ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトルの話 2010年11月07日16:48

編集から「もう時間が無いので、タイトルも早く決めたい」というので、
「母と娘の話なので『母と娘』だなあ」
「……」
「何か問題でも」
「ありますよ。母と娘の何の話か分からないでしょッ」(まあ官能小説のタイトルで中身を表しているのなんて無いでしょうに)
「あのね、夏目漱石はね、『門』というタイトルで長篇小説書いたんだよ。門ですよ、門。中身がどうのこうのという問題はここにありません。タイトルだけで自立していいんです」
「館さんが夏目漱石のような文豪なら門でもドアでも裏口でもいいですけど」
「ぎゃふん」

漱石の『門』は有名なエピソードがある。
その時『それから』にかかっていた漱石は、朝日新聞から「予告をするので次の作品のタイトルだけでも先にくれないか」と言われた。漱石は弱った。次の作品のことなんか頭にない。今の作品を完結させることに没頭していたから。
そこで門下生筆頭の森田草平を呼んだ。
「私は忙しくて次のタイトルを考えてるヒマはない。おまえたちが何か考えてくれ」
「はあ、それはいいですが、どういうお話になるんでしょうか」
「そんなこと考えとらん」
「そ、そ、そんなむちゃくちゃな……(*_*;)」
「いいから考えるのだ。あとは私がなんとかする」

森田草平、仕方なく門下生を集めていろいろ考えました。何を書くか分からないのだから「乙女の試練」なんてのつけるわけには行きません。乙女が出てこなかったら大変なことになる。
「どんなことを書いてもあてはまるタイトルは何だろうか」
いろいろ考えて出てきたのが「門」なんですね。

「先生、これはどうですか」
「おお、「門」か。なるほど、これならどんな話でも書けるな。よしよし、これにしよう」
文豪もいい加減なもんです。(笑)

「門」は忘れ難い作品ですね。ただし青少年時代に読んでもダメです。中高年になって初めてあの夫婦の世界が分かる。実際、漱石鴎外は「子供には分からない」作品ばかり。中高の国語の教科書から失せたというのは、最初は怒ったけど、今では納得。


イイネ!(1) むー

コメント(mixi転送分)

ぐらんぴ2010年11月07日 17:06
漱石の一番弟子とされる森田草平、いまの読書人でも彼の作品を読んでる人がどれだけいるか。私も読んでません。
でもこの男、他の事件で世に知られています。日本のフェミニズム運動のさきがけ、平塚らいてうと恋愛して心中しようとしたんですね。ところが失敗してしまった。(塩原事件)どっちも生き残ったけれど、当時は世間をおおいに騒がせ、ぺいぺいの三文文士の名が知れ渡った。

平塚らいてう

(画像は平塚らいてう。「男ぎらい」(つまりレズ)と思われていた気の強い美少女は白皙の大学講師、森田草平と恋に落ち、雪の塩原で心中未遂事件を起こし世に騒がれた)


この時、森田は大学講師。妻子あり。
後に漱石がアドバイスして、この心中未遂事件を自分で小説化して朝日新聞に連載(『煤煙』)したんですが、全然ぱッとしませんで、森田草平の名は「漱石の門下生のひとり」としてしか残りませんでした。

思うに、この『煤煙』というタイトルがいけなかった。ちっとも面白そうではない。『梅園』のほうがよかった。いや、そんな話ではないのだけれど、雪の塩原峠の心中行、もっとロマンティックなタイトルつければ売れっ子になったと……思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/1740-4b3ade4e

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。