発者、殺してやりたい(笑)。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/1823-8bf7f26a

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。