ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

ぼくはなぜ船酔いしないか

「揺れ」に強い人と弱い人がいる。
以前、異常に弱い女性を知っていた。
エレベーターに乗っても気分が悪くなるというのだ。
乗り物酔いするから、長い時間の通勤ができない。飛行機もダメで、船に乗ったらたぶん死ぬのではないか、と言っていた。
三半規管が異常に弱いのだろうか。

ぼくは肉体に関してなんの自慢する部分もないが、一つだけ優れているのは「絶対に船酔いしない」という、異常に強靱な三半規管を持っていることだ。まあ鈍感ということなのかもしれないが。

ある時、高知から足摺岬へ向かうフェリーに乗った時、台風が通過した後だったので、沖に出るとすごい揺れに襲われた。客室はたちまち阿鼻叫喚というか、うえげええおえーという咆哮呻吟に満たされた。
ぼくだけひとり平気で甲板を歩き回っていたのだが、船は進路を変更、中村市(当時)に向かい、港内で一泊ということになった。
聞いてみたら「船長以下船員が全員ひどい船酔いで操船できない」というのだね。(*_*;)
本物の船乗りがダウンしちゃうほどの揺れのなか、ぼくひとりピンシャンしていたのだ。一行のうち、翌朝、朝食を食べられたのはぼく一人だった。
船乗りだから船酔いしないということはなく、一度陸(おか)に上がってからまた乗ると、最初は苦しむ船乗りは多い。そのうちに麻痺してきて、ラクになる。酒と同じでダメな人はどんなに乗ってもダメらしい。

面白いもので、木の葉のように翻弄される小さな漁船で全然酔わない船乗りが、一万トン級の船に乗ると酔うことがある。ゆ~ら、ゆ~ら、という周期の長い揺れに三半規管が追随できないのだ。

ぼくは家が漁師なので子供の頃から船にはよく乗ったし、今でも船に乗るのは大好きだ。陸路と海路があれば海路で行きたい。国内のフェリー航路はだいたい乗った。
親の遺伝なのかと思っていたが、「このせいかな」と思ったことがある。

ぼくの母が生きている時、親戚の赤ん坊をあやしているのを見ると、やけにブンブン振り回すのだね。
よく「高い高い」というのをやるけれど、その時、バスケットボールみたいに高だかとほうり投げるのだ。頭が逆さになるぐらいぐるぐると振り回してるのを見て親たちは青くなって「やめて~」と叫んでいる。
赤ん坊はキャッキャッと喜んでいる。
そこでピンときたのだ。
ぼくは母に聞いてみた。「ぼくも赤ん坊の頃、あんなふうにされた?」
「ああ、やったとも。おまえは高く投げるととても喜んだねえ」
つまり、赤ん坊の頃、母親にポンポンほおり投げられブンブン振り回されたことによって、ぼくの三半規管は異常に強くなったのだろう(あるいは異常に鈍磨したというか)。

船に酔う人は、たぶん、大事に優しく、しっかりと抱きしめられて育ったのだと思う。
船に酔わない人は、乱暴な母親に(愛情がないというわけじゃないよ)投げられたりふり回されたりして育ったのだ。
その差が船酔いに強い、弱いの差になるのだ――というのがぼくの仮説。

これから子供を生む予定のカップルは、ぜひ二人作ってほしい。そして一人をブンブン、ポンポン、さんざんに揺すって育てるのだ。
もう一人はなるべく揺らさないように、静かにして育てる。
成長してどちらが船酔いしない子になるか、それを実験してみてほしい。

まあ「船酔いしない子」に育てても、今の世の中、別になんのメリットもないけれどね。
スポンサーサイト

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん