ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

作家と図書館の問題

作家のマイミクさんと図書館司書のマイミクさんとの間で見解の相違があって、どちらの日記に書き込んでも何なので、自分の日記で書いておこう。
つまり「エンターティンメントのような一般書店で手に入るような書籍を図書館が購入して閲覧に供する」のはいかがなものかという問題である。

作家の側からすれば、それをやられると、本来売れるべきはずの冊数がそれだけ減るわけで、減収になる(増刷がかかりにくい)。だから古いものはともかく新刊を図書館で購入するのはやめてほしいという希望が出る。
文藝家協会などでも、特に売れっ子ベストセラー作家にその声が高い。

図書館の側からすれば、「一般書店にない稀覯本、専門書、学術書」などばかりに特化してしまえば、地域の住民のニーズに応えられない、ということになる。図書館を訪ねる人は激減することになるだろう。
図書館がガラガラになれば、図書館の存在意義自体が問われるし司書も職場を追われることになる。

さて難しい問題である。一概に「低廉通俗の書籍は本屋で買え」と言っていいものか。
私など、かつては(現在でもたぶんにそうだが)ふつうの書店ではなかなか見つからないし、あっても買いにくい種類の本を書いている作家からしてみれば、
図書館に置かれるだけでもうらやましい
これが本音だ。

生活はそこそこ成り立てばそれでいい。(まあ今でも成り立ちにくいんだけど、それは図書館とは関係ない理由だ)何より自分の作品がひとりでも多くの人の目に触れて欲しいと昔から考えていた。だから自分のサイトでフリーダウンロードというのも試みてきた。
出版社にいた経験で、返品されてきた書籍が断裁に回される現場も見てきた。悲惨なものである。せっかくの汗水の結晶が古紙となって再生紙の原料になっちまうんである。それだったらただでもいいからどっかにバラまいて欲しい(男子高校の周辺を希望)。まあそんなことやってたらよけいにクビを締めることになるんだが、誰も読んでくれないことぐらい「売れない作家」にとって苦痛でみじめなことはない。
だから図書館に置いてもらえるクラスというかジャンルの作家はうらやましいんである。

「それはおまえの都合だろう。だったら手に入りやすいジャンルの作品を書けばいいのだ」と言われるかもしれない。いや、それはそれでまったく正しいので反論のしようもない。(^_^;)

だから私はこの問題については、ほとんど発言権がなさそうだ。よって自分の日記でぐちぐちつぶやくしかない。
この問題の解決法はあるのかしらねえ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/158-f28ae31e

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん