ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジカメ日記:泣く男



定期の血液検査の結果、HbA1c値がワースト記録となった。凹む。
寒いのと股関節痛と原稿書きに追われて運動をおろそかにし食生活もいい加減になっていたから当然。体は正直である。
血圧はやや良くなってきたのだが、今度は血糖値が悪くなる。うまくゆかないものだ。

晴れていても風は冷たく、夕方から強風になるとともに凍るような寒さが襲ってきた。冬の最後の攻勢。
寒さにかこつけてじっとしてるとよけい体によくない。『TSUTAYA』にDVDを返しがてら買い物と用足しに。しかしすごく寒いぞ。しまったマフラーをまた取りだした。
六本木を歩いていたら頬に冷たいものがチラチラ。ま、まさか、雪じゃ……。(*_*;) いや実際、雪がちらついてもおかしくない寒さであった。

六本木交差点を芋洗坂に下りヒルズ下に出る途中、左右にギャラリーがある。今まで入ったことのない左側のギャラリーのウインドウにかかっていた写真にふと足が止まった。

赤いシャツを着た若者のポートレートだが、色合いと表情がどうも気になる。
サム・テイラー=ウッド(Sam Taylor-Wood)という写真家の個展をやっていて、題名は CRYING MEN 。つまりこの若者は泣いているのだ。
そう思って見ると、確かに頬を涙が伝い落ちている。
「へえー」と思って入ってみたら、なるほど20点ぐらいの作品全部、泣いている男たちのポートレイト。それもクロース・アップが多い。号泣というのはなくて、みんなしんみりと泣いている。

これってどういう状況で撮ったのだろうか。ふつう泣いている男を正面から撮れないよね。怒る。逃げる。避ける。
演技だったら撮影する価値はないわけだ。
それについての詳しい情報はポートフォリオを買わないと分からない。

サム・テイラー=ウッドはイギリスの女流映像作家。写真も撮るしビデオクリップのようなものも撮る。ミュージシャンのポートレイトなどが主な仕事のようだ。なかなかいい仕事をしていると思う。金を出してまでは欲しいと思わないけれど、くれるというのなら喜んでもらうし飾る。

ギャラリーでの表示は Wood だから「ウッド」でいいんだが、面白いのは検索してみると、多くは Woods なんだね。「ウッドの作品」という意味で、Wood's というのが、いつの間にか「ウッズ」で定着してしまったのかもしれない。

「男が泣く」ということについていろいろ考えたことがあるが、ここでは書かない。
ぼくは「男は泣かない」と育てられた世代だが、わりと泣くほうである。昔から戦前まで男でもよく泣いた。誰かの説によれば、「男は泣くものではない」と言われるようになったのは戦後なのだそうだ。
これはアメリカ流の「男性優位主義」が流入した結果だろうと思う。アメリカ白人が泣く男を嫌うのは、政治家が涙を見せたとたんに失脚する風潮をみれば分かる。不思議なことに戦後民主主義教育が男から涙を奪った。
ぼくもある年齢までは「泣くことは恥ずかしい」と思ってきたが、ある人の死に接したのを機に、そういう観念は捨てた。今は悲しいことがあればわあわあおいおい泣く。文句あるか。
スポンサーサイト

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。