ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本を買うと本棚がもらえる


「週刊現代」の日垣隆氏のコラムの一文に、「出版社や書店はどうして読者に本棚を供給しないのだ」という一節があって、思わずハタと膝を叩いたことであった。

書籍、雑誌を買うということは、それだけの空間を侵食されるということである。大半は処分するとしても、処分できない本は増え続け、それを整理するために書棚が必要になる。まあ安いものもあるけれど、それなりの値段のするものだ。本をキチンと整理する空間がなければ、新しい本を買おうとする意欲にブレーキがかかってくる。とりあえず本棚があれば、それはどこにでも置けてある程度のインテリアになるわけだから、あって邪魔になるものではない。
本を置く場所がなくて処分されるとすると、それは古書市場を潤し新刊本が売れない原因にもなる(アマゾン・マーケットプレイス問題など)。
愛書家ならずとも、常に「本棚が欲しい」と思ってるだろうから、安価でいいから本棚(組み立て式グッド)を売る側が供給することを考えるのは当然であろう。
こういう愛読者心理を、出版社書店は無視してきたわけで、ついには「電子書籍はスペースをとらない」ということで電子書籍端末を増やすことにつながってしまう。

書店なら組合方式で「ポイント方式で何点たまったらこういう本棚をプレゼント」というキャンペーンやってみたらどうなんだろうね。あるいは「この全集買ってくれたらこの本棚」とか。まあそういうのは今までもあったろうけど、間違いは、その全集だけの本棚になってしまうことだ。その全集を入れてなおスペースがなければ意味がない。購読願望を刺激するような本棚販売システムを考えてみたらどうだろうか。
出版社もやはりポイント制でね、一冊ごとにシールがあって、そのシールが何枚でこんな本棚、もう何枚でこんな本棚……というプレゼントシステムは出来ないだろうか。官能小説出してるところだと「ここに官能系本を隠せる特製隠し書棚」とか。(笑)
さらに発展して空いてる倉庫を利用して「蔵書保管サービス」をやってもいい。そういう形で、愛書家の悩みである保管スペース問題をなんとか解決してあげようという、発想の転換(というか展開というか)が考えられないものかな。

「やってもいいけど、そんなことしたら利益が出ない」

と言われたら、そりゃもう二の句は継げないけれど。
まあプレゼントでなくても割引でもいいんだけどね。家具屋と相談すれば出来るんじゃないかなあ。

(写真は館淳一本を全巻揃えている堂玄氏の本棚――館淳一ホームページより)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/182-921d839d

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。