ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敗者復活戦は幸楽苑で2分半

日曜は六本木『麺匠・竹虎』で10分以上待たされて納得できないラーメン食わされてどうもモヤモヤしてる。確かに腹いっぱいになったけど、なんか「あー、ラーメン食った!」という気がしない。
ほんで今日は六本木で昼めし。
いつもは交差点を二、三軒ミッドタウン寄り左側、二階にある『おはち』で和食系定食食べるんだけど、気がついたら通りこしている。『かつ屋』の前に出ちまった。あぶないあぶない。ちきんカツ麻婆豆腐かけ丼というの旨そうだったけどパス。平気で1000キロカロリーはあるよ。(;_;)
「へんだな~」と戻ってみたら、な、な、なんと、『おはち』は撤退していた。(*_*;) 落ち着いてご飯モノ食べられる店だったのに。(;_;)
六本木おはちに何があった。まあそんなに入ってる様子はなかったけど、ガラガラでもなかったと思うが。
さて、ではどうするか。『富士そば』に食指が動かないでもなかったけど、ここでふと思い出した。
そうだラーメン復活戦や!
といっても名店はこりごりだ。オペレーションがどうのこうので遅くてイライラするのはイヤだ。
で、入ったのはご贔屓『幸楽苑』。いつもは五目野菜ラーメン590円だけど、なにかご飯モノが欲しくて、味噌ラーメン+半チャーハンセットの650円。(税込みで682円になる)
もちろん麺は半分、チャーハンも半分残すつもりですよ。はい。
時刻は2時。ランチタイムの喧噪は過ぎたけど店内は30人ぐらい、ほどほどに客は入ってる。
テーブルに座って注文。ちょいと時刻を確認。それからメニューをちょいちょいと見て「餃子30個が399円持ち帰り、ひー、これお得」なんて感心してて、ふと目を上げたら女子店員が麺の丼とチャーハンの皿をもって近づいてくる。
「ふーん、おれより先に同じものを頼んだやつがいるんだな」と思った。私の背後にそれを頼んだ客がいるものとばかり。そしたら私のテーブルに置かれた。
「お待たせしましたあ。味噌ラーメンにチャーハンです」
ひいいい。2分と少しですぜい。2分半にならない。カップラーメンより早い。(*_*;)
まあチャーハンはここは自動炒め機を使ってるから早いのは分かるんだけど、ラーメンも早すぎないか。作りおきしてるんじゃないか(まさか)。

慣れた味ですからね、パクパク食べましたよ。飽きることはありませんね。気がついたらラーメン完食、チャーハンは5分の1ぐらい残しでブレーキ。
とほほ、カロリーオーバーですね。(;_;)それだけパクパク食えたということ。
やはりラーメンはオペレーションもへちまもありませんね。パパッと作ってパパッと出す。パパッと食う。それが命です。おわり。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/1734-4c06722c

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。