ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

リリー・レントリーについて 2012年03月14日

リリーレントリー1

リリーレントリー2


「こんな言ひ方はご存知でせうか」は続きがあるんですが、ちよつと脱線。
丸谷才一氏言ふところの「リリー・レントリー」は、さう綴つただけでは検索にひつかかりません。通常「リリー・ラングトリー」とされてゐます。それで検索すると多数ひつかかるでせう。
綴りは

Lilie(Lily) Langtry

日本人はこれを綴りどおり読まふとするので「ラングトリー」になるのですね。
この g は「〜ing」と同じ発音ですから、g音ではないんですね。グという音は聞こえない。けれどさう綴つてあるので発音しちやうのが日本人の悲しい性(さが)。丸谷氏の書くとおり、レントリーと発音するし聞こえるのです。

本名はエミリー・シャーロット・ル・ブレトン。彼女はジャージー島の生まれだつたので、「ジャージーのユリ」と呼ばれ、それでリリーの愛称がつきました。

アメリカ版の Wikipedia が非常に詳しいので、興味があるかたはそちらをどうぞ。
皇太子の愛人、「ミストレス・オブ・プリンス・オブ・ウエールズ」として過ごしたあと、彼女はどうなつたか。貴人の愛人を得ながら、舞台女優に転進して、成功しちやうんですね。
イギリス国民からおおいに愛されたようです。
その後アメリカに移住し、市民権もとります。
今度はアメリカ人が熱狂してしまつた。
シャーロック・ホームズの心を唯一狂わせた魔性の女「アイリーン・アドラー」のモデルは彼女だといふ説もあります。
この一代記はどこかで刊行されているのでせうか。

ちなみにロックバンド『The Who』の初期のヒット曲に『The Pictures of Lily』というのがあります。
史上初、男の子のオナニーに言及したロックということになつている。(笑)
息子が夜眠れないやうなので父親が「リリー」という女性の写真を壁に貼つてくれた。
それを見ると「いい気持ちになつてぐつすり眠れるようになつた」
リリーに恋した少年は彼女に会いたいと父親に訴えると、
「バカを言ふな。このひとは1929年に死んだのだ」と言ふ。

リリー・レントリーの没年は1929年(昭和4年)ですから、まさしく合致します。
この写真はリリー・レントリーのブロマイドだつたのですね。

イイネ!(2) 二村ヒトシ きた
スポンサーサイト

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん