ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海上郵便サービス



と聞いて「ははあ」と思われる人は、まあこの世で5人ぐらいしかいないと思うが。(^_^;)

この語がいきなり目に飛び込んできたのは『性的なことば』(井上章一、斎藤光、澁谷知美、三橋順子編、講談社現代新書、2010/1/20)をパラパラめくっていて。まあ、気になることばから見てゆくと、どうしても私は女装関係になりますわね。

で三橋順子さん(女装論壇の第一人者ですかね)が担当した【シーメール】の項を「ふんふん、なるほどー」と思いながら読んでいたわけです。

私のような「自分では女装しないけれど女装者に興味と関心を抱く」女装者愛好者というのは、実に古くから存在していたんですね。だから歌舞伎のような女形文化が花開き、現代に至る女装文化が深く根ざした。私がいるから女装界があるんですな、ははは。(笑)

三橋女史によれば、80年代末に日本に導入されたシーメールという新しい概念をもつトランスベスタイトを指し示す語が今にいたるまで遂に一般化されない理由は「ニューハーフ」とか「Mr.レディ」という語が出来たからなんですって。もう、うるさく言ってるんだけど、性器まで改造手術したのがニューハーフ、男性器はそのままのシーメールとは違う概念なんだけど、世間様はどっちもおんなじ、どうでもいいってことで、シーメールはついに死語化してゆくのであった――ということなのね。本当にもうイヤだわ。
ふむ、そういえば『シーメール白書』が潰れてしまった。むべなるかな。

で、この項目の最後を見たら、
(『ふたば君チェンジ』の主人公「締留(しめる)ふたば」という名がシーメールのシャレだということに関して)

>シャレと言えば、……女装絡みのSMフェチ小説で知られる館淳一の作品『シルク・レディの辱獣日記』(S&Mスナイパー連載、1988)で、シーメール売春組織の隠蓑になっている会社名が「海上郵便サービス」になっていることを思い出した。オジさんが考えるギャグは、あまり大差はないようだ。

ええ、私やどうせオジさんですよ。とほほ。(;_;)
しかし『シルク・レディ』以前に、『海上郵便サービス」は使っているんですがねえ。

(左写真は三橋順子さん、右写真は画像検索してたらぶち当たった『ニューハーフ倶楽部』(廃刊)の表紙。香住姐さんは色っぽかったわねえ(笑))
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/166-1643400d

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。