ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敗荷のナンパ  2010年11月11日04:02

荷風と踊り子

荷風とストリッパー

小峰inターミネーター2


前の日記で「蓮」と「荷」は同じものだと書きました。
「荷」(か)は、もともと「蓮」を意味する形成文字。
字典によれば、本来は「何」という文字が「になう」「引き受ける」、そうされるモノとして「荷物」を意味していたのだそうです。
ところが「なに?」という疑問の意味が強くなったので、その代わりに「荷」を使うようになった――とあります。まあ「はす」については「蓮」という字もあるんだから、そっちを使え、ってことで、本来の意味が奪われた文字なんですね。
もちろん完全に意味をとられたわけではなく、「荷」=「蓮」という二文字併行使用というのはずっと続いてきたわけで、昔の人であればだいたい「蓮」という意味があることは分かっていたのではないかと思います。

これが戦後の教育では「荷」は「荷物、かつぐ」という意味にだけ限定されて教えられるようになり、戦後世代では「蓮」は完全に忘れ去られた意味になったようです。読みも「荷物」「重荷」の「に」が真っ先にくる。
「負荷」「荷重」「荷担」などの「か」は一般人には縁の薄い読み。ですから浅草のストリッパーたちも、楽屋にやってくるヘンな爺さんのことを「ニフウさん」と呼んで怪しまなかったわけです。

で、戦後世代のエピソード。
私の友人に「小峰隆生」という人物がいます。映画評論家(ガン・アクションがあるものに限る)で銃の評論家ですかね。単なるガンマニアかもしれない。週刊プレイボーイのライター時代、うかつな発言で宅八郎の反撃を招いてかなりダメージを受けた事件を思い出す人がいるかもしれません。

私がまだ週刊プレイボーイでライターやってるころですが、そのコミネ氏が私のところにやってきて、
「Oさん(私の本名)、これ読めますか」と一枚の名刺を差し出したのです。
下のほうの名前は忘れましたが、ごくふつうの女の子の名。姓のほうが、

荷見

昨日の日記から読まれているかたなら読めますね。
私は荷風愛好家ですから、もちろん読めます。
「読めるけど、これがどうしたの」
「いや、実はかくかくしかじか」

当時独身のコミネは、都内某所の飲み屋で(たぶん昔の『ナジャ』)ある女性と出会いました。
彼好みの魅力たっぷりの女性で、やはり出版関係の仕事をやっているらしい。
話しているうち、どうも「やれるのではないか」と考えたわけですね。向こうも憎からず思ってるようだし。
そこで「やらないか」と口説いたわけです。
むこうは「帰ろうかな、つきあおうかな」と迷っている。私なら帰るけどね。(笑)
しつこくコミネが口説くと、彼女はやおらさっきの名刺を出したわけです。

「私の名前が読めたら、寝てあげる」

喜びいさんで名刺の姓に目をとおしたコミネは、うッと詰まってしまいました。
「ニミ?」「違う」
「カミ?」「違う」
「ニケン?」「違う」
「カケン?」「違う」
「うーん、分からない……(;_;)」「ブー。残念でした」
彼女はさっさと帰ってゆきました。

それでコミネは頭にきて、その名刺を周囲の誰彼に見せて回ったのですが、誰も読めなかったというのですね。
私が教えてあげると、「そんな読み方があるんですか! 反則だ。ルール違反だ。くそー……」と、しばらく悔しがっていましたね。

荷見姓って、そんなに珍しくないような気がしますが、周囲にいればともかく、いなきゃ分からないかもしれませんね。あなたは荷見さんと出会ったことがありますか。

(画像上と中は、戦後、浅草のストリップ劇場に入り浸っていたころの荷風と踊り子たちの写真。石川淳はそもそもこういう荷風が嫌いだったんでしょうね(笑) 踊り子たちは「ニフウさん」「ニフウ先生」と呼んで、荷風は訂正したりしなかったそうで)
(画像下は『ターミネーター2』に出演した小峰隆生氏。この直後撃たれて死ぬ。10秒ほどの名演?)

イイネ!(2) Y嬢 猫神博士

==========
コメント

ぐらんぴ2010年11月11日 04:17
これを読んで私のことを「戦前世代」と思う人がいるかもしれないな。(^_^;)
私もまた「戦後の教育」を受けた戦後世代ですからねえ。(笑)
もちろん荷風を研究する前までは、「荷」が「はす」だなんて分かっちゃいませんでした。

ぐらんぴ2010年11月11日 04:27
コミネは『ターミネーター2』で、どこかの店のなかでターミネーターに殺される役に出演しました。

猫神博士2010年11月11日 09:03
おいらが荷風散人のことを初めて知ったのは中学時代のことで、初見の写真がストリップ嬢たちと一緒に写っているものでしたので、長い間ただのエロじじいとしか思ってなかったのですが、今ではその姿に憧憬を感じるくらいには成長いたしました。

Commander-紫弩2010年11月11日 11:02
高校の同級生に「荷見」君っていた様な気がする・・・・・・

小夏マーマレード2010年11月11日 11:24
知人にはいませんが

川島海荷ちゃんという女優さんがいます

本名だそうですよ

おばあちゃんがつけたみたいですが、

確か
蓮の花からとったと言ってました


うみか


という音はあまりきれいに聞こえないような気もしますが


お花の名前とわかると、イメージは良いですよね

KillerLegs_Aki2010年11月11日 12:24
今の仕事場は珍しい名字がいっぱいなので読めなさそう
なのをリストアップしてみようかな~ヽ(´ー`)ノ

万里2010年11月11日 23:21
コミネ氏は、店ではなく、シュワちゃんが、「I'll be back」と云って数分後に殴り込んだ地方の警察署(主人公が、そこに誤認逮捕で捕まっていた)の廊下で、ショットガンで撃たれて亡くなった(いや、役の上でね(笑))ような気が……。


σ(^^)の世代で、「はすみ」というと、蓮實重彦くらいしか、思いつかんなぁ。それも、元東大学長とかではなく、ゴダール全集で、あっちのシナリオからではなく、(おそらく)映画館の暗闇でメモをとって、そこから「完全版シナリオ」を起こした無名時代の蓮實氏のほうね(笑)。


Wikipedia の「川島海荷」の項目によると――、

「海に咲く蓮の花という誰も見たことのない光景を秘めた名前に本人は「すごく気に入っています。響きもかわいいし、海も花も大好き」と語っている」

――そうです。
ただ、この出典は、スポニチなんだけど、命名は父親、とありますね。
(父系の女性全員が「海」の文字の名前なんだそうです)

いずれにせよキレイな名前だし、海荷ちゃんは可愛いし、諒としませう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/1745-c162a344

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。