ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

11日~12日 2011年03月12日20:16

一応、心おぼえとして記録しておこう。
夜、ずっと起きていて朝になってベランダ猫に餌をやってからベッドに。宅配に起こされたりしながら13時すぎまで寝てて、起きてコーヒーを呑みながら書斎に入り、ボーッとしていた時にガタガタときた。
カミサンはLDKにいて「わー」と叫ぶ。
初期微動P波が長かったから「直下型じゃないな、だとしたらたいしたことはないだろう」と思ったのつかの間、初期微動がだんだん強くなりついに横揺れS波が来た。たいしたことがないどころか、生まれて初めて味わう大揺れ。
書斎は目の前にも棚、背後にも左右にも書棚がある。こりゃたまらんとLDKにゆき、大きなテーブルのところに。ここは上から落ちてくるもの崩れるものがない。
そこでカミサンと二人でテーブルのところにしゃがみこみながら揺れのおさまるのを待つけど、これがなかなかおさまらない。どころかいっそう激しくなるみたいで、まあ「生きた心地がしない」というのはこのことですね。何をしたらいいのか判断ができない。ただ42インチの液晶テレビが壁際の棚の上にあるので、あれが倒れたらやばいなあ、と思っていたが、そこまでたどり着くのが難しいほど揺れていたので放置。でも「あれが壊れたら損害だなあ」と思っていたところがケチっぽい。
揺れがおさまるまでにカミサンの仕事部屋で壁にたてかけていた小物入れボードが倒れてガラガラがしゃーんとすごい音。あちこちで何かが壊れる音。
「ひー」と首をすくめているうちなんとなく収まってきた。その間、どれぐらいの時間だったのかな。1分のようでもあるし5分のようでもあるし。実際にものすごい揺れがどれぐらい続いたか、測っていた人いますか。

さて被害はどうなったかとおそるおそる点検してみたけれど、派手な音がしたわりに被害は少なかった。私の書斎は本棚の上のほうに重ねておいたバインダー数冊が落ちたのと、積み重ねてあったVHSとベータのビデオカセットの山が崩れただけ。居間にはいろんなものを入れてある観音開きの造り付け戸棚があるけど、その扉は幸い開かず中のものはみな無事。
被害は……ゼロ。コップ一個割れなかった。(*_*;)
あとで知ったが、この時の揺れは「震度5強」と発表されたようだ。これは

大半の人が、物につかまらないと歩くことが難しいなど、行動に支障を感じる。
棚にある食器類や書棚の本で、落ちるものが多くなる。テレビが台から落ちることがある。固定していない家具が倒れることがある。
窓ガラスが割れて落ちることがある。補強されていないブロック塀が崩れることがある。据付けが不十分な自動販売機が倒れることがある。自動車の運転が困難となり、停止する車もある。

という状態だ。まさにこんな状態だったけど、損害がゼロというのは奇跡だった。
理事長としてマンション全体の様子を二度、確認してみたが、電気、水道、ガスのライフラインは問題なく、外壁内壁内装などひび割れ歪みもない。やれやれ。
多くの家庭で東京ガスのメーター内蔵センサーが作動してガスの供給を停止してしまったようだが、我が家のは点けてみたら問題なかった。センサーは働いたけど自動復帰したのか、働かなかったのか、どっちだ。

被害が少なかったのは、やはりマンションでも一階だからだろう。買う時に「地震が怖い、猫を飼いたい」という理由で一階にした。猫は野良猫が山ほどいたのでついに家猫を飼うに至らなかったが、地震対策として一階にしたのは間違っていなかったな~と三十年めにして初めて実感したよ。(笑)戸を開ければそこが大地という安心感は景観を犠牲にしても得難いものだ。

それからはテレビで被災状況を観、 twitter やmixiで他のひとびとのやりとりから情報を得る。
我が家は私の関係が北海道、妻の関係が青森。震源は宮城県ぐらいの太平洋沖だというので、さほど心配はしなかった。向こうもあまり心配しなかった様子。(笑)
妻は姉や妹らと電話で連絡したり受けたりしていたが、北海道の私関係からは今も何も言ってこないし私も何も言わない。(笑)

「津波警報」が出、そのうち沿岸の処々に津波が押し寄せてきて、その光景に圧倒されてずっとテレビの前に釘付けになったのは他の人たちと同じ。
余震があるのに買い物に行く気も失せて、夕食はカレーや冷凍しておいた料理を溶かして簡単に。
結局、テレビを観、ネットで情報を得、知己と連絡をとりあって朝まで起きていた。

心配に思ってメールやメッセージを送っていただいた皆様、ありがとうございました。まあ本がある人は本棚に押しつぶされないかと、互いに心配するんですけどね。
そういう人もいなかったようです。
とにかく外出もせず家にいたのはラッキーでした。馬場の事務所にでも出ていたら、帰るに帰れず、膝が痛いので歩けず、事務所に泊まる羽目になったかもしれません。
ん、事務所の私の机はどうなってるだろう?
コメント
イイネ!(1) 冴月さくら
==============================
コメント

あられ。2011年03月12日 20:29
東京もすごい震度だったのですね。お怪我がなくて何よりです(^O^)
岩手は先程から少しずつ電気が復旧しています。青森も地域によっては戻っているようです。

ぐらんぴ2011年03月12日 20:35
>あられさん
どうもありがとう。こっちに比べたらそちらは半分地獄のような惨状ではないかと。ご同情、お見舞い申しあげます。そちらこそ、ご無事でよかった。
青森市内は今朝から通電したそうです。

竹丸。2011年03月12日 22:37
大きな揺れって3回ありませんでしたか?
僕はたまたまつくばに行っていて、母親と一緒に居て、1回目まさにぐらんぴさんがかかれているように、初期波が長かったんで「これは、遠い所の地震だね」って言ってたかをくくっていたら、強い横揺れが、そこで母親を台所のテーブルの下に押し込みました、ホッとしたのもつかの間、その後2回大きな揺れが来て、その2回目が家では一番ゆれました
冷蔵庫のドアもバタンバタン開いちゃうぐらいでしたよ、本当に怖かったです 
でも、お互いに無事でよかったですね~

ぐらんぴ2011年03月13日 09:24
>竹丸さん
>大きな揺れって3回ありませんでしたか?
なんか収まってからまた来た、という記憶があるんですが、その経過の記憶が残ってないんですよ。(^_^;)
なんかひたすら呆然としていたんですかね。

調べると、確かに三個所で連続して地震が発生してますね。連鎖発生したんだ。

ぐらんぴ2011年03月13日 09:28
事務所のほうはたいしたことはなかったらしいです。いろいろなものが崩れた惨状をダリ夫さんが写真アップしているけど、ふだんと全然変わらない。(笑)まあふだんが地震後のようなもんなので。(;_;)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/1800-b0207344

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん