ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

夏の終りのマルガリータ



何年か前、やはりマルガリータに凝ったのだろうね、戸棚の奥からテキーラが出てきた。
ケイさんのおすすめは氷をシャーベットスタイルにしたマルガリータだけど、これはやはりプロ用の電動ブレンダーがないとね。
一度、LAに行った時、ナイトクラブのようなところで呑んだシャーベットスタイルのマルガリータが絶品だったけれど、あれに匹敵するようなマルガリータは日本では一度もお目にかかったことがない。

というわけで、今年も我が家ではシェークしたクラシックスタイル。
これはこれでまたいいもんですよ。
テキーラ、ホワイトキュラソー、ライムジュースをシェークするマルガリータは多分、誰がやってもおいしく出来ると思う。
問題はライムジュースで、サントリーが出しているような人工香料を用いたカクテル用のジュースではなく、生のライムジュースを使うべき。

さて今晩も、夕食前にマルガリータを一杯。きりりと冷えてほのかに甘くほのかに酸っぱい液体が食道を滴り落ちて、臍のところが内側からジワンと熱くなる。
ん、まいうー~。天国極楽。(笑)

マルガリータはスノースタイルにしたカクテルグラスに注ぐ。
「スノースタイル」とは和製英語で、英語ではなんというのか。要するにグラスの縁をレモンやライムの切り口でこすり、濡らしておいてから逆さにして、塩を載せた皿の上でぐるりと回す。グラスの縁に塩がまんべんなくまぶされる。

テキーラ、ジンなどはほんの僅かの塩味がいい風味を出す。本格的なテキーラはレモンの果汁を啜りながら塩を舐めて呑む。スノースタイルにしないと、マルガリータもなんか気が抜けてしまうのは不思議だ。
日本酒でも升酒などちょっぴり升の縁に塩をのせるけどね、あれと同じことか。

さて、その塩だけれど、何も考えずに料理用の岩塩を使っていたら、カミサンが「マルガリータ用の塩があるよ」と言う。

「マ、マ、マルガリータ用の塩ぉぉ?(*_*;) なんじゃそれ?」
「なんだか知らないけど、前にお店で見かけて買っておいた」

カミサンはカクテルなど作らないし呑まない人なのに、なんでマルガリータ用の塩なぞ買ったのか不明だが、また棚の奥をガサゴソやってたら出てきた。むむ、確かにマルガリータと書いてあるわな。

白いのとキャラメル色したのがあって、白はほとんど食塩に近い。キャラメル色したのは三温糖みたいのに微粉末の唐辛子が加えてあるらしい。

成分が書いてないので白い塩の正体は分からないが、まあマルガリータ用なんだろうと、今年はこの塩をずっと使っていた。気分の問題ですな。

ひと夏のマルガリータも8月でおしまいにしよう。甘いリキュールが入るのは血糖値をあげる要素なのだ。糖尿病になると実に多くの快楽を捨てなければならない。諸氏も行く末のことを考えられてご節制のほどを。
スポンサーサイト

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん