ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

ACT OF GOD


訳すと「神の御業(みわざ)」とでもなりますか。
この言葉をつくづく知ったのは、ええと、何年も前のこと、地中海のマヨルカ島からバルセロナへフェリーで航海していた時です。
夜になったし窓のない客室だったので、眠れないで退屈だったので、つれづれなるままに船室の壁に貼ってあった「運送約款」みたいな英文の掲示を眺めていました。
何か支障事故があった時に船会社が損害を賠償しなければならない場合の免責条項が書いてあって、たとえば「テロリストの襲撃を受けた」「他の運輸機関のストライキがあった」時などは、船会社は損害を賠償しなくていいんですね。英語だからなかなかすんなり理解できない部分もあったけど、まあだいたい「なるほどね」と理解できるもの。
そういった免責条項の最後に、

ACT OF GOD

と記されているわけです。「神さまの行為(による損害)はこれを免責とする」ってことですね。
どうも GODが気になる。しかも掲示の場合は赤い文字でしかもゴチック体とかで記されている。
最初はピンとこなかったですね。こちら仏教徒ですから。(笑)
「神様がなされたらそれは仕方ない。責任を問うな」
なんかキリスト教的な神GODに縁のない我々にはピンときませんでした。文脈を考えるとなんとなく「天変地異=天災」のことだろうと思いましたけどね。
しかし運送約款というのは人間同士の契約でしょう。そこに神様をいきなり持ち出すというのは、なんかルール違反のような気がしませんか。(笑)

それから気になって機会あるごとに英文の保険とか約款を読んでみると、必ず最後に「ACT OF GODは免責」と記されています。つまり「天災」はもう人間の手に負えない、大自然のやったことは誰も責任がとれない、ということで、この場合のGODは、われわれが言う「天」「天道」みたいなものですかね。だから「天災」か。

忘れていたのを思い出させたのは、アイスランドの火山噴火でヨーロッパ一円の航空路が寸断されて飛行機が飛べなくなったこと。ふつうなら損害は保険で賠償されますが、アイスランド噴火の影響で損害を受けてもどこの保険会社も弁償はしてくれないのですね。その時適用されるのが「ACT OF GOD条項」というわけです。
まあ日本語では「天災の場合は免責」と書かれてるので、そこは同じなんですがね。
イスラームの民が「アラーの神の思し召し」と両手をあげている姿がつい想像されてしまうんですよね。

そんだけ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/129-0fa65f2b

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん