ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝本清一郎と藤間静枝 2011年03月10日05:02

藤間静枝

(荷風関連です。荷風に興味ないかたはスルーを)

荷風の妻の座を捨てて六年後、藤間静枝(芸者八重次、本名内田八重、のち舞踊家「藤蔭静樹」)は若き慶応ボーイの勝本清一郎と恋愛し同棲します。年齢差は20歳。
この関係がどうやって始まったのか、少なくとも荷風の関与はなかったことは明らかですが、気になりまして、すこしググってみました。
そうしたら「三田文学 勝本清一郎」のキーワードで、昨日mixiからFC2へ転載したばかりの「ぐらんぴ日記」、「荷風と勝本清一郎」が10位ぐらいにヒットしました。(*×*;) とりこみが早いですね。
この場合は自分が書いたことを覚えていますから、前のように腰を抜かすほどビックリしませんが。(笑)

そこで見つけたのが、平成14年に八木書店から発刊された『徳田秋聲全集第三十九巻』の付録小冊子。
ここで立教大教授の石崎等氏が「叡智、モデル、推力 『仮装人物』について(上)」という題で、この二人の関係、ならびに秋聲と山田順子をめぐる関係について言及していました。
当該個所を抜粋します。

>(『仮装人物』のなかで秋聲が言う)「彼等の恋愛」とは雪枝の愛人、吉元と庸三の愛人葉子の新しい恋愛である。今まで清川=吉元のモデルを敢えて伏せてきたのだが、もちろん勝本清一郎のことである。雪枝は藤間静枝。永井荷風と別れた彼女は、当時四〇歳を過ぎていたが、新作舞踊家として活躍していた。勝本は大正一一年一一月の『三田文学』に「藤間静枝女史の芸術――舞踏詩『秋の調』に就て――」を発表、それが機縁で二人の親交が深まり、やがて静枝は勝本を年下の愛人とした。静枝は山田順子の長女(小説では留美子)を自宅に預かり、舞踊を教えていた。『仮装人物』にも描かれているが、秋聲は順子との交際を通して静枝を知り、順子の娘の舞踏発表会で勝本を知った。
 ところで、勝本清一郎は慶応出のマルクス・ボーイであり、当時、颯爽とした気鋭の評論家であった。『仮装人物』の登場人物をすべて仮名にした作者は、仮名の人物が発表した文学作品については改めずにそのまま用いている。勝本の短編『肉体の距離』(昭和二年一月『三田文学』)がそれである。この小説は多少の粉飾はあろうが、勝本が静枝との関係を描いた私小説と読むことができる。
 自由奔放で年上の女優・康子(静枝)は、身体を壊し、腸炎と下痢に悩んでいる。若い昌作(勝本)を愛しながらも、彼の性欲に満足に応えられず、ヒステリックになっている。凶暴な肉体は容赦なく康子を求める。感情的な確執に苦しむ二人は、日光への小旅行を試み、抗争の果てにやがていたわり合い、<肉体の距離>が浄化されていく、という筋の小説だ。秋聲は『仮装人物』の十二章で葉子と「青年」の関係に対する庸三の複雑な心理を描くに際し、「肉体の距離」を引き出す。


そのあと、秋聲は勝本氏について「プロレタリア文学理論を説く時代のスターでもある若い男」と描写しています。とにかく颯爽としていたんですね。今の感覚でいうとマルキストなんて野暮ったいとしか思えないんですが、当時は「マルクス・ボーイ」と称される、時代の先端を行く学問だったんでしょう。

山田順子は娘が静枝の舞踊の弟子でしたから、その縁で秋聲と勝本がからみます。秋聲は静枝とはからまなかったようです。
勝本氏と静枝の関係は数年続いたようですが、断腸亭日乗で荷風は、そのことを知ったばかりのように書いています。(昨日の日記参照)本当にそうだったかは分かりません(荷風は日乗のなかにずいぶんと創作、つまりウソを書いていますので)。

これ以上踏み込むと秋聲の『仮装人物』から三田文学のバックナンバーまで渉猟しなきゃなりません。勝本清一郎と藤間静枝の関係については、ここまでとしておきましょう。

(画像は「藤蔭静枝」のサインがある藤間静枝のブロマイド)
==============================
コメント

ぐらんぴ2011年03月10日 16:38
ここまでくると、誰も関心なくなっちゃうね。さすがに私にしても徳田秋聲なんて読まないし。(苦笑)

ただ推測するだけでしかないが、荷風はやはり、勝本清一郎が元の妻の愛人となったことは不愉快だったのではないだろうか。それが『日乗』での彼の扱い(わざと本名を書かない)に反映していると思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/1799-13afca24

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。