ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ、こんなクセが……?

今朝、トイレに入っていて、出る時にふと考えた。
ぼくは妙にせっかちなクセがある。
トイレから出る前にきちんと服装を整えないのだ。
ズボンも、時にはパンツも中途半端にあげたまま出てしまう。
居間に戻ってからジッパーをあげたりベルトを締めたりする。
まあ事務所など他人のいるところではさすがにやらないが、時々、やりそうになる。
外から家に入る時もそうで、ふつうは玄関でコートも帽子も脱ぎ、コートはコート掛けに、帽子はしかるべき棚に置いて、それから家のなかに入るのがふつうだと思う。
ところがぼくはドドドドと靴を脱いだだけの格好で屋内に入ってしまう。
居間で脱いだコートをまた玄関まで戻しに行かねばならない。二度手間である。
朝起きた時もそうです、寝巻きのまま服を持って居間まで行き、そこで着替え、寝巻きを寝室へ戻す。寝室で着替えてしまえばそれでいいことで、カミサンなんかはそうしてる。
「これはどういうことなのか」と考えたら、あられさんの日記に雪景色の画像が掲げられていた。
「おお、そういうことか」
子供の時にしみついたクセなんだね。
つまりは寒さ。
ぼくの生まれ故郷は最北端の町だけど、対馬海流という暖流のおかげで、北海道のなかでは暖い。どんな寒くても零下二十度ぐらいでね、まあ零下十度ぐらいがふつう。零下三十度、四十度という内陸部、流氷が押し寄せるオホーツク沿岸に比べれば温室みたいなもんである。
とはいいながら、育った時は家の作りも耐寒仕様ではなかった。ストーブもまだ石炭だったし、アルミサッシの窓もなかった。
そういう家屋ではストーブの周りだけが暖く、それ以外はやたら寒かった。寝床に入る時、寝具が氷のように冷たくてね、猫が必須の暖房器具だった。猫を抱えこんで寝具が暖まるまでは眠るどころではなかった。
そういう環境ではトイレ(便所ですな)なんてそうそう長く居られない。尻が凍傷起こしてしまう。
だからパンツを上げるのももどかしくトイレを飛び出してストーブのところまで駆けてゆき、冷えきったお尻を温める必要があった。(笑)
トイレのなかでいちいち服を直している時間がもう耐えられないぐらいの寒さなわけ。
朝起きる時もそうで、冷えきった寝室で着替えなんか出来るものではない。服を抱えこんで居間まで走ってゆき、ストーブにあたりながら着替えをするわけだ。
外から帰ってきても、とにかく一刻も早く、あったかいストーブのところへ行きたい。防寒具のままドドドと家のなかに突入するのがふつうだ。
とにかく赤々と燃えたストーブを中心に生活があったわけ。
ぼくが今もパンツもズボンも中途半端にあげた状態でトイレを出るのも、コートを着たまま家のなかに入るのも、寝室で着替えをしないのも、すべて子供の頃の、ストーブのある居間を中心とした生活環境による習慣だったのやね。
現在のマンション暮らしでは、トイレだって寝室だって寒いわけじゃないのに、幼い頃に身に付いた習慣というのは、この年齢になっても変わらないわけだ。
――って、単にぼくがズボラなだけかもしれんけど。(^_^;)
スポンサーサイト

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。