ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

アイリーン・アドラー



13日は文芸家クラブの懇親会。いつもの日本橋のレストランで。
じりじりと参加者が減ってきて、そのわりには官能系の若手作家も増えてきて、なんだか数年前とは顔ぶれがずいぶん違ってきた。でもやはりもう少し賑やかに人が来ればいいのに。
理事のむーさんが「責任上」と料理をせっせと食べていたが(ふだんは私同様、あまり手をつけない)、どうしても余ってしまう。こんなに残してお天道さまのバチが当たるのではないかと思うぐらい残ってしまう。最後にゲームか何かやって負けた人間数人に罰ゲームとして余った料理をみな食わせたらどうか。

どれぐらい残っているかは会も終わりころの左側の写真。背景に注意してね。
豊かなバストの持ち主は初めて紙の本デビューを果たした作家さん。
http://amzn.to/dmvIq4
http://musosha.hondana.jp/book/b62364.html
『バイブと純愛』。いいタイトルじゃないですか。(^_^)

終わってから、おねえちゃまに頼んで銀座『アイリーン・アドラー』に案内してもらう。
名前は言うまでもなくシャーロック・ホームズに登場する謎の美女から。
以前は銀座の迷路のようなところにあった。その時に何度か店は訪ねている。ここのママさんは有名だからあちこちで名が出るけれど、それ以後、ちょっと私の関係のほうでいろいろあって、移転したと聞いても一人で出かける勇気がなくて、随伴していってもらった。でないと何が飛んでくるか分からない。

まあ当時から魔女と恐れられていたママは10年ぶりに見るとますます魔女化して魔女度120パーセント。幸い皿は飛んでこなかったけれど、あいさつがわりのびんたは二、三発。いやここはSMバーではないんですよ。(^_^;)

まあ久闊を叙したということで。「また来てね」と言われたけれど、やはりそうは行かないよね。銀座だもの。
ここによく来る文芸評論家のТ氏の名を出したらママの顔色が変わって「あの人は最低の人間よ」。以下略。しかし驚いたね、そんな人間だったのか。文章読む目が変わってしまうじゃないか。

むーさんが『シャルマン』にいるというのでY嬢さんとおねえちゃまと合流。某有名作家O氏が誕生祝い。しかしいつ行ってもこの人がいるというのはどういうことだ。毎日通っているのだろうか。銀座で毎日呑むためにはいくら稼げばいいのだろう。

最後はむーさんのタクシーに便乗して帰宅。記憶にないのだけれど、そのあとウイスキーを飲んでたらしい。なぜか帰宅してから呑み足すことが多い。必然的に深酒になってしまう。いけないことです。

というわけで土曜日は二日酔い。一日ごろごろ寝ては起き。
書かなくてもよくなるかなと思って執筆を初めていなかった原稿、やっぱり書かなければならないはめに。むーん。日曜は忙しいぞ。あ、もう今日か。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jun1tate.blog25.fc2.com/tb.php/101-1ba82ad3

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん