ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽ファンが「天声人語」に怒ってる

今朝の朝日を広げて「天声人語」を読んだらうんにょり((C)狐氏)した。厭きることない鳩山批判。
その枕がストラビンスキーときた。自分は音楽のこともよく知ってるんだぞ、と自慢したいんでしょうな。

>聴くのは楽しいが、ストラビンスキーの「春の祭典」は指揮者には難曲中の難曲らしい。故岩城宏之さんは豪州での本番の舞台で、演奏が途中で止る大失態を演じてしまった▼曲は不協和音が連続して複雑だ。岩城さんによれば、疲れ果てたラストに最大の難所がくるという。そこで指揮棒を振り間違えて演奏は「崩壊」した。音の消えた会場は凍りつき、体がガクガク震えた。途中からやり直したが、恥じ入るほかはなかったそうだ。

ここまで読めば、「さて」から始まる本論と結論は読まなくても分かる。「鳩山首相の棒さばきは失敗。最初から楽譜もなかった」と叩きまくる。
どうも妙なのだな。県外国外と言えば叩くし元の案に戻せば叩くし、いったいどうしろというのだろう。いや、何をやっても叩きたいのだろう。ダブルスタンダードを新聞の論調は適用している。

それはさておき twitter のほうで音楽ファンが憤っていた。

amneris84 朝日の「天声人語」に、指揮者の故岩城宏之さんがストラヴィンスキーの《春の祭典》を振り間違えた話が出ている。これを書くなら、最後までちゃんと書いて欲しい。オケが止まった後、岩城さんは何が起きたか分からない聴衆に向かって「私が間違えました」と謝った。(続く)

amneris84 オケのせいにせず、自らの責任を明確にしたことで、団員たちは岩城さんへの信頼をさらに増した、と語っていた。オーストリアでの出来事。失敗は誰にもあるだろうが、その後の対応がこの話のポイント。なのに、なぜそれを省いたのか?「天声人語」の筆者に問いたい。


amneris84氏の指摘したように、「天声人語」の筆者はわざとポイントを外している。失敗からいかにリカバリーをはかるか、岩城が言いたかったのはそこで、それは「自分の失策、責任を認める」ということだ。鳩山は認めていないのか。認めているだろう。ならば、このエピソードを引用するなら違った結論にもってゆけるはず。それをあえて無視して「失敗した失敗した。やーい」とはやしたてるのは、小学校のいじめ児童とたいして違いはない。

まあ、ここで私が怒っても仕方がないけど、うんにょりするわねえ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/115-b50cd6be

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (64)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (11)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (6)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (5)
雑学(モノコト) (8)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (10)
SM (2)
路上観察 (13)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (6)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (3)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (1)
映画 映像 (2)
料理 酒 (3)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。