ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

六本木の新規開店ラーメン店

六本木「麺匠・竹虎」

先週の日曜、六本木の『ドン・キホーテ』に行く途中、ラーメン屋が新規開店してるのに気づいた。
よく知られている『つるとんたん』の少し飯倉より。
「ほうー、こんなところにラーメン屋」
しかし店がまえがね、ラーメン屋という感じではない。どう見ても中華料理店中華レストランという感じ。
私や初めての食い物屋に入る時、臆する癖があって、『つるとんたん』も店がまえに気圧されてなかなか入れず、ようやく今年になって人に連れてってもらって入れたぐらいのもんである。
ひとりだとなかなか入りにくい面構え、じゃない店構え。
この時はどうも勇気がなくて入れなかった。いや噂には聞いていた。 twitter かな。新宿で人気の店だったとか。
店名の前に「麺匠」とつく。それだけで敷居が二段ぐらい高くなる。もう少しちゃんとした服着てる時にしようと思った。
で一週間後の日曜日、また『ドン・キホーテ』で買い物する用事があったので、空腹でもあったし、意を決して突入しましたよ、『麺匠・竹虎』
「なに、たかがラーメン屋じゃないか。何をおどおどすることがある」
とおっかなびっくりドアを開けると……。

店員が出てきて「お一人さまですか、お待ちください」と待合所(写真ではガラスの大窓のところ)に座らせられたけど、いや、入ったところから店内が見えないんだよね。
ラーメン屋の感じじゃない。(;_;)
待ってる若いカップルがひと組。
待合所でどっしりした豪華な作りのメニュー渡されて、

帰ろうか。

後悔しましたよ、すでに。(;_;)
雰囲気がね、外から見たとおりの中華ダイニング。
メニューはね、そりゃラーメンが何種かあるけれど、他のメニューが酒と肴。
つまりはいろんなもの頼んでしっかりお金を使ってちょうだい、いや、使え、という雰囲気が頭からずっしり。(;_;)
あの私、昼からいろんなもの食べる気は毛頭ないんですけど。

で、聞こえるのはモダンジャズ
はい私、モダンジャズは好きですけど、ラーメン食べる時には聴きたくないです。(;_;)
でも多いんだよね最近、モダンジャズかけるラーメン屋。かんべんしてください。
待ってる間に「ここはただのラーメン屋じゃないぞ」感がひしひし。「まいったなあ、こんなつもりじゃなかったのに」
店員の目を盗んで本気で逃げだそうとしていると呼びにきた。まあたっぷり10分待たされました。


妙な通路(店内がわざと見えないようにしてある)を導かれてカウンター席に。そこで分かったのは、カウンター席以外はテーブル席はみんな個室しつらえになっているのね。これは客の配分が難しい。全部で10ある。もちろん一人客はカウンター。カップルでも入れないでカウンターで食ってるのが。

仕方ないから注文しましたよ。人気は「裏竹虎」というつけ麺にラーメン950円だけどギトギトこってりしてそう。一番あっさりふうの虎ダレ醤油ラーメン800円に。
「当店では1000円以下のご注文のかたは割り増し料金がついてちょうど1000円になるようになってますが」
と言われるかと思ったけど、まあ、受け付けてくれた。

店内は暗い。メニューが読めないほどではないけど、ラーメン屋がこんなに薄暗くてどうするの、という感じ。何かじとーッと暗いだけで食欲が薄れてきそう。

オープンキッチンなのでなかが見えるけど、スタッフが多い。ホールスタッフもいれると10人以上いるんじゃないかしら。それがワーワーと叫びながらラーメンやら餃子を作ってる。
うるさい。
例の体育会系飲食店ですな。
モダンジャズが聞こえないぐらいうるさい。

出てこない。

厨房のなかではわあわあがーがー大声で命令やら確認やらする声が飛び交ってみんな忙しく立ち働いているように見えるのだが、

出てこない。

カウンターに案内された時、半分ぐらいしか座ってないので、「こんなに空いてるんなら早く案内すればいいのに」と思ったのだが、
厨房を見ていると分かった。

オーダーをこなせない。

開店当日はそうとうてんやわんやがあったらしいが(ネットのレビューによる)、今日は3週間ぐらいたってる。それでもスムーズに料理(といってもラーメンだけど)が出て来ない。

出てきたのは10分ぐらいたってから。
ラーメンを食うのに10分というのは、ちょっと長すぎないか。私のあとにカウンターに座った子も、こっちが心配になるほど出てこない。私が帰るころにようやく出てきたが、私以上に待たされた気がするね。

水を運んできた時に麺を揚げたようなものが杯みたいなのに入れて出てくる。なに、指でひとつまみぐらいのものなんだけど、それでも無かったら暴れるやつが出てくるんじゃないか。
どうしてこんなに時間と手間がかかるのかサッパリ分からない。
厨房を仕切ってるコック(というのか麺匠というのか)は赤髪に染めてシャツの前をはだけて胸には金ピカのペンダント。いや、外見で判断してはいけないけどね、麺匠というイメージではありません。

で来ましたよ。醤油ラー麺が。
能書きはいろいろ書かれてるけど、最初の一口ふた口は旨いほうだと思いましたよ。ええ、ちょっと脂ぎってるけど。チャーシューも旨いほう。

虎ダレ醤油ラーメン

でもね。決して量は多くないのに、なぜか中途で飽きてくるんだね。私も年取って若い頃のように脂ぎったものは食べられなくなって、そのせいかなと思うんだけれど。
いや、決して店の味をどうこう言うんじゃないけど。
チャーシューはこれぐらい量出すところはいくらでもあるし、他の具は多くない。なぜだ。

箸が動かなくなる。

ともかく全部麺は食べましたけどね。

なにか間違ってる。

そんな印象を抱きながら店を出ました。満腹はしたからいいんですけどね、ええ、ラーメン食うのにこんなに疲れるとは。

帰ってきてぐるナビなどレビューを観たら、「飽きる」という声が何人かから。私の胃袋の調子ばかりではなさそうですね。
開店直後まだ本調子が出てないのかもしれませんが、どうもうまく味を出す軌道に乗ってないんでしょうか。
私やうるさいこと言わない人なんですよ。ただラーメン、頼んだらパッと出てきて、それをズズッと食べてスープギャブと飲んで、「ごちそうさま」でいいんですけどね。
六本木はやはり、『幸楽苑』の野菜ラーメンが私向きですかね。500円ちょっとですけど。

夜遅く、六本木で彼女と遊んで酒飲んで、帰り際の〆にという客狙いなんでしょうねえ。出来れば芸能人タレントさんのご用達にしてほしい。そんな媚が見え見え、と言ったら悪口になるでしょうか(なるよな)。
ま、そういった店ということでしょうかねえ。
ええ、入った私が悪かったんです。店に罪はないです(あると思うけど)。
スポンサーサイト

コメント

mixiコメント(転送)

ヒダルマがんちゃん2010年11月01日 02:37
うーん、これはラーメン屋とは言えませんね!

場所柄、家賃とか内装費とか考えるなら、それもいたしかたないのでしょうが?

ただ、ラーメンというジャンクフードはワンコインで・・・。
ワンコインでは最近は難しいでしょうがお札でお釣りをもらえる金額で気張らない食べ物であるべきだと思います♪

ぐらんぴ2010年11月01日 02:38
ラーメン屋というと「のれん」なんですけどね、そういやここはのれんじゃないですね。レストラン酒場ふうの重厚な木の扉です。『幸楽苑』ものれんはありませんが、あそこは自動ドアですから。
やはりラーメン屋ならのれんをかけて欲しいですよねえ。

みう2010年11月01日 02:38
博多の人間的には、ラーメンは『早い安いそこそこ旨い』が鉄則です。
すごく美味しくなくても早いほうがよいです。
そしてワンコイン以内は譲れません。

ぐらんぴ2010年11月01日 02:47
>ひだるまガンちゃんさん
確かに場所代がありますよね。外苑東通りに面してですから。
しかしコンセプトがどうなんでしょうか。個室重点にしたのはカップル、グループ客が酒飲みながら何千円も払う、という形態を考えてるんだろうと思うけど、そこで体育会系的にギャーギャーわめくのはどうかと。それだったら静かにモダンジャズ聴かせて。(;_;)

ぐらんぴ2010年11月01日 03:10
>みうさん
そこが「麺匠」と肩書きつけるところの所以なんでしょうかねえ。「そこらっちのラーメン屋と違うんでえ。覚悟して来いや」と赤髪麺匠が威張ってる。いや別にそう言ったわけではないんですが、態度がそう見える。
最近のラーメン屋、そういう肩書きつけるところが多いですね。差別化して高い金とりたいんでしょうが。そのうち「麺聖」とか「麺神」とか出てくるんじゃ。

うみの2010年11月01日 03:46
シンプルな、ほんと素朴な醤油ラーメンが食べたいときに
なかなかそういうお店が無くて、疲れちゃうほどの背脂ぎとぎとに
サカナ粉もふもっふなラーメンは辛いです。
もー、醤油、ほんとつまんない醤油ラーメンたべたいー!

ぐらんぴ2010年11月01日 10:34
>うみのさん
そうなんですよね、最近の高額ラーメン店は「これでもか」というぐらいダシに手間ひまかけてるので、その結果、「飽き」てしまうんだと思います。鶏ガラとちょっと野菜でいいのに。化学調味料たっぷりというのはごめんだけど。
私は最近、もう「あっさり味」になっちゃいましたから、ダシにこりすぎ背脂ギトギトのお店は敬遠です。

ぐらんぴ2010年11月01日 10:45
店のコンセプトはどうも『つるとんたん』の行き方を狙ってるんでしょうかね。だとしたら厨房でがーがー怒鳴りわめき走りまわるのはやめたほうがいいと思うけどね。ひっそりしめやかに息を殺して作るラーメンが六本木有名人ご用達には合ってると思うよ。

ぐらんぴ2010年11月01日 11:23
レビュー見てたら、開店当日に行った客から「店員の接客態度がなってない。私語が多いし笑いながら作ってる。ミスをしても謝らない」とか書かれててオーナーから叱られたんじゃないかな。それでヤケになってがあがあ体育会系に怒鳴り合うことにしたんじゃないかと。接客態度も必要以上にうやうやしくて、それはそれで鬱陶しいもんですけどね。

くまくま('(ェ)')2010年11月01日 11:26
お疲れさまでした。
たかがラーメンに高い金取られて、気分害して、おまけに美味くもない、じゃ散々でしたね。

ぐらんぴさんがおっしゃる通り、客として想定している対象が明確で、
コレはコレで重宝されるんでしょうね(笑


ぐらんぴ2010年11月01日 11:35
>くまくま('(ェ)')さん
ええ、そうなんですけどね、だったら昼間は閉店して夜開けよ、と言いたい。(;_;)
ぼくの前に入ったカップルなんか、明らかに六本木に慣れてない子たちで、ぼく以上にビビってましたわ。(笑)
このならび、ラーメン屋ならもっと入りやすい店いろいろあるんですよ。どこの盛り場でもそうですが、六本木もすさまじいラーメン屋激戦区。このお店、どこまでもつか、楽しみに見守りましょう。(冷笑)

ぐらんぴ2010年11月01日 11:38
しかし、あれだけ従業員がいて、コスト的に儲かるかなあと、まずそれが心配。私の近くの「ずんどう屋」はそこそこ旨くてそこそこ客が入ってますが、スタッフは内側だけで二人です。注文と同時に金を払う前払い制。モダンジャズなし。従業員同士沈黙で目配せで粛々と作って静かでいいです。『竹虎』より200円は安いし。

Fumika2010年11月01日 12:00
つけ麺等を手掛ける1000円平均のラーメン屋さんは、オペレーションに時間がかかる店が多いように思います。
行列で待たされて入ってみると、席数も少なく1杯の完成に時間がかかるので、回転率が悪いだけなんですよね。
それで単価も高くなるのかと推測しています。

私は幸楽苑では中華そば290円が好きです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/1732-5c1a4655

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん