ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀井大臣のマスコミ批判は痛快だな。

言いたい放題、記者団を翻弄している。
以下はたぶん定例記者会見。

日本インターネット新聞社の田中と申します。

一部の閣僚の間から、解散総選挙で衆・参ダブル(選挙)の声も上がっております。
何となれば、民主党にも確かに逆風が吹いていますが、
資金力、ここまでは自民党もみんなの党も持っておりますね。
そこでもう、肉を切らせて骨を断つ小沢(民主党幹事長)さんの戦略で、あるのではないかと、
ダブル(選挙)があるのではないか、という見方も結構出ているのですが、
大臣はどう見ておられますか。

答)
それはまず、解散権は総理にあることですからね。私は、他の閣僚がそんなことに言及すること自体、すべきことではないと思いますよ。すべきことではありません。政治論としてどうだこうだという議論はありますけれども、それは総理の専権事項ですから。

問)
でも、普天間で、もし総理が追い込まれて…。

答)
追い込まれっこないのですから。
あなたたちは、要らんお節介をしているのですよ。
追い込まれれば良いと思っている。今のマスコミは全部そうですよ。
追い込まれれば良いと思っているからワーとやって。アメリカとの約束も、
「あなたおしまいよ」みたいな。アメリカがそんなことを思っているわけがないではないですか。
付き合いにくい政権ができたと思っていますよ、もちろん(笑)。
自・公と違って。当たり前ですよ。去年の5月からもうわかっています。
「亀井静香をCIAが暗殺せん限りは、新しい政権は思うようにならんよ」と、
セイモアやベイダー特別補佐官に言ってきてやったのです。
やっかいな政権ができたと思っていても、付き合わなければいけないと。

日本という政権が自由主義社会の重要な一員として存在する以上は、
アメリカと良好な関係を持たなければいけないわけでしょう。
アメリカの利益のためにもね。また、いわゆる発展途上国ではあるまいし、
政権を転覆することなんかできませんよ、アメリカの力でね。
結局、最低限うまく付き合わなければいけないわけでしょう。
うまく付き合うには、やはり鳩山政権の立場もきちんと尊重しながら、
考え方も尊重して、両国がよく協議をしてあらゆることについて結論を出さないと。
アメリカだけの要望どおりにいくわけがない(という)ことは、
ホワイトハウスが一番分かっている話です。
オバマ大統領が一番分かっている話です。
だから、オバマ大統領は総理と会ってもいろいろなことを言わないでしょう。
断定的なことを言わない。「こうして、ああしてくれ」と言わないでしょう。
それを「言い方が曖昧だ」とか、「不快に思っているのではないか」、「不信感」とか、
日本のマスコミが勝手に言っているのです。
日本のマスコミは亡国ですよ。日本のマスコミがそんなことを言って良いのですか。
おかしいと思いますよ。


ワシントンポストみたいな一新聞社が、我が国を侮辱するみたいなことを言って、
総理を侮辱するようなことに対して、それを(日本のマスコミが)日本に紹介して、
「ほーれ見ろ、総理、アメリカの信用がないではないか」とか
「アメリカが馬鹿にしているではないか」とか、これが日本のマスコミの言うことか、
ということですよ。そう思わないですか。

副大臣)
本当にそうですね。読売新聞も、「Can you follow through?」というのを大見出しで、
「あなたは責任がとれるのか」と。これは、正確な訳だと思いますか。
おかしいでしょう。天下の新聞が、一面大見出しで書いているわけでしょう。

答)
だからそれは、私は、今度、
恒さん(渡邉恒雄 読売新聞グループ本社代表取締役会長)に会ったら
言ってやろうと思っている(くらいな)のです。
私は、偏狭な愛国心とか、偏狭なナショナリズムとは無縁な男ですよ。
ある意味では、それと戦わなければいけないと思っているのですけれどもね。
あまりにもひどすぎるのではないですか。
日本を貶(おとし)めること、鳩山総理を貶めることが、
国を愛することにつながっていくのですか。日本を良くすることにつながっていくのですか。

問)
これまでの政権は自分らの思い通りになりましたからね。

答)
そうです。だから、「かわいこちゃん」でしょう。
そんなもの、去年の5月に(アメリカに)行って予告してやったのです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/145-b8e1940a

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。